新城幸也の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪自転車競技ロードレース(男子))

自転車ロードレースのトップカテゴリーであるワールドチームに所属し、メジャーレースで活躍中の新城幸也選手。

そんな新城幸也さんは、どんな経歴でどこの出身なんでしょうか。

そこで新城幸也の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪自転車ロードレース(男子))をご紹介します。


スポンサードリンク

新城幸也さんの学歴・出身校

父親の知人のロードレース選手に才能を見込まれ、ロードレースを始めた新城幸也さん。

そんな新城幸也さんはどのような学歴の持ち主なのか、プロフィールから出身校、子供の頃のエピソードや家族構成について見ていきましょう。

新城幸也さんのプロフィール

氏名  新城幸也(あらしろ ゆきや)
生年月日  1984年9月22日
出身地  沖縄県石垣市登野城
身長  170cm
体重  64kg(67kg説もあり)
血液型  O型

新城幸也さんの学歴・出身校

この投稿をInstagramで見る

 

Yukihiro Doi(@yukihirodoi.pic)がシェアした投稿

新城幸也選手は地元の県立八重山高等学校を卒業後、父の知人の影響でフランスに自転車留学をし、選手としての第一歩を踏み出しました。

帰国後は アンカーエスポワールに所属し、その後何度かの移籍を経て、現在はバーレーン国籍のワールドチーム「バーレーン ヴィクトリアス」で活躍中です。

実は、新城選手は中学時代から高校卒業までハンドボールの選手でした。

ずいぶんと打ち込んでいたようで、高校卒業後は日体大に進学しハンドボールを指導する夢があったのですが、残念ながら受験に失敗しフランスへ自転車留学をしたのです。

それが今や世界トップカテゴリーで活躍する選手なのですから、素晴らしい運動能力を持っているということなのでしょうね。

新城選手は高校卒業までずっと石垣島で過ごしてきました。

県立八重山高等学校は、石垣島の最南部に位置し、特に郷土芸能が有名で、全国高等学校文化祭では何度も最優秀賞を受賞しています。

中学校は石垣市立第二中学校です。

同じく石垣島の南部に位置し、島出身のバンド「BEGIN」の出身校でもあります。

小学校は石垣市立豊野城小学校です。

八重山高等学校のすぐ近くに位置しており、ホームページを見ると学校行事のことなど様々な発信がされており、温かい校風であることがわかります。

石垣島で学生時代を過ごした新城選手。

現在のアグレッシブな、それでいてのびのびした走りは子供時代に培われたものかもしれませんね。

新城幸也さんの子供時代

石垣島で少年時代を過ごした新城幸也選手。

幼少期は自然に囲まれた環境で、のびのびと過ごしていたのではないでしょうか。

小学5年生の時にロードバイクに初めて乗り、時々はトライアスロンにも参加するなどアクティブな少年でした。

中学生になってからはハンドボール部に所属し、高校卒業までハンドボールに打ち込む生活でした。

高校卒業後は大学に進み、ハンドボールの指導者を目指していましたので、その腕前もかなりのものではないかと思います。

新城幸也の家族情報

この投稿をInstagramで見る

 

団長安田(@dancyoyasuda)がシェアした投稿

長年、ロードレース界の海外トップチームに所属し、ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアなどのメジャーレースで活躍中の新城幸也選手。

そんな新城幸也選手の家族構成について調べてみました。

新城選手は現在フランスに奥様と愛犬と住んでいます。

奥様はサイクルフォトグラファーの新城美和さんです。

ヨーロッパをはじめ、サイクルロードレース界では有名な方で、過去にはオランダのメディアが選ぶ「Bestworking Woman of Tour de France」も受賞したことがある実力派のフォトグラファーです。

