田中美南【背番号11】の学歴や経歴を紹介!出身高校や大学情報(東京五輪サッカー(女子)FW )

東京五輪サッカー(女子)FW代表の田中美南さんはINAC神戸レオネッサに所属し、真正面からゴールを狙うパワフルなプレーが魅力の選手です。

そんな田中美南さんの経歴、家族、幼少期について調べてみました。


スポンサードリンク

田中美南さんの学歴・出身校

田中美南さんはどのような学歴の持ち主なのか、プロフィールから出身校、家族構成、子供の頃のエピソードについて見ていきましょう。

田中美南さんのプロフィール

氏名  田中 美南(たなか みな)
生年月日  1994年4月28日
出身地  タイ
身長  164cm
体重  56kg
血液型  AB型

田中美南さんの学歴・出身校

 

この投稿をInstagramで見る

 

INAC KOBE official(@inac_kobe_official)がシェアした投稿


田中美南さんは、駒沢女子大学人文学部国際文化学科を卒業しました。

高校生の時から女子サッカーリーグの日テレ・ベレーザに所属して活躍中でしたが、学問とサッカーを両立させ、2017年に無事卒業しています。

同じくサッカー選手の木下栞さん、タレントの森咲樹さんもこの大学の卒業生です。

日テレ・ベレーザやメニーナには同じサッカー選手の長谷川唯さん・山下杏也加さん・籾木結花さんがいます。

長谷川唯さんの学歴や経歴はこちら

山下杏也加さんの学歴や経歴はこちら

籾木結花さんの学歴や経歴はこちら

 

出身高校は、神奈川県川崎市にある県立百合丘高等学校です。

国内では珍しく2学期制を採用している学校で、ダンス部は全国大会の常連校です。

女優の山咲千里さんもこの学校の卒業生です。

出身中学校は同じく川崎市にある、市立宮前平中学校です。

川崎市中心部の西寄りに位置し、いじめ防止活動に力を注いでいます。

学校北側には野球場や大きな公園があります。

俳優としても活躍中の、EXILEMAKIDAIさんもこの中学校の卒業生です。

出身小学校も川崎市にある、市立宮崎台小学校です。

地元では教育熱心な先生が多いと評判で、学級崩壊が少ない学校としても知られています。

先生を慕って学校を訪問する卒業生も多く、豊かな人間関係を築くことができる学校です。

田中美南さんの明るく親しみやすいキャラクターは、この頃に形成されたのかしれませんね。

田中美南さんの子供時代とご家族情報

田中美南さんは、どのような子供時代を過ごしたのかを見ていきましょう。

またご家族の情報についても調べてみました。

田中美南さんは両親と兄の4人家族です。

日本人の父親と、タイ人の母親の間に生まれました。

身重の母親がタイに里帰りした際に誕生したので、生誕地はタイとなっています。

しかし、すぐに日本に戻ってきて育っているので、国籍は日本です。

家族の情報はあまり多くありませんが、家族関係はとても良好で、田中美南さんのSNSには母や兄と一緒の写真が投稿されています。

また「母の誕生日にはケーキとタイへの航空券をプレゼントする」とのコメントもあり、とても母親思いの娘であることがうかがえます。


スポンサードリンク

田中美南さんの経歴

小学生の頃からサッカーチームに所属し、ゴール前に突き進む正確なドリブルや、ボールを反転させての強烈なシュートが持ち味の田中美南さん。

そんな田中美南さんですが、どのような経緯でサッカーと出会い、どのような実績があるのかを見ていきましょう。

サッカーとの出会い

田中美南さんは3歳上の兄について行く形で、5歳の時にサッカーを始めました。

兄は地元のサッカークラブ「川崎ウィングスFC」に所属しており、兄の練習について行くうちにいつの間にかメンバー入りしていました。

たまたま蹴ったボールがゴールに入り、それを褒められたことがうれしくてサッカーにのめりこんでいったと田中美南さんは語っています。

その後も力をつけ、中学生の時になでしこリーグの日テレ・ベレーザの下位組織である「日テレ・メニーナ」のセレクションに合格します。

日テレ・ベレーザやメニーナには同じサッカー選手の遠藤 純さん・清水梨紗さん・宮川麻都さん・北村菜々美さんがいます。

遠藤 純さんの学歴や経歴はこちら

清水梨紗さんの学歴や経歴はこちら

宮川麻都さんの学歴や経歴はこちら

北村菜々美さんの学歴や経歴はこちら

 

そこでFWとしての適性を見出され、ボランチからFWに抜擢されました。

初めのうちはゴールを狙う難しさに苦労しましたが、仲間とともにプレーして勝利した時の喜びは何物にも代えがたいと知り、ますますサッカーに夢中になりました。

この思いは幼少期の川崎ウィングスFCで培われたもので、その思いを伝えるために現在も女子新人歓迎会には顔を出し、後輩の激励をしています。

経歴・エピソード

田中美南さんは中学、高校に通いながら日テレ・メニーナで毎日練習を続けました。

そこには「上位の日テレ・ベレーザに入る」という明確な目標があったからです。

憧れのなでしこジャパンの選手たちが所属しているチームで、自分も上を目指したいという一心で練習し、高校1年生の時に見事日テレ・ベレーザ入りを果たします。

今までとは違う厳しさも経験し、くじけそうになった時期もありましたが、持ち前の明るさとポジティブさで2016年からは4年連続の得点王にも輝きました。

大学卒業後はスポーツクラブに就職し、インストラクターをしながら海外遠征もこなしていました。

スポーツクラブでは人なつっこい性格から人気者で、「美南ちゃんに会うために通っている」という生徒も大勢います。

地元愛が強く後輩思いの田中美南さんだからこそ、優しくて頼りになるインストラクターとして慕われているのでしょう。

主な戦績

田中美南さんは現在INAC神戸レオネッサに所属し、海外チームの経験もあるFWとして東京オリンピックでの活躍を期待されています。

主な戦績は以下の通りです。

【個人成績】

  • 2018-2019:なでしこリーグカップ MVP
  • 2016-2019:なでしこリーグ 得点王
  • 2015-2020:なでしこリーグ ベストイレブン

【代表選出歴など】

  • 2013,2017:アルガルヴェ・カップ
  • 2018:2018 AFC女子アジアカップ
  • 2018:アジア競技大会
  • 2019: EAFF E-1サッカー選手権

巧みなドリブルで相手をかわしてまっすぐゴールへ向かうプレーは、ゴールの醍醐味を味わえると多くのサッカーファンを喜ばせています。

東京オリンピックでもその爽快なプレーで、観客を夢中にさせることでしょう。


スポンサードリンク

まとめ:田中美南の学歴・出身校と経歴

今回は、田中美南さんの学歴や経歴、家族についてご紹介しました。

兄について行ったサッカーの練習で偶然ボールがゴールに入り、それを褒められた喜びからサッカーの魅力を知った田中美南さん。

「辞めずに続けてきたからこそ今の私がある」と語り、ドイツのブンデスリーガへのレンタル移籍も経験して、世界のサッカーを知る選手の一人となりました。

常に前を向いてゴールを狙い続ける田中美南さんの、これからの活躍に期待しましょう。


スポンサードリンク