村上 舜の学歴や経歴を紹介!出身高校や大学情報(東京五輪サーフィン(男子)控え選手)

東京五輪では内定出場を逃していますが、控え選手として登録されたプロサーファーの村上舜さん。

大変実力のあるサーファーですので、今後も活躍が期待できる選手です。

そんな村上 舜さんはどこの出身でどのような経歴を持っている方なのでしょうか?


スポンサードリンク

村上 舜さんの学歴・出身校

村上舜さんは熱いハートを持つサーファーです。

そんな村上舜さんのプロフィール・学歴・出身校とご家族とのエピソードなどについても紹介していきます。

村上 舜さんのプロフィール

氏名  村上 舜(むらかみ しゅん)
生年月日  1993年3月3日
出身地  神奈川県湯河原町
身長  166cm
体重  58kg
血液型  A型

村上 舜さんの学歴・出身校

村上舜さんは高校卒業後は大学には進学した情報が有りませんでしたので、最終学歴は高等学校のようです。

おそらく大学には進学せずにプロのサーファーになることを選んだのでしょう。

出身高校は青森山田高校です。

青森山田高校はスポーツ強豪校として全国的な知名度があり、多くのスポーツ選手の出身校ですね。

中学は地元の湯河原町立湯河原中学校の出身です。

町村の合併などのため学校名が変わり場所も移転していますが、昭和22年から開校されている歴史ある学校です。

出身小学校は公表されていませんが、湯河原町立湯河原中学校の校区には次の3校が有ります。

おそらく、湯河原町立湯河原小学校・湯河原町立吉浜小学校・湯河原町立東台福浦小学校のいずれかに通っていた可能性が高いです。

中学卒業まではすぐ側に海がある環境で過ごしています。

サーフィンはお父さんの影響で小学2年生の頃から始めています。

村上 舜さんの子供時代とご家族情報

この投稿をInstagramで見る

村上 舜(@shunmurakami_mobb)がシェアした投稿


村上舜さんのご家族は父親と母親一つ下の弟がおり、弟の漣さんもプロのサーファーです。

サーフィンを始めたきっかけは父親とのことなので、父親もプロのサーファーだったと考えられます。

兄弟は仲が良く、一緒にサーフィンの練習をしたりもしています。

プライベートでは愛犬と過ごしたり、彼女と過ごす姿がSNSでもアップされています。


スポンサードリンク

村上 舜さんの経歴

村上舜さんはサーフィンを始めるとすぐに注目されるサーファーとなりました。

どのようにしてその才能を開花させていったのか、経歴をご紹介します。

サーフィンとの出会い

7歳の時に父親に勧められたのがきっかけでサーフィンと出会っています。

10歳の頃には早くもコンテストに出場するほどの腕前でした。

経歴・エピソード

2011年には「第1回 ジャパンオープンオブサーフィン」男子で優勝、その後も大会で優勝を果たし、日本を代表するサーファーとなりました。

東京五輪の強化メンバーにも選ばれました。

しかし、今年行われた東京五輪最終選考会「2021 ISAワールドサーフィンゲームス」では6位という結果でした。

その時4位だった大原洋人選手が東京五輪の代表に内定してしまい、村上舜選手は控え選手の出場枠となっています。

大原洋人さんの学歴や経歴はこちら

 

主な戦績

 

村上舜選手のこれまでの主な戦績をご紹介します。

2012年 「全日本サーフィン選手権大会」 優勝

2013年 「MALIBU HYUGA PRO」 優勝

2015年 「VISSLA ISA World Junior Surfing Championship」 4位

2015年 「新島プロ」 優勝

2016年 「新島プロ」 優勝

2016年 「JPSA オールジャパン」 優勝

2017年 「ALL JAPAN PRO 新島」 優勝

2017年 「ブルーエコシステム presents 仙台プロ」 優勝

2018年 「なみある?仙台プロ supported by やまや」 優勝

2018年 「ISA World Surfing Games」 4位

2019年 「ISA World Surfing Games」 4位

2019年 「第1回ジャパンオープンオブサーフィン」男子 1位

2021年 「ISA World Surfing Games」 6位

戦績を見ると、日本の大会では毎年のように優勝、海外でも上位に入賞しています。

オリンピックの代表に選出されてもいい選手ですが、僅かの差で代表選手の座を逃しています。


スポンサードリンク

まとめ:村上 舜の学歴・出身校と経歴

村上舜選手は海の景色が当たり前にある環境で育ち、父親の影響で小学2年生の頃からサーフィンを始めていました。

10歳になる頃にはコンテストに出場し、2011年の大会では男子において優勝、その後も輝かしい経歴を持つサーファーです。

高校は地元を離れていますが、スポーツの名門校である青森山田高校に進学し、大学には進学せず、プロのサーファーとして多数のスポンサーと契約しています。

サーフィンはオリンピックの大会で東京五輪が初開催となる競技です。

東京五輪でこの競技は盛り上がりを見せ、サーフィンへの関心が高まること間違いなしです。

また、村上舜選手の今後の活躍にも期待値が高まります。


スポンサードリンク