文田健一郎の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪レスリンググレコローマン60kg級(男子))

東京五輪レスリング60キロ級代表の文田健一郎さんはどこの出身でどんな競技人生を歩んできたのでしょうか?

大の猫好きで、猫カフェでリフレッシュするのが趣味の、文田健一郎の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪レスリンググレコローマン60kg級(男子))を紹介します。


スポンサードリンク

文田健一郎さんの学歴・出身校

文田健一郎さんは、どこ出身でどんな学校に行っていたのでしょう。

ここでは、文田さんの学歴や出身校、家族の構成まで書きますよ。

文田健一郎さんのプロフィール

  • 氏名:文田健一郎(ふみたけんいちろう)
  • 生年月日:1995年12月18日
  • 出身地:山梨県韮崎市
  • 身長:167cm
  • 体重:60キロ

文田健一郎さんの学歴・出身校


文田さんの出身大学は、日本体育大学です。

学部は、体育学科を専攻していました。

日本体育大学は、「全国民が強健な体力を保持しなければ、国家の発展は望めない。」という精神のもと創設者の日高藤吉郎によって作られました。

日本体育大学には、「チャンスの像」があり、「ポイントゲッターよりチャンスメーカーであれ」という意味で、元々はラガーマンのための言葉です。

しかし、日本体育大学はこの言葉をラグビー以外のスポーツマンにも教育理念として「日体スピリット」として受け継がれています。

文田さんの出身高校は、山梨県立韮崎工業高校です。

山梨県立韮崎工業高校は、6学科ある大きな学校です。

工業高校ということもあり、就職に力を入れている学校です。

就職率も100%でとても高く、高校卒業して就職したい人にはうってつけの高校です。

文田さんの出身中学は、山梨県の韮崎市立韮崎西中学校です。

韮崎西中学校は、学校の近くに「釜無川」という大きな川がある自然豊かな学校です。

校訓には「ねらい」があり、自分を自分らしく高めていこうという意味があります。

文田さんの出身小学校は、山梨県の韮崎市立韮崎北西小学校です。

韮崎市立韮崎北西小学校は、周りを山々に囲まれた自然豊かな学校です。

2019年に給食室で鍋が燃える火災がありましたが、児童や教員にケガはありませんでした。

文田健一郎さんの子供時代とご家族情報

文田健一郎さんの家族構成は、父親、母親、健一郎さん、2人の妹です。

父親の名前は文田敏郎さんです。

敏郎さんは、レスリング経験者で高校時代に全国2位になった実力の持ち主です。

指導者としても活躍されていて、教え子にはロンドン五輪レスリングで金メダルを獲得した米満達弘さんがいます。

現在は健一郎さんのコーチもされており、親子で東京五輪に向けて頑張っています。

母親の情報はありませんでした。

しかし、強くなっていった健一郎さんの体を作ってきたのは母親です。

今回の東京五輪代表は、母親が1番喜んでいるでしょう。

そして、健一郎さんの下には2人の妹がいます。

敏郎さんと健一郎さんはレスリングをしていますが、妹はレスリングをやっていません。

これは、敏郎さんの教育理念が影響しており、子供に何かを強制する事をしませんでした。


スポンサードリンク

文田健一郎さんの経歴

文田健一郎さんは、これまでどんなレスリング人生を歩んできたのでしょうか。

ここでは、レスリングとの出会いや戦績も書いていきます。

レスリングとの出会い

文田健一郎さんがレスリングを始めたのは、小学5年生からです。

理由は、1つ上の女子の練習相手をするためでした。

最初は、あんまりやる気がなかったものの父親の敏郎さんに「強くなったら全国にいけるぞ」と言われたことをきっかけに本格的にレスリングを始めます。

経歴・エピソード

中学3年生の時に、全国中学生選手権47キロ級で優勝します。

高校生になり国体では1年生〜3年生で階級違いで、それぞれ優勝します。

高校3年生では、インターハイでも優勝しています。

大学生になり、2年生の時に全日本学生選手権59キロ級で優勝。

そのあとのシニア級の国際大会でも優勝します。

大学4年生の時のアジア大会で優勝し、全日本選手権では大学3年生に引き続き2連覇を達成しました。

2018年に大学を卒業し、ミキハウスに所属します。

しかし、足のケガにより世界選手権の代表には選ばれませんでした。

2018年11月の復帰戦では、決勝でフォール勝ちを奪い優勝をしました。

2019年の世界選手権では、決勝に進出し東京五輪の代表に内定しました。

主な戦績

【59kg級での戦績】

2017年 – アジア選手権 優勝

2017年 – 全日本選抜選手権 優勝

【60kg級での戦績】

2019年 – 世界選手権 優勝

2020年 – アジア選手権 優勝

レスリングは女子ばかり注目されるので、男子はそこまで強くないんじゃないのかと思っていました。

しかし、男子選手の中でも強い選手はいるんですね。

また、高校が県立工業高校からオリンピック選手が出ているのは驚きのひとことです。


スポンサードリンク

まとめ:文田健一郎さんの学歴・出身校と経歴

今回は、文田健一郎の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪レスリンググレコローマン60kg級(男子))について紹介しました。

得意技は、反り投げの文田健一郎さん。

男子選手は体が大きく、いかつい印象があるのですが文田健一郎さんはそんな雰囲気はありません。

しかし、試合ではダイナミックな動きがありどんどん点をとっていく力強さも魅力です。

男子レスリングも注目されるように、東京五輪では金メダルをとってほしいです。


スポンサードリンク