森ひかるの学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪トランポリン 個人(女子))

東京五輪トランポリン(女子)出場選手の森ひかるさん。

全日本トランポリン選手権大会に出場し最年少で優勝している森ひかるさんは、どんな経歴でどこの出身なんでしょうか。

そこで森ひかるの学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪トランポリン 個人(女子))についてご紹介します。


スポンサードリンク

森ひかるさんの学歴・出身校

日本トランポリン競技の若きエースとして注目されている森ひかるさん。

ここでは森ひかるさんのプロフィールや出身校、そして子供時代や家族についてお伝えしていきます。

森ひかるさんのプロフィール

  • 氏名:森ひかる(もりひかる)
  • 生年月日:1999年7月7日
  • 出身地:東京都足立区
  • 身長:159㎝
  • 体重:51kg
  • 血液型:A型
  • 所属:金沢学院大学クラブ

    森ひかるさんの学歴・出身校

    森ひかるさんは現在、金沢学院大学に在学していて人間健康学部スポーツ健康学科を専攻しています。

    この大学は石川県金沢市に所在している私立大学で、1年生のときから希望する採用試験対策を受けられるなど就職に強い大学です。

    スポーツ面ではオリンピック出場経験のある指導者が直接指導に当たっていることもあり、国内トップレベルの運動部が多くあります。

    出身の高校は金沢学院大学附属高等学校です。

    この高校は石川県金沢市に所在している私立高校で、部活動では相撲部やトランポリン部が全国トップクラスの実力を誇っている学校です。

    この学校の卒業生には、柔道でロンドンオリンピックに出場し金メダルを獲得した松本薫さんがいます。

    森ひかるさんが地元の東京を離れ他県の高校に転校したいきさつは、経歴のところでご紹介しています。

    出身の中学校は足立区立江北中学校です。

    この中学校は東京都足立区に所在していた学校で、森ひかるさん在学時は足立区立江北中学校でしたが現在は足立区立上沼田中学校と合併し足立区立江北桜中学校となっています。

    出身の小学校は足立区立扇小学校です。

    この小学校は東京都足立区に所在している公立の小学校です。

    森ひかるさんの子供時代とご家族情報

    幼少期からトランポリンクラブに通っていた森ひかるさんは、小学3年生で出場した全日本ジュニアトランポリン競技大会の低学年の部で優勝し早くも才能を開花させ始めています。

    しかし、小学4年生のときに練習で着地に失敗し、左腕を骨折する怪我をしてしまうとトランポリンに対して恐怖心が芽生えてしまい、トランポリンで飛ぶことが怖くなってしまいます。

    恐怖心から練習ができなくなっていた森ひかるさんですが、母親の熱心な説得によって恐怖心を乗り越えて復帰し、小学6年生で世界選手権11~12歳の部で見事優勝を果たしています。

    中学校に入学すると更に実力を付け、中学2年生でシニア世代も含まれる全日本トランポリン競技選手権で史上最年少での優勝という快挙を成し遂げています。

    練習で骨折を経験してしまい、一度は恐怖心に負けてしまうもののそれを克服することのできるメンタルや全日本選手権で優勝できる身体能力はとても小中学生とは思えませんね。

    家族構成は父親、母親、2人の兄の5人家族です。

    2人の兄の晴太郎さん、輝太郎さんは双子で晴太郎さんはひかるさんと同じく幼い頃からトランポリンを習っており、強化選手に選ばれるほどの実力者です。

    幼い頃から兄と切磋琢磨しながら、技術を磨きあってきていたことが現在の活躍に繋がっているのですね。


    スポンサードリンク

    森ひかるさんの経歴

    大学生ながら多くの大会で結果を残し、日本のトランポリン界を担う存在とも言える森ひかるさん。

    そんな森ひかるさんのトランポリンを始めたきっかけや経歴、これまでの戦績を見ていきたいと思います。

    トランポリンとの出会い

    森ひかるさんがトランポリンと初めて出会ったのは4歳のときになります。

    近所の総合スーパーのイトーヨーカドーの屋上でトランポリンを体験できるコーナーがあり、そこで遊んだときに楽しさを覚えて地元のトランポリンクラブに通うようになったのがきっかけになっています。

    経歴・エピソード

    森ひかるさんは高校進学当初は、地元の東京都立足立新田高等学校に進んでいます。

    しかし、本気でオリンピックを目指すのに後悔はしたくないという強い思いから、トランポリンの強豪校として知られる金沢学院大学附属高校に転校を決意します。

    越境して転校する森ひかるさんのサポートをする為に母親は地元での仕事を辞め、父親と兄達を残して一緒に石川県に引っ越しています。

    金沢学院大学附属高校の監督はシドニーオリンピックで6位に入賞している丸山章子さんで練習は相当厳しく、覚悟はしていたのに地元に戻りたいと涙を流すこともあったと話しています。

    丸山監督のもとで練習を行い、更に成長した森ひかるさんは全国高等学校トランポリン選手権で個人と団体そしてシンクロナイズドで2年連続3冠を達成しています。

    高校卒業後は系列校である金沢学院大学に内部進学し、1年生で世界トランポリン選手権のシンクロナイズドで日本女子初の金メダルを獲得しました。

    主な戦績

    主な戦績としては2018年ジャカルタで行われたアジア大会で銅メダルを獲得しています。

    2019年には日本で開催された世界トランポリン競技選手権大会で見事優勝を果たしています。

    まだ現役の大学生と年齢の若い森ひかるさんですが、既に世界トップクラスの実力であることがわかりますね。


    スポンサードリンク

    まとめ:森ひかるの学歴・出身校と経歴

    今回は森ひかるの学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪トランポリン 個人(女子))についてご紹介しました。

    幼少期からトランポリン一筋の人生を歩み、数々の苦労を乗り越えて輝かしい成績を残し続けている森ひかるさん。

    日本では、まだまだマイナーなスポーツのトランポリンをアピールしたいという自身の目標の為にも、東京オリンピックでは是非活躍して頂きたいですね。

    まだまだ若く未来のある森ひかるさんのご活躍をこれからも応援しています。


    スポンサードリンク