東京五輪陸上400m(男子)出場選手のウォルシュ・ジュリアンさん。

中学校ではバスケットボール部に所属していたウォルシュ・ジュリアンさんはどんな経歴でどこの出身なんでしょうか。

そこでウォルシュ・ジュリアンの学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪陸上400m(男子))をご紹介します。


スポンサードリンク

ウォルシュ・ジュリアンさんの学歴・出身校

1996年9月18日生まれでジャマイカ出身のウォルシュ・ジュリアン・ジャミイさん。

身長は175cm で体重77kg、血液型はB型です。

ウォルシュ・ジュリアンさんの最終学歴は東洋大学卒業です。

大学では専攻科目ライズデザイン学部健康スポーツ学科を卒業後に富士通に所属しました。

大学時代に、世界リレー4×400mの日本代表に選ばれ期待されえていたのですが、わずか0.01秒差で決勝進出を逃し悔しい経験をしています。

出身の高校は埼玉県にある学校法人東野高等学校を卒業しました。

どの教科も理解力を大事にしており、特にグローバル教育では校内にいる間、実践的な英語を使う校内留学があります。

さらに、充実したクラブ活動も魅力で、それぞれ明確な目標に向けて活動をしています。

高校時代のウォルシュ・ジュリアンさんは陸上部に入部したものの当初は、校庭が狭く競技履歴のある指導者もいないことから練習は休みがちだったそうです。

東野高校卒業生には、俳優の蟹江一平さんやカヌー選手の矢澤一輝さんがいます。

出身の中学校は東村山市立東村山第三中学校です。

中学生になったら、陸上部に入ろうと思っていたのに廃部になっていて悲しい気持ちになりながらも、バスケットボール部に所属しました。

小学校は東村山市立野火止小学校に通っていました。

小学生時代から走るのが好きで鬼ごっこなど、校庭を走り回る遊びをしていました。

家族関係は、3人兄弟の次男です。

父エマニュエル・ウォルシュさんは母国ジャマイカで、レゲー・ミュージシャンとして活動しています。

母こずえさんは日本で一人子育てをしていました。

「リオ五輪では、母と兄、姉そして、ジャマイカから父も応援に駆けつけてくれました。」とインタビューに答えているように兄と姉がいます。

姉ティファニー・キャデラックさんはモデルとして活躍しています。

兄に関しては情報が公開されていませんでした。

お母さんを中心にウォルシュ・ジュリアンさんが子供の頃から意思を尊重して、応援してくれる素敵な家族です。


スポンサードリンク

ウォルシュ・ジュリアンさんの経歴

ウォルシュ・ジュリアンさんといえばテキサス州にあるベイラー大学での練習がきっかけでタイムが上がっていったので有名です。

高校2年生の時、先生に進められ県西部地区国民体育大会に、気乗りしないまま出場し優勝を収めたウォルシュ・ジュリアンさん。

そのウォルシュ・ジュリアンさんの経歴を見ていきたいと思います。

この競技をやるようになったのは、小学生の頃に北京オリンピックで活躍していたウサイン・ボルト選手の世界記録の走りを見て、自分も大会に出たいと思ったのがきっかけのようです。

陸上を始めようと思った頃から、世界を見ていたウォルシュ・ジュリアンさんですが、怪我もなく成長してきた訳ではありません。

大会前日に捻挫をして痛み止めを打ちながらレースに出場したり、レース中に肉離れを起こし次の走者にバトンを渡せず途中棄権をするなど悔しい思いをした過去があります。

そんなウォルシュ・ジュリアンさんのライバルは、小池裕貴さんや安部孝駿さん、飯塚翔太さんです。

主な実績としては、2014年自己ベストを更新し続ける活躍を評価され、世界ジュニア選手権4×400mリレー日本代表に選ばれ銀メダルを獲得しています。

2015年アジア選手権4×400mリレーでは銅メダルを獲得しています。

2016年静岡国際400m(タイムレース)ではセカンドベストをマークし、初優勝をしています。

 

高校3年生の2014年から大会記録の更新や自己ベストの更新など良い成績を残しているウォルシュ・ジュリアンさんの経歴を見ると、本当に高校2年生から本格的に陸上を始めたのですかと聞きたくなります。


スポンサードリンク

ウォルシュ・ジュリアンさんのネットの反応

陸上は、動画の方が良さが伝わるのかと思っていましたが、写真でもウォルシュ・ジュリアンさんの良さが伝わってきました。

ネットにアップされている方の、ウォルシュ・ジュリアンさんやスポーツ愛を感じられて癒されました。


スポンサードリンク

まとめ:ウォルシュ・ジュリアンの学歴・出身校と経歴

今回は、ウォルシュ・ジュリアンの学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪陸上400m(男子))ついてご紹介しました。

世界ジュニア選手権が人生初めてのリレーだったウォルシュ・ジュリアンさん。

陸上を始めたのも、リレーを始めたのも他の選手より遅いはずなのに、本格的に始めてからのウォルシュ・ジュリアンさんの経歴を見ていたら、今後の活躍が楽しみになってきました。

東京五輪でも良い成績を期待しています。


スポンサードリンク