松本崇志の学歴や経歴を紹介!出身高校や大学情報(東京五輪射撃ライフル(男子))

東京五輪ライフル射撃の日本代表選手である松本崇志さん。

北京、ロンドン、リオの3回のオリンピックを逃し、4度目の挑戦となる37歳の松本崇志さんは、いったいどのような学歴、経歴をお持ちなのでしょうか。

今回は、東京五輪ライフル射撃日本代表選手である松本崇志さんの学歴や出身校、経歴や戦績についてご紹介します。


スポンサードリンク

松本崇志さんの学歴・出身校

まず、松本崇志さんの学歴や出身校についてご紹介します。

また、合わせて家族関係についても解説します。

松本崇志さんのプロフィール

氏名  松本崇志(まつもと たかゆき)
生年月日  1984年1月10日
出身地  長崎県島原市
身長  168cm
体重  65kg
血液型  非公開

松本崇志さんの学歴・出身校

松本崇志さんの最終学歴は、自衛隊幹部候補生学校卒業です。

自衛隊幹部候補生学校へは、リオ五輪への出場を逃した後、自分を鍛え直すために2016年から入学、卒業し、現在は自衛隊に所属しています。

松本崇志さんが卒業した大学は日本大学です。

大学在学中も結果を残していましたが、同時に、後の妻である古野本真希さんとも知り合うきっかけとなりました。

高校は島原工業高校を卒業しています。

島原工業高校の射撃部は、松本崇志さんが入学当時は全国大会の常連となっており、ここで射撃部に入部したことが、松本崇志さんが射撃の道へ進んだきっかけとなっています。

中学校は島原市立三会中学校を卒業しました。

小学校は不明ですが、島原市立三会中学校に通える学区を考慮すると、島原市立三会小学校ではないかと考えられます。

松本崇志さんのご家族情報


松本崇志さんは、現在妻であり同じくエアライフルの選手である古野本真希さんと、娘の唯禾(ゆの)ちゃんが居ます。

松本崇志さんは、2008年から3度オリンピックへの出場権を逃し、2021年の東京五輪出場に至るまでに精神面でもトレーニングを重ねてきましたが、その裏には妻である古野本真希さんのサポートもあったと言っています。

また、2018年の世界選手権大会・混合エアライフル競技では夫婦での出場も果たしています。


スポンサードリンク

松本崇志さんの経歴

続いて、松本崇志さんの経歴や戦績についてご紹介します。

合わせて射撃との出会いについても解説していきます。

射撃との出会い

松本崇志さんが射撃に出会ったのは、高校1年生の時でした。

松本崇志さんが入学した島原工業高校の射撃部は、当時全国大会の常連でした。

しかし、部員数が少なかったため「誰でも日本一になれます」というキャッチコピーで勧誘していました。

誰でも日本一になれるというその言葉の響きに誘われるように松本崇志さんは入部し、そこで初めて射撃に触れていきます。

経歴・エピソード

松本崇志さんは、島原工業高校に入学し、射撃に触れて1年後の富山国体でいきなり優勝します。

また、その後同様に国体では合計12回も優勝しており、その実力を見せつけていきます。

そして2008年、北京五輪への先駆会を兼ねた世界選手権へ臨みましたが、惜しくも1点足りず6位入着となり、北京五輪への切符は逃してしまいました。

2012年も結果が奮わずロンドン五輪への出場権は逃してしまい、また2015年のアジア選手権での決勝進出を逃し、リオ五輪の出場も逃してしまいます。

心機一転のために2016年4月から自衛隊幹部候補生学校へ入学し、精神面も含めトレーニングに励みました。

その結果、2018年のアジア選手権大会では銅メダル、2019年のアジア選手権男子ライフル3姿勢競技では日本人選手最高の11位を記録し、その結果ライフル3姿勢での東京五輪内定を獲得しました。

その後、東京五輪の延期により一度白紙に戻りましたが、2021年5月のライフル種目の決定戦により、エアライフルとライフル3姿勢の2種目において代表入りが確定しました。

主な戦績


松本崇志さんの主な戦績は以下のものです。

  • 2008年世界選手権:6位
  • 2018年アジア大会:銅メダル
  • 2018年全日本選手権:ライフル3姿勢・エアライフル ともに優勝
  • 2019年アジア大会:11位

2008年以降は調子を落としていましたが、自衛隊幹部候補生学校での特訓を終えた2018年以降は目覚ましい活躍を見せています。

東京五輪では、陸上自衛隊朝霞訓練場が会場となり、松本崇志さんが長く訓練してきたホームでもあります。

実際の大会での活躍が非常に注目です。


スポンサードリンク

まとめ:松本崇志の学歴・出身校と経歴

今回は、松本崇志さんの学歴や経歴、戦績についてご紹介していきました。

4度目の挑戦にしてついに出場権を勝ち取った松本崇志さん。

37歳にして初めて挑戦する東京五輪で、どのような活躍を見せてくれるのか、非常に注目です。


スポンサードリンク