佐藤彩乃の学歴や経歴を紹介!出身高校や大学情報(東京五輪カヌーカナディアン(女子))

東京五輪カヌーカナディアン(女子)の佐藤彩乃さんは、中学生から競技を始めて高校卒業後、スロベニアで単身修行したことで著しく成長した選手です。

そんな佐藤彩乃さんは、どんな経歴でどこの出身なんでしょうか。


スポンサードリンク

佐藤彩乃さんの学歴・出身校

佐藤彩乃さんはどのような学歴の持ち主なのか、プロフィールから出身校、家族構成、子供の頃のエピソードについて見ていきましょう。

佐藤彩乃さんのプロフィール

氏名  佐藤彩乃
生年月日  1996年12月29日
出身地  秋田県
身長  160cm
体重  52kg

佐藤彩乃さんの学歴・出身校


佐藤彩乃さんの出身高校は、秋田県立角館高校です。

角館高校は秋田県仙北市にある県立高校で創立から90年以上の歴史を持ち、2014年に角館南高校と統合し、新たな歴史を歩む学校です。

部活動は県内上位の実力ある部が多く、野球部は2014年の夏の甲子園にも出場しています。

カヌー部はなかったので、佐藤彩乃さんは地元のカヌークラブで活動していました。

中学は仙北市立神代中学校を卒業しました。

仙北市立神代中学校は秋田県仙北市にある公立中学です。

高校と同じくカヌー部はなく、中学1年生から地元のカヌークラブで活動を開始しています。

実は始めてからすぐ家族に「五輪に出る」と宣言していたそうで、それが実現しているので只者じゃないですね。

小学校は、色々調べましたが情報は公開されていませんでした。

仙北市立神代中学校周辺には仙北市立神代小学校しかありませんでしたので、おそらくここじゃないかと推測します。

秋田県仙北市に所在しており、仙北市立神代中学校の隣にあります。

佐藤彩乃さんの子供時代とご家族情報

佐藤彩乃さんは秋田県で生まれ、19歳まで地元で過ごしていました。

家族についての情報は、ほとんど公開されていません。

唯一、父親の名前が「佐藤保(たもつ)」さんという情報だけありました。

佐藤彩乃さんの子供時代は、地元が雪国なのでよく外で雪遊びをして楽しんでいました。

その他の情報は公開されておらず、それだけカヌー一筋で育ってきたということでしょう。


スポンサードリンク

佐藤彩乃さんの経歴

佐藤彩乃さんは、高校を卒業してから一気に成績を上げてきた選手です。

そんな佐藤彩乃さんですが、どのような経緯でカヌーカナディアンと出会い、どのような実績があるのでしょうか。

カヌーカナディアンとの出会い

小学校の時に地元の仙北市にある田沢湖で行われていたイベントで、カヌーを体験したことが出会いになります。

水上から見える美しい景色に感動し、魅了されました。

ただ、湖だと水の流れが緩やかで刺激が足りないと感じ、もっとアクティブな要素を求めてスラロームに興味を持ったことで競技を本格的に始めます。

経歴・エピソード

本格的に競技を始めたのは中学1年生で、恩師であり秋田県カヌー協会理事で五輪カヌー代表のコーチも務める馬場昭江さんに誘われて、カヌークラブに入りました。

スラロームは激しい流れの中をスピーディーに下り、決められたゲートを通過しながらタイムを競うもので、危険と隣り合わせな競技です。

そんな中、佐藤彩乃さんは物怖じせず激流に向かって入っていく度胸があり、これを見て馬場昭江さんは才能を感じ、本気で指導することにしました。

雪の多い地域ではあるが、練習場所の玉川は上流にあるダムの放水で1年中大量の水が流れていたのもあり、練習環境は申し分なく、ほとんどの日を練習に費やしていました。

子供時代に雪が積もるなか、外遊びをしていたことで自然とバランス感覚が身についてたこともあり、着々と上達していきます。

そして高校生となった時に、秋田県カヌー協会が招いたオーストリア人のコーチが佐藤彩乃さんの才能をより開花させるきっかけになります。

オーストリアと言えばカヌー本場の強豪国で、そんな国のコーチの目に佐藤彩乃さんが留まり、本場で修行しないかと誘われ、反射的に行きたいと即答しました。

しかし、当時はまだ高校生で、親に心配をかけてしまうと断念します。

ただ、海外で修行することを諦めたわけではなく、高校を卒業して親を説得してオーストリアではないが、同じく強豪国のスロベニアに1年後単身で修行することにします。

それまでの間に現地のコーチとやりとりをしながら語学習得してしまうほどの集中力はさすがですね。

スロベニアに渡り修行を重ねますが、本場のレベルの高さに圧倒され、初めての挫折を味わいます。

この時の精神状態は最悪でしたが、一度カヌーを離れハマっていたローラースケートでリフレッシュしたことで、少しずつ気持ちが回復していきました。

カヌーを再開してからの成長は著しく、2017年の国民体育大会でスラローム・カナディアンシングルを制します。

翌年のジャパンカップも勢いのままに優勝し、一気に日本トップ選手へ駆け上がります。

2019年には世界選手権に出場し、日本人トップ17位となり、世界でも戦えることを証明します。

そしてこれまでの戦績を評価され、東京五輪代表に選出されました。

主な戦績


佐藤彩乃さんは高校卒業後、スロベニアに渡って修行してから一気にトップ選手の仲間入りを果たしました。

その主な戦績は以下の通りです。

  • 2016年 アジアカヌースラローム選手権大会 2位
  • 2017年 国民体育大会 成年女子スラローム・カナディアンシングル 優勝
  • 2018年 スラローム・ジャパンカップ カナディアンシングル女子 優勝
  • 2019年 世界選手権大会 17位
  • 2020年 オーストラリア・オープン 準決勝進出

やはりスロベニア修行へ行ってからの戦績は目を引くものがありますね。

負けず嫌いで激流にも物怖じしない性格だったからこその快進撃でしょう。


スポンサードリンク

まとめ:佐藤彩乃の学歴・出身校と経歴

今回は東京五輪カヌーカナディアン(女子)の佐藤彩乃さんについてご紹介しました。

高校までは馬場昭江さんの元で指導を受け、スロベニアへ単身武者修行してからここまで急激に成長した選手はなかなかいないでしょう。

まだ24歳なので、これからのカヌー界を引っ張っていく選手に違いありません。

今後の活躍に注目し、ぜひ応援してあげましょう。


スポンサードリンク