與那嶺恵理の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪自転車競技ロードレース(女子))

與那嶺恵理さんは日本人女子で唯一、ロードレースのワールドツアー選手として活躍している自転車競技選手です。

また、東京五輪自転車競技ロードレース(女子)代表に内定しています。

リオデジャネイロに続き2度目のオリンピック出場を決めた與那嶺恵理さんの経歴、家族、幼少期についてお伝えします。


スポンサードリンク

與那嶺恵理さんの学歴・出身校

與那嶺恵理さんはどのような学歴の持ち主なのか、プロフィールから出身校、家族構成、子供の頃のエピソードについて見ていきましょう。

與那嶺恵理さんのプロフィール

 與那嶺恵理(よなみねえり)
生年月日  1991年4月25日
出身地  大阪府堺市
身長  160㎝
体重  51㎏
血液型  不明

與那嶺恵理さんの学歴・出身校

この投稿をInstagramで見る

Eri Yonamine(@eriyonamine)がシェアした投稿


與那嶺恵理さんは、筑波大学 体育専門学群 を卒業しています。

茨城県つくば市に本部を置く国立大学で、特に教育系の学問に力を入れています。

体育専門学群にはスポーツ学・コーチング学・健康体力学の三分野があり、「学校教育」、「公共スポーツ」、「スポーツ関係産業」、「競技スポーツ」の最先端分野で活躍できる人材を育成しています。

與那嶺恵理さんの出身高校・中学は、神戸女学院高等学校・中学校です。

「神戸」とありますが、神戸市ではなく兵庫県西宮市に本部があります。

中学校~大学まで一貫教育の私立学校で、偏差値は70を超える難関校です。

また、芦屋や神戸の富裕層に人気があり、地元では有名な「お嬢様学校」です。

與那嶺恵理さんは中学校、高校とテニス部で活躍していました。

かなり打ち込んでおり、大学に進学した理由もテニスを続けたかったからというのが理由です。

また出身の小学校は堺市立市小学校です。

政令都市である堺市の中心部に位置し、とても便利な環境です。

與那嶺恵理さんの小学生時代の活動は明らかになっていませんが、「体を動かすことが好きだった」とご本人がインタビューで語っています。

現在と変わらない元気なイメージで、幼少期を過ごしていたことがうかがえます。

與那嶺恵理さんの子供時代とご家族情報

この投稿をInstagramで見る

Eri Yonamine(@eriyonamine)がシェアした投稿


與那嶺恵理さんは、どんな子供時代を過ごしたのでしょうか。

また、家族の情報についても調べてみました。

與那嶺恵理さんは大阪府堺市で両親、兄と一緒に幼少期を過ごしました。

兄妹ともに成績優秀で、兄は兵庫の名門校である灘中学校・高等学校を経て防衛大学校に進んでいます。

また、與那嶺恵理さんも優秀な兄に刺激され、「常に兄にライバル心を燃やしていた幼少期だった」と振り返っています。

現在もボーイッシュなイメージの與那嶺恵理さんなので、小さい頃から男の子と一緒に走ったり遊んだりしていたのが想像できますね。

また中学から高校時代はテニスに打ち込む毎日でした。

母校の神戸女学院では「リベラルな考え方を学び、身につけた」と語っています。

その教えがさまざまなことに積極的にチャレンジし、世界の強豪を相手に戦う現在の與那嶺恵理さんのルーツになっているのでしょう。


スポンサードリンク

與那嶺恵理さんの経歴

與那嶺恵理さんは現在、ロードレースのワールドチームに所属している唯一の日本人女子選手です。

日本では珍しい女子ロードレーサーである與那嶺恵理さんですが、どのような経緯で自転車と出会い、現在の成績を残してきたのでしょうか。

自転車との出会い

この投稿をInstagramで見る

Eri Yonamine(@eriyonamine)がシェアした投稿

與那嶺恵理さんは、大学在学中の2011年に自転車競技を始めました。

入学当初は中学・高校と続けてきたテニス部に所属していました。

しかし自分にはセンスがない、伸び悩んでいると感じて、1年でテニスをやめてしまいます。

退部後は「普通の学生として、このまま過ごしていていいのか」と悩みました。

そんな思いを抱えて実家に帰省した際、伯父に「恵理の脚は自転車向きだと思うから、一度乗ってみたら」と言われたことが始まりでした。

伯父はロードバイクを趣味としており、與那嶺恵理さんの脚に素質を見出したのですね。

経歴・エピソード

趣味で自転車に乗り始めた與那嶺恵理さんですが、他にもその素質を見抜いた方がいました。

のちにパーソナルコーチとなる武井亨介さんです。

武井さん自身も日本代表の経験を持つ自転車競技の選手で、サイクルショップのオーナーでもありました。

そのショップのスタッフが、「一生懸命やりたいと言っている子がいる」と武井さんに與那嶺恵理さんを紹介したのが出会いでした。

武井さんはすぐに與那嶺恵理さんの頭の良さ・真面目さ・意思の強さに可能性を感じ、パーソナルコーチとして共にオランダに渡ります。

そして、二人三脚で練習を重ね、世界に通用する自転車選手となっていきました。

ロードレースだけでなく、タイムトライアル・マウンテンバイクの全日本覇者にもなり、世界でも「YONAMINE」と書かれた旗で応援するファンもいます。

本人の素質、やる気、努力ももちろん大事ですが、その力を引き出してくれる指導者に出会うことも大切なのだなと改めて感じます。

主な戦績

この投稿をInstagramで見る

Eri Yonamine(@eriyonamine)がシェアした投稿


與那嶺恵理さんは、2017年より海外ロードレースチームに所属し、現在はワールドツアーとタイムトライアルで活躍しています。

主な戦績は以下の通りです。

【全日本選手権】

2013:ロード・個人タイムトライアル・MTB 優勝

2015:個人タイムトライアル 優勝

2016:ロード・個人タイムトライアル 優勝

【世界選手権】

2014:ロード 22位 個人タイムトライアル 14

2016:リオデジャネイロオリンピック ロード 17位 個人タイムトライアル 15

2011年にキャリアをスタートした與那嶺恵理さんですが、2年後の2013年には全日本選手権で3種目制覇という偉業を成し遂げています。

日本女子自転車界のエースとして、東京オリンピックのロードレース部門代表に内定し、2度目のオリンピック切符を手にしました。

與那嶺恵理さんは特にタイムトライアルが得意です。地元開催のオリンピックで活躍してくれることと思います。


スポンサードリンク

まとめ:與那嶺恵理の学歴・出身校と経歴

今回は、與那嶺恵理さんの学歴や経歴、家族についてご紹介しました。

大学在学中にひょんなことがきっかけで自転車に出会い、持ち前の根性と努力を重ねて、世界への道を切り開いた與那嶺恵理さん。

いい指導者にもめぐり会い、着実にその実力を開花させています。

世界を知る與那嶺恵理さんだからこそ、東京オリンピックでもきっと活躍してくれることと思います。

與那嶺恵理さんのアグレッシブな走りに期待しましょう。


スポンサードリンク