村上めぐみの学歴や経歴を紹介!出身高校や大学情報(東京五輪ビーチバレー(女子))

ビーチバレーで東京五輪出場を決めている村上めぐみさん。

元々はバレーボールをしていましたが、自分のさらなる成長のためビーチバレーに転向しました。

今回は、そんな村上めぐみさんの学歴や経歴について紹介していきます。


スポンサードリンク

村上めぐみさんの学歴・出身校

ここからは、学歴や出身校を紹介していきます。

村上めぐみさんはどのように歩んできたのでしょう。

村上めぐみさんのプロフィール

  • 氏名:村上 めぐみ(むらかみ めぐみ)
  • 生年月日:1985年9月14日
  • 出身地:福井県鯖江市
  • 身長:165cm
  • 体重:55kg
  • 血液型:非公開

村上めぐみさんの学歴・出身校

村上めぐみさんの最終学歴は大阪府にある大阪国際大学です。

大阪国際大学では人間科学部を専攻しました。

大学ではバレーボール部に所属し、体育教師を目指して勉学に励んでいました。

高校は福井県にある福井商業高等学校です。

福井商業高等学校は福井県屈指のバレーボール強豪校で春高バレーにも何度も出場経験があります。

野球部も強く甲子園の出場経験もあり、広島カープで活躍した天谷宗一郎さんも同校の出身です。

中学は越前市立南越中学校です。

生徒数300人弱と中規模の学校でしたが部活動も盛んに行われていました。

村上めぐみさんは中学時代はバレー部の主将として活躍し、チームの中心選手でもありました。

小学校は越前市立南中山小学校です。

山に囲まれた場所にあり生徒数も150人ほどと小さな学校の出身です。

フェンシングで東京五輪出場を決めている見延和靖さんとは小学校・中学校ともに同じ学校の出身です。

見延和靖さんの学歴や経歴はこちら

 

村上めぐみさんの子供時代とご家族情報

村上めぐみさんは小さい頃から運動が好きで小学校からバレーボールをしていました。

身長は高くない方でしたが持ち前の運動神経で活躍していました。

家族は両親と姉がいます。

家族に関する情報は公開されていませんでしたが、今後ますます活躍してメディア露出が増えるとわかると思います。


スポンサードリンク

村上めぐみさんの経歴

ここまでは学歴や家族についてご紹介してきました。

体育教師になるために大学に進学した村上めぐみさん。

ここからは、ビーチバレーでの活躍を紹介していきます。

ビーチバレーとの出会い

村上めぐみさんがビーチバレーを始めたのは大学を卒業したときでした。

卒業後は体育教師を目指していましたが、後にペアを組む金田洋世さんに誘われビーチバレーの社会人チームのテストを受けました。

テストは見事に合格し、そこからビーチバレーに転向しキャリアをスタートさせました。

経歴・エピソード

村上めぐみさんは大学を卒業した2008年からビーチバレーを始めます。

インドアのバレーボールでの戦績は特にありませんでしたが、ビーチに転向してその才能が開花しました。

金田洋世さんとペアを組み大会に出場し、2009年10月の国体ではじめて優勝しました。

その後もいくつかの大会で優勝をしますが、金田洋世さんの競技引退によりペアを解消しました。

そこから何度かペアを入れ替え2015年に現在もペアを組む石井美樹さんとペアを組みました。

石井美樹さんの学歴や経歴はこちら

 

2016年にシドニーで開催されたアジア選手権に出場すると3位の好成績を収めました。

また、ジャパンツアーではファイナル大会において2016年~2018年まで3連覇をしています。

2018年にはアジア大会で準優勝し女子ビーチバレー界では12年ぶりの快挙を成し遂げました。

2019年にはアジアツアーに参戦し、カントーオープンでツアー初優勝を果たしました。

2020年5月にはピーチバレーボール日本代表決定戦に出場し、見事に優勝を果たし東京五輪内定を勝ち取りました。

主な戦績

ビーチバレーにて

  • 国民体育大会 優勝
  • アジア選手権 3位
  • アジア大会 準優勝
  • ジャパンツアーファイナル 優勝

などの成績を収めています。

大学卒業と同時にビーチバレーに転向しこれまで輝かしい成績を収めてきました。

身長も決して高い方ではなく、室内バレーでは実績は残せていませんでしたが、ビーチバレーに転向し見事に才能を開花させました。

地道に練習を重ねた結果、日本代表決定戦で見事に勝利し五輪出場を決めました。

東京五輪の出場権を獲得した村上めぐみさんの今後の活躍にも注目していきましょう。


スポンサードリンク

まとめ:村上めぐみの学歴・出身校と経歴

今回の記事ではビーチバレーで東京五輪出場を決めている村上めぐみさんを紹介してきました。

大学卒業まではバレーボールをしており、卒業後は体育教師を目指して勉学に励んでいました。

誘いを受けてビーチバレーの社会人チームのテストを受けて見事に合格すると、才能が開花しました。

アジア大会で12年ぶりの快挙となる準優勝をするなど数々の大会で結果を残し、順調にキャリアを積み重ねてきました

東京五輪代表決定戦では見事に優勝し五輪出場権を勝ち取りました

ビーチバレーに転向し見事に結果を残している村上めぐみさんの今後の活躍から目が離せません。


スポンサードリンク