開 心那の学歴や経歴を紹介!出身校やご家族情報(東京五輪スケートボードパーク(女子))

スケートボード女子の競技は近年広まりつつあるスポーツで、世界ランキングには日本の選手が上位を占めています。

その中の一人の開心那さんは東京五輪日本代表に内定した選手です。

スケートボード界で大注目の開心那選手の学歴や経歴について紹介していきます。


スポンサードリンク

開 心那さんの学歴・出身校

スケートボード界で気になる開心那さんのプロフィールや学歴、出身校など紹介していきます。

開 心那さんのプロフィール

氏名  開 心那 (ひらき ここな )
生年月日  2008年8月26日
出身地  北海道虻田郡俱知安町(あぶたぐんくっちゃんちょう)
身長  146cm
体重  34kg
血液型  O型

開 心那さんの学歴・出身校


開心那さんは現在、苫小牧市立青翔中学校に通う中学1年生です。

青翔中学校は平成19年に創設された公立中学校で、若者のはつらつとしたイメージ「青」と未来に羽ばたく「翔」を合わせた校名が名付けられました。

出身小学校の情報は公表されていませんでした。

青翔中学校近くの小学校ならば苫小牧市立拓進小学校、苫小牧市立拓勇小学校のいずれかに通っていた可能性が高いです。

小学生の時にはすでにスケートボードの大会で海外遠征も多かった開心那選手。

勉強道具は常に持参しながら活動していました。

開 心那さんの子供時代とご家族情報

家族構成は父親の洋介さん、母親の美奈子さん、4つ離れた弟の万那杜(まなと)さんの4人家族です。

心那さんの名前はお母さんが南国好きだったことから名付けられました。

南国のフルーツのココナッツが由来で、心那と書いて「ここな」と呼びます。


スポンサードリンク

開 心那さんの経歴

最年少で東京五輪の日本代表に選ばれた開心那選手。

スケートボードの経歴を紹介していきます。

スケートボードとの出会い

この投稿をInstagramで見る

Cocona Hiraki(@cocona.hiraki)がシェアした投稿


心那さんのお母さんはスケートボードを見ることが好きでした。

そんなお母さんは家族で楽しめるスポーツとしてスケートボードを始めることにしました。

心那さんはまだ5歳でしたが、日に日に上達するのが楽しくなっていきました。

経歴・エピソード

お父さんの転勤で虻田郡から苫小牧市に引越してからは練習場にも通い始めます。

苫小牧市から約1時間の札幌市にある練習場のHOTBOWL SKATEPARKで、現在も所属先です。

指導者をつけていない開心那選手は練習場で先輩のボーダーの技を見て練習していました。

その練習量は毎日3時間から5時間ほどで、「世界一かっこいいスケーターになること」を目標に努力していきます。

そのうちにめきめきと上達して数々の大会に出場するまでになりました。

なんと2017年の日本のキッズ大会では優勝を果たしました。

主な戦績


開心那選手の主な戦績を紹介します。

  • 2017年 AJSA FLAKE CUP・レディースクラス 優勝 
  • 2018年 Vans Park Serise Womans・アジア 優勝
  • 2019年 日本オープンJSFパークコンテスト・女子 3位
  • 2019年 第3回日本スケートボード選手権大会・パーク女子 優勝
  • 2019年 Dow Tour・女子パーク 3位
  • 2021年 Dow Tour・女子パーク 5位

最年少で東京五輪の日本代表に選ばれただけあって素晴らしい戦績です。

コロナ禍の影響で2020年は大会の中止が相次ぎました。

それにも関わらず上位クラスの実力が身についています。


スポンサードリンク

まとめ:開 心那の学歴・出身校と経歴

開心那選手は12歳の中学生です。

現在も苫小牧市の中学に通っていると思われますが、中学校の情報はありませんでした。

また、出身小学校も明らかではありませんが、出身地の虻田郡俱知安町の小学校と苫小牧市の小学校と、いずれかまたは両方の可能性が考えられます。

開心那選手に指導者などはいませんが、練習場で先輩ボーダーを手本にして実力を身につけ、東京五輪のスケートボードで日本代表に最年少で選ばれました。

まだまだ伸びしろのある開心那選手。

これからどんな選手に育っていくのか楽しみでなりません。


スポンサードリンク