山下杏也加【背番号18】の学歴や経歴を紹介!出身高校や大学情報(東京五輪サッカー(女子)GK )

東京五サッカー(女子)GKの山下杏也加さんは、優れた身体能力とキックセンスで“なでしこジャパン”の守護神となった選手です。

そんな山下杏也加さんは、どんな経歴でどこの出身なんでしょうか。

そこで山下杏也加さんの学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五サッカー(女子)GK)をご紹介します。


スポンサードリンク

山下杏也加さんの学歴・出身校

山下杏也加さんはどのような学歴の持ち主なのか、プロフィールから出身校、家族構成、子供の頃のエピソードについて見ていきましょう。

山下杏也加さんのプロフィール

  • 氏名:山下杏也加 (やましたあやか)
  • 生年月日:1995929
  • 出身地:東京都足立区
  • 身長:170
  • 体重:67
  • 血液型:B

山下杏也加さんの学歴・出身校


山下杏也加さんの最終学歴は、村田女子高等学校です。

村田女子高等学校は東京都文京区にある私立の女子高です。

現在は広尾学園小石川高等学校と改称し、男女共学になっています。

同校は女子サッカーの強豪校で、OGには元女子サッカー選手の丸山桂里奈さんもいます。

山下杏也加さんは、高校時代に日本代表となり、日テレ・ベレーサに特別指定選手として登録されたことから、大学には進学せずサッカーに専念する道を選びました。

日テレ・ベレーザやメニーナには同じサッカー選手の田中美南さん・岩渕真奈さん・三浦成美さんがいます。

田中美南さんの学歴や経歴はこちら

岩渕真奈さんの学歴や経歴はこちら

三浦成美さんの学歴や経歴はこちら

 

中学は地元の公立校である、足立区立青井中学校、小学校は青井小学校を卒業しました。

山下杏也加さんの子供時代とご家族情報

子供の頃の山下杏也加さんは、お祭り好きな少女で、縁日にも良く行っていました。

特に金魚すくいが得意で、持ち前の反射神経の良さからたくさん取っては、露天商のおじさんを困らせていたといいます。

そんな山下杏也加さんの家族構成は、両親、兄、双子の妹の5人です。

家族の名前や職業は公開されていませんが、母親はバスケットボールの経験者、兄は2歳上であるということは分かっています。

またTwitterには家族五人の写真を投稿しています。

妹は双子ということですが、見た目や身長などあまり似ておらず、二卵性双生児ではないかと思われます。


スポンサードリンク

山下杏也加さんの経歴

山下杏也加さんは、持ち前の反射神経とずば抜けた筋力を武器に、なでしこジャパンのGKとして活躍しています。

そんな山下杏也加さんは、どのような経緯でサッカーと出会い、どのような実績があるのでしょうか。  

サッカーとの出会い

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京ヴェルディ(@tokyo_verdy)がシェアした投稿

山下杏也加さんがサッカーを始めたのは小学校2年生の時のことです。

大好きな2歳上の兄が、地元のKSC加平サッカースポーツ少年団に入団する際、一緒に入団させてもらったことがきっかけです。

経歴・エピソード

サッカーを始めた当時のポジションはFWでした。

とにかく練習が楽しく、点を取ることばかり考えていたといいます。

KSC加平サッカースポーツ少年団の後は、女子サッカーチームの東加平キッカーズに移り、中学時代は足立レディースフットボールクラブ(LFC)で活躍します。

LFCでは、リーグ3部で優勝し、チームの2部昇格に貢献しました。

中学卒業後は女子サッカーの名門で、憧れの丸山桂里奈さんの母校、村田女子高等学校に進学します。

高校1年の時に、その長身とずば抜けた筋力を買われ、GKに転向します。

元々はフィールドプレーヤー希望だったため一度は断りますが、コーチから「代表にしてやる」と言われて信じることにしたのだといいます。

そんな山下杏也加さんも、実は中学を卒業したらサッカーは辞めようと思っていた時期がありました。

しかし、「自分からサッカーを引いたら何も残らない」という思いから続ける決意をします。

意を決して進んだ高校では、勉強との両立が難しく、投げ出しそうになったこともありました。

しかし、周りの励ましと期待に支えられ続けることができました。

高校に入りGKに転向した後、2年の時にはスーパー少女プロジェクトという、なでしこジャパンのGK候補を育成するプロジェクトのトレーニングキャンプに参加します。

そして3年の時に、U19日本代表に選ばれ、アメリカや中国に遠征するという経験をします。

実は山下杏也加さんは当初、卒業したらサッカーはやめて一般企業に就職する予定だったのですが、この頃からプロの道へ進むことも考えるようになったといいます。

その後、日テレ・ベレーザの特別指定選手として登録され、高校を卒業すると同時に正式加入、同年、なでしこリーグ開幕戦でリーグ初出場を果たします。

日テレ・ベレーザやメニーナには同じサッカー選手の遠藤 純さん・清水梨紗さん・宮川麻都さん・北村菜々美さんがいます。

遠藤 純さんの学歴や経歴はこちら

清水梨紗さんの学歴や経歴はこちら

宮川麻都さんの学歴や経歴はこちら

北村菜々美さんの学歴や経歴はこちら

 

2015年にはなでしこジャパンのメンバーに初選出され、翌年のリオ五輪アジア最終予選の日本代表メンバーにも選出されます。

そんな山下杏也加さんですが、サッカー選手として活動するかたわら、20144月から20193月までは、日本体育施設()で事務職もこなしていました。

そして20194月からはプロとなり、サッカーに集中、20211月にはINAC神戸レオネッサへ移籍しています。

主な戦績

山下杏也加さんは、そのたぐいまれな身体能力を武器に、なでしこジャパンの守護神と呼ばれています。

そんな山下杏也加さんは、2013年に初めて日本代表としてAFC U19女子選手権に出場しました。

その後、なでしこジャパンのメンバーとなり、2018年のアジア競技大会、2019年のFIFA女子ワールドカップ、EAFF E-1サッカー選手権2019などに出場し活躍してきました。

そして2021年、東京五輪日本代表メンバーに選出され初の五輪出場が内定しました。


スポンサードリンク

まとめ:山下杏也加の学歴・出身校と経歴

今回は、山下杏也加の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五サッカー(女子)GK)についてご紹介しました。

兄を追いかけてサッカーを始めた少女は、今や日本代表チームの要であるGKにまで成長しました。

GKは試合においては「最後の砦」です。

山下杏也加さんは、その長身と男性顔負けの筋力を武器に日本のゴールを守っています。

2019年からはプロとしてサッカーに集中するようになり、ますます活躍されていくことが期待されます。

その類まれな身体能力で、これからも“なでしこジャパンの守護神”として日本を勝利に導いていくことでしょう。

これからも、山下杏也加の活躍を応援していきたいと思います。


スポンサードリンク