五十嵐千尋の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪競泳自由形(女子))

東京五輪での競泳400m・800mメドレーリレー日本代表選手の五十嵐千尋さん。

200m自由形での日本記録を樹立している五十嵐千尋さんは、どのような学歴や経歴を持ち、どのような活躍をしてきたのでしょうか。

今回は、東京五輪競泳400m・800mメドレーリレー日本代表選手の五十嵐千尋さんの学歴や出身校、経歴や戦績についてご紹介します。


スポンサードリンク

五十嵐千尋さんの学歴・出身校

まずは五十嵐千尋さんの学歴や出身校についてご紹介します。

子供時代や家族関係についても合わせて解説していきます。

五十嵐千尋さんのプロフィール

氏名  五十嵐千尋(いがらし ちひろ)
生年月日  1995年5月24日
出身地  神奈川県横浜市
身長  171cm
体重  63kg
血液型  AB型

五十嵐千尋さんの学歴・出身校


五十嵐千尋さんの最終学歴は、日本体育大学卒業です。

大学では女子競泳部に所属し、チームメイトに囲まれながらの練習の日々を過ごしていました。

また、大学には実家から通っていましたが、実家から通うことがきっかけとなり、親のありがたみをしっかり感じ取るようになりました。

高校は日本大学藤沢高等学校を卒業しています。

高校生活では、普段は普通の高校生で、よく原宿へ遊びに行くこともありましたが、授業となるとしっかりと気持ちを切り替えて集中できる人だという担任からのエピソードが残っています。

中学校は横浜市立すすき野中学校を卒業しています。

この頃、既にアジアのエイジグループ選手権大会に日本代表として出場しており、既に競泳において素晴らしい成績を出していました。

この頃からの実績が、結果として名門である日本大学藤沢高等学校への進学につながっています。

小学校は横浜市立嶮山小学校を卒業しました。

小学3年生の時に水泳の全国大会へ出場していますが、その時から、大会の結果ではなく、その時々で、自分が達成することのできる自分で目標を作り、その達成に取り組んできました。

五十嵐千尋さんの子供時代とご家族情報


五十嵐千尋さんはご兄弟などはおらず一人っ子で、小さい頃から水泳の練習に明け暮れていた元気な女の子でした。

また、現在はご家族からのサポートだけでなく、社員として所属している株式会社テイクアンドギヴ・ニーズの同期入社の仲間たちからも応援されています。

2018年の日本選手権のときには、同期入社の社員からサプライズで応援メッセージをもらい、思わず涙を流してしまうこともありました。


スポンサードリンク

五十嵐千尋さんの経歴

次に、五十嵐千尋さんの主な経歴や戦績についてご紹介します。

競泳を始めたきっかけについても合わせて解説していきます。

競泳との出会い


五十嵐千尋さんが水泳に触れたきっかけは、両親がスイミングスクールに通わせてくれたことです。

自宅の目の前にスイミングスクールがあったため、3歳の頃からスイミングスクールに通い始め、小学生の時には週に10回、1回の練習で約9km分泳ぐというハマりっぷりでした。

経歴・エピソード

中学2年生の時のアジアエージグループ選手権への出場と、その時に200m・400m個人メドレーで優勝して以来、毎年ジュニアでの国際大会に参加するようになりました。

2012年の日本選手権では200m自由形に出場。

この時、0.27秒差で惜しくもロンドン五輪への切符を逃してしまいましたが、この時の悔しさをバネにして、翌年の2013年には、短水路における400m自由形の高校生新記録を叩き出しました。

続く日本選手権では、200m・400m自由形でともに優勝し、更に世界選手権で4×200mリレーでは第一泳者として出場し、ここでも高校生新記録を記録しています。

そして2016年にはついにリオ五輪に日本代表として出場、800mリレーで8位となり、なんとこの時に200m自由形の日本新記録も出しています。

その後海外大会で数多くの活躍をし、2019年の世界選手権では調子を崩してしまったものの、自己ベストは更新し続けてきました。

2021年の日本選手権では、今回こそ個人種目での出場を目指し、200m自由形・100m自由形に出場し、200m自由形では優勝も果たしました。

残念ながら個人種目の派遣標準記録にはわずかに0秒64届かなかったのですが、無事に800m・400mリレーの選手として内定を勝ち取りました。

主な戦績


五十嵐千尋さんの主な戦績は以下のものです。

  • 2015年:世界選手権800mフリーリレー7位
  • 2016年:世界短水路選手権400m自由形3位
  • 2017年:ユニバーシアード400mメドレーリレー優勝、800mフリーリレー3位
  • 2021年:日本選手権200m自由形優勝、100m自由形3位

フリーリレーやメドレーリレー、また400m自由形など、得意の200m自由形にとどまらず幅広い種目に出場しています。

東京五輪では200mおよび100m自由形の出場ですが、特に200m自由形での活躍に期待です。


スポンサードリンク

まとめ:五十嵐千尋の学歴・出身校と経歴

今回は、五十嵐千尋さんの学歴や出身校、経歴や戦歴を見ていきました。

現在26歳となり、東京五輪に出場する女子競泳選手の中では最年長となります。

今回が恐らく最後のオリンピックだろうと語っていた五十嵐千尋さん。

彼女が東京五輪の舞台で有終の美を飾れるのか、非常に注目です。


スポンサードリンク