東京五輪に惜しくも出場を逃した女子50キロ級レスリングの登坂絵莉さん。

彼女はどこの出身で今までどんな経歴を送っていたのでしょうか?

そこで今回は、登坂絵莉の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(レスリング50kg級(女子))について紹介します。


スポンサードリンク

登坂絵莉さんの学歴・出身校

登坂絵莉(とうさかえり)さんの学歴や出身校は気になりますよね?

ここでは、登坂さんのプロフィールや出身校について書いていきます。

登坂絵莉さんのプロフィール

氏名  登坂絵莉
生年月日  1993年8月30日
出身地  富山県高岡市
身長  152cm
体重  50キロ
血液型  O型

登坂絵莉さんの学歴・出身校

 

この投稿をInstagramで見る

 

eri tosaka(@eri_tosaka)がシェアした投稿

登坂絵莉さんの最終学歴は至学館大学卒業です。

学部は健康科学部健康スポーツ科を専攻していました。

登坂さんの性格は執念深く、嫌なことを言われたら忘れない性格です。

また彼女には必ず試合前夜に「どんベぇのきつねうどん」を食べたり、試合に行く前のホテルでは西野カナさんの「Believe」をなんと20分熱唱するルーティンがあります。

逆に疲れないか心配になってしまいますね。

出身高校は至学館高等学校です。

至学館高等学校は、愛知県名古屋市にある私立高校です。

登坂さんは、さらにレスリングで強くなるために吉田沙保里さんや伊調姉妹が卒業したこの高校を選び、地元を離れます。

学科は普通科、商業科の他に家政科があります。

至学館高校は、スポーツに力を入れている学校で学校にはジム設備も完備されています。

中学校は富山県の高岡市立南星中学校です。

高岡市立南星中学校は、2021年で創立74年になる歴史がある学校です。

保護者や地域の住民に対し、ホームページで中学校の近況を積極的に発信しています。

保護者の気持ちとして、子供が普段どんなことをしているかわからないこともあります。

でも、ホームページで写真付きの学級通信が書かれていると親も安心できますよね。

保護者にも地域住民にもとても優しい中学校です。

小学校は富山県の高岡市立木津小学校です。

高岡市立木津小学校も、ホームページの更新を積極的に行っています。

行事ごとに写真付きで子供の活躍が見られます。

小学校は心や体の変化が大きい時ですので、保護者やおじいさん、おばあさんも子供の成長を見ることができます。

子供の元気な姿は、大人も元気にさせてくれますからね。

登坂絵莉さんの子供時代とご家族情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

eri tosaka(@eri_tosaka)がシェアした投稿

レスリングで憧れている人は吉田沙保里さんです。

子供の時、「今日一日誰かと入れ替わるとしたら?」と言うプロフィール帳の問いに「吉田沙保里様」と答えてました。

「様」ってつけるほど吉田沙保里さんを誰よりも慕っていました。

 

家族構成は、父親、母親、兄、絵莉さんです。

父親は、登坂修さんです。

修さんは昔、国体で優勝経験があるレスリングの選手です。

登坂絵莉さんが、レスリングを始めた時からコーチをして育ててきました。

彼女のレスリング人生で間違いなく影響を受けたのが父親の修さんでした。

母親は、安津子(あつこ)さん。

レスリングの経験はありませんが、絵莉さんと一緒に試合の「反省会」に家事の手をとめて参加しました。

「反省会」は日付を回ることも珍しくなかったので、夢中で議論をする父娘の間に入る調整役の役割もありました。

兄は、直人さん。

絵莉さんの3つ年上のお兄さんです。

直人さんは、レスリングにあまり興味がありませんでした。

そして修さんも無理強いしてまでレスリングをさせませんでした。

子供のやりたいことをさせるのが、登坂家の教育方針だったんでしょう。


スポンサードリンク

登坂絵莉さんの経歴

次は、登坂絵莉さんの経歴を見ていきましょう。

登坂さんはレスリングとの出会いや今までどんな競技人生を歩んだのでしょうか?

レスリングとの出会い

 

この投稿をInstagramで見る

 

eri tosaka(@eri_tosaka)がシェアした投稿

最初は息子の直人さんにレスリングをやらせたいと思い、道場を訪れた修さん。

でも、興味を持ったのはたまたま一緒についてきた絵莉さんでした。

そして絵莉さんは9歳でレスリングを始めます。

経歴・エピソード

練習の日々を過ごす登坂さん。

中学校に上がると「毎日練習しないと勝てない」と思い、近くで毎日レスリングの練習をしているジムに場所を移し練習します。

その甲斐あって、中学3年生の時全国中学生選手権で優勝します。

高校に上がると、全国高校女子選手権で2連覇を達成しました。

大学生になると、大学1年生でジュニアオリンピック51キロ級で優勝。

2015年6月には、全日本選抜で4連覇を達成します。

同年9月では、世界選手権の代表になり3連覇を達成と同時に2016年のリオ五輪代表に内定します。

そして、2016年のリオ五輪では女子48キロ級で見事に金メダルをとり優勝をしました。

リオ五輪後は、県民栄誉賞と紫綬褒章を受賞しました。

2019年には、全日本選手権選抜大会では女子50キロ級決勝で須崎優衣選手に負けて東京五輪の内定から外れてしまいます。

2020年に総合格闘家の倉本一真さんと結婚しました。

主な戦績

2013年世界選手権女子レスリング48キロ級金メダル

2014年世界選手権女子レスリング48キロ級金メダル

2015年世界選手権女子レスリング48キロ級金メダル

2016年リオ五輪女子レスリング48キロ級金メダル

 

登坂さんは同じ女子レスリング栄希和さんと菅原ひかりさんとは同じ高校卒業の同期です。

全員練習の虫と言われるほどの練習量と集中力を毎練習ごと発揮しています。

チームメンバーからは、負けず嫌いがすごくてゲームでも勝ちにくると言われてます。

ここまで勝負にこだわるからこそ、大会で優勝できるんだと感じます。

 


スポンサードリンク

まとめ:登坂絵莉さんの学歴・出身校と経歴

得意技は、片足タックルの登坂絵莉さん。

リオ五輪で金メダルを獲得した登坂さんは2017年から勝利から遠ざかっています。

2020年に結婚されたので、メダルを取れば谷亮子さんみたいな最強ママさんになるでしょう。

子供が生まれた場合の子供さんは鼻が高いでしょうね。

今回の東京五輪でもぜひとも金メダルをとって欲しいです。


スポンサードリンク