難波 暉の学歴や経歴を紹介!出身高校や大学情報(東京五輪競泳400mリレー(男子)) 

東京五輪競泳400mリレー(男子)の難波 暉さんは、わずか0.16秒差でリオ五輪出場を逃した悔しさをバネに、東京五輪出場を目指してきました。

そんな難波 暉さんは、どんな経歴でどこの出身なんでしょうか。

そこで難波 暉さんの学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪競泳400mリレー(男子))をご紹介します。


スポンサードリンク

難波 暉さんの学歴・出身校

難波 暉さんはどのような学歴の持ち主なのか、プロフィールから出身校、家族構成、子供の頃のエピソードについて見ていきましょう。

難波 暉さんのプロフィール

  • 氏名:難波 暉 (なんばあきら)
  • 生年月日:1996423
  • 出身地:三重県四日市市
  • 身長:180
  • 体重:81
  • 血液型:不明

難波 暉さんの学歴・出身校


難波 暉さんの最終学歴は、中京大学スポーツ科学部です。

中京大学は愛知県名古屋市にある私立大学で、数多くの五輪選手を輩出しているスポーツの名門校です。

フィギュアスケートの浅田舞・真央姉妹、宇野昌磨さん、村上佳菜子さん、ハンマー投げの室伏広治さん、競泳の松田丈志さんなども中京大学の卒業生です。

他にもプロ野球選手、ラグビー選手などのスポーツ選手、また政財界、芸能人など多くの著名人がいます。

高校は豊川高等学校を卒業しました。

豊川高等学校は、愛知県豊川市にある私立の共学校です。

文武両道をモットーとしており、野球部、水泳部、駅伝部等の部活が全国大会に出場しています。

水泳部は高校総体で全国制覇をしたこともある名門で、東京五輪400mメドレーリレーの小西杏奈さん、100mバタフライの川本武史さんも同校の卒業生です。

小西杏奈さんの学歴や経歴はこちら

川本武史さんの学歴や経歴はこちら

 

中学は四日市市立常盤中学校、小学校は四日市市立四郷小学校と、地元の公立校を卒業しています。

四郷小学校は、明治5年創立の歴史ある学校です。

難波 暉さんの子供時代とご家族情報

この投稿をInstagramで見る

難波 暉(@akirauuusyyy)がシェアした投稿


難波 暉さんは小学生の頃から負けず嫌いで、校内持久走大会で負けたくない一心で、家の周りを走っているような少年でした。

負けたくないから練習もさぼらない、練習でも負けたくないと頑張るタイプだと語っています。

家族についてですが、兄がいることは分かっていますが、その他に兄弟がいるかなど詳しいことは知られていません。

父親と母親は学生時代に水泳をやっていた経験者で、兄も難波 暉さんより先に水泳を始めていました。

子供の頃から水泳で抜きんでていた難波 暉さんは、小学校6年の時には地元の広報誌に、「将来オリンピック選手期待の星」として紹介されたこともあります。

また201911月にはご結婚されています。


スポンサードリンク

難波 暉さんの経歴

難波 暉さんは小学生の頃から、将来のオリンピアンとして地元の期待を一身に集めていました。

そんな難波 暉さんは、どのような経緯で競泳と出会い、どのような実績があるのでしょうか。  

競泳との出会い

この投稿をInstagramで見る

TYR JAPAN(@tyr_japan)がシェアした投稿


難波 暉さんは、兄が通っていたスイミングスクール(四日市スイミングクラブ)についていったことがきっかけで水泳を始めました。

難波 暉さんが何歳から水泳を始めたのかは分かっていませんが、小学校4年生の頃にはすでに全国大会に出場しているため、それ以前であると思われます。

経歴・エピソード

4年生の時に初めて出場した全国大会の結果は散々なものでした。

しかし6年生の時にはジュニアオリンピックに出場し50m自由形で優勝、全国大会にも出場し、50m100m200m自由形で3冠を達成し、地元の広報誌に掲載されています。

そして全国大会を制覇したことで、五輪に出るという目標を持つようになります。

この頃は週6回の練習で17000mを泳ぎ、100m5816という県学童記録も持っていました。

中学では3年の時に、全国中学校総体の100m自由形で優勝しています。

この時の記録は、20214月現在も三重県記録として残っています。

高校は、愛知県の豊川高校へ進学、水泳部で腕を磨きます。

高校では、3年の時に高校総体の50m自由形で優勝しています。

大学は更なる高みを目指して、名門中京大学に進学します。

高校までは全国大会で何度も優勝してきた難波 暉さんですが、大学時代はインカレ50m自由形で、1年、2年、3年と2位にとどまるなど、個人優勝という結果は出せずに終わります。

またリオ五輪の代表選考会では、わずか0.16秒差で代表入りを逃してしまいます。

難波 暉さんは、漫画「NARUTO」から、アスリートとしての戦う気持ちを学んだと言っています。

物語中での主人公の成長、仲間を大事にする姿、自分の意思を曲げずに貫く姿を自分と重ね、自分の競技に生かしてきたと言います。

「NARUTO」で学んだ闘志を胸に、大学卒業後は新東工業()に勤務しながらの「アスリート社員」として東京五輪出場を目指してきました。

ちなみに、会社には週に1回勤務し、内定者の資料作りや社内報の作成等を行っています。

主な戦績

この投稿をInstagramで見る

tobiuojapan(@tobiuo_japan)がシェアした投稿


小・中・高と全国大会を制してきた実績を持ちながら、大学時代は思うような成績を残せなかった難波 暉さんですが、社会人となってからの戦績は以下の通りです。

2019年には、日本選手権100m自由形で5位、ジャパンオープン100m自由形で3位、そして初めて世界水泳の代表となり400mフリーリレーに出場しています。

そして20214月に行われた、東京五輪の代表選考会を兼ねが日本選手権で100m自由形で4位、50m自由形で2位となり、両種目とも自己ベストを更新しました。

これにより東京五輪400mリレーの代表に内定し、小学生の頃からの夢が現実のものになりました。


スポンサードリンク

まとめ:難波 暉の学歴・出身校と経歴

今回は、難波 暉 の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪競泳400mリレー(男子))についてご紹介しました。

漫画「NARUTO」での学んだ戦う気持ちを胸に、五輪の夢を追ってきた難波 暉さん。

小学生の頃から五輪出場を期待されてきましたが、大学以降はあと一歩のところでトップに立てない時が続きました。

しかし夢を諦めず戦い続けてきたことで、ようやく世界という大舞台に立つことができるまでに成長しました。

まさに「NARUTO」の成長そのものです。

これからも仲間を大切に、自分を貫いて、世界で活躍されることを期待したいと思います。


スポンサードリンク