昨年までは旧名の飯島美和(イイミワ)さんを名乗っておられたので、こちらの名前で親しみがある方も多いかもしれませんね。

また、現在はJSportsチャンネルでロードレースの解説もされています。

優しい口調と、少し照れながらご主人の新城選手のことをお話しされていて、長年のパートナーであるにも関わらずとても初々しく、仲良し夫婦であることがうかがえます。

同じサイクルロードレース界に身を置くお二人ですが、多忙なレーススケジュールにより、シーズン中は一緒に過ごせる時間がほとんどないそうですよ。

また、愛犬はミニチュアピンシャーの「コリン」です。

漢字は「小輪」だそうです。

とてもかわいがっており、時々レース後のテレビ画面にも登場します。

子供のいないお二人にとって、コリンちゃんは子供のような存在なのかもしれません。


スポンサードリンク

新城幸也さんの経歴

世界で戦える数少ない日本人ロードレース選手の第一人者として、長年海外トップチームに所属し、現在も活躍中の新城幸也選手。

そんな新城選手の経歴について調べてみました。

自転車競技との出会い

この投稿をInstagramで見る

Yukihiro Doi(@yukihirodoi.pic)がシェアした投稿

新城幸也選手がロードバイクと出会ったのは小学5年生の時でした。

その頃はハンドボール部に所属しており、自転車競技には興味がなかったようです。

しかし、高校3年生にハンドボール部を引退後、父の知人のロードレース選手であった福島晋一選手がツアーオブジャパンでステージ優勝を果たしたことをきっかけに、ロードレース選手を目指すこととなりました。

その後福島選手に才能を見いだされ、フランスへの自転車留学を果たしました。

帰国後にロードレースチームに所属し、その後は頭角をめきめきと現し、ワールドチームへの所属、そして現在の活躍に至ります。

高校の部活引退後に父の知人のプロ選手に刺激を受けその人に才能を見出されて、現在はトップクラスで活躍している新城選手は、やはりすごい才能を持ち、そのうえで大変な努力をしているのだろうなと思います。

経歴・エピソード

新城幸也選手は高校を卒業後、父の知人のロードレース選手であった福島晋一さんに才能を見込まれ、フランスに自転車留学をしました。

帰国後、チームブリヂストン・アンカーの下部チームであったアンカーエスポワールに所属し、レース活動を開始しました。

2006年はチーム・バン・サイクリングに移籍し、日本選手権のU-23部門で優勝を果たしました。

2009年のUCIプロチームへの移籍に伴い本格的に世界での活動を開始し、三大グランツールと言われるツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリアに出場、切れのある走りでチームに貢献しました。

そして2012年のツール・ド・フランス 第4ステージでは積極的な走りが認められ、日本人で歴代二人目となる敢闘賞を獲得しました。

2013年には全日本チャンピオンとなり、翌年はナショナルチャンピオンジャージでワールドレースに出場する新城選手の姿を見ることができ、喜んだ日本人のファンも多かったです。

2015年以降、ケガに泣かされることも多かった新城選手ですが、2015年のブエルタ・ア・エスパーニャで完走を果たし、日本人初となる3大グランツールを完走した選手となりました。 2021年現在はジロ・デ・イタリアに出場中で、パンチャーとしてチームを牽引しています。

主な戦績

新城選手の脚質は「パンチャー」です。

パンチャーとは、ロードレースの中で、チームのエースをアシストしたり、山岳ステージで先頭に立って全体をコントロールしたりする、司令塔のような役割を果たします。

長く第一線で活躍している新城幸也選手の主な戦績について調べてみました。

【三大ツール】

・ツール・ド・フランス

2009:完走、2010:第11ステージ6位、2012:第4ステージ敢闘賞 総合84位、

2013:総合99位、2014:総合65位、2016:第6ステージ敢闘賞

・ジロ・デ・イタリア

2010:第5ステージ3位 総合93位

2014:総合128位

・ブエルタ・デ・エスパーニャ

2015:総合65位  ※日本人初の三大グランツール完走選手となる。

【世界選手権】

2010:エリート男子ロードレース部門9位

【全日本選手権】

2006:U-23 : 優勝

2007:ロード優勝
2013:ロード優勝

【その他】

・リオデジャネイロオリンピック

2016:個人ロードレース27位

・ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

2019:優勝


スポンサードリンク

まとめ

今回は、新城幸也の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪自転車競技ロードレース(男子))についてご紹介しました。

現在フランスでサイクルフォトグラファーの奥様と愛犬と共に暮らしている新城幸也さん。

沖縄の石垣島で育ち、高校を卒業後にフランスへの自転車留学を経て、国内だけに留まらず世界とも戦えるロードレース選手となりました。

そして、これからの日本のロードレース界を牽引していく存在となっていくことは間違いないでしょう。


スポンサードリンク