梶原悠未の学歴や経歴を紹介!出身高校や大学情報(東京五輪自転車競技トラック(女子))

2020年の世界選手権で日本人初の世界女王となった梶原悠未さんは、東京五輪自転車競技トラック(女子)代表に内定しています。

世界選手権の勝者のみに与えられる、栄光のアルカンシエルジャージを手に入れた梶原悠未さんの経歴、家族、幼少期について調べてみました。


スポンサードリンク

梶原悠未さんの学歴・出身校

梶原悠未さんはどのような学歴の持ち主なのか、プロフィールから出身校、家族構成、子供の頃のエピソードについて見ていきましょう。

梶原悠未さんのプロフィール

氏名  梶原悠未(かじはら ゆうみ)
生年月日  1997年410
出身地  埼玉県和光市
身長  155㎝
体重  56kg
血液型  O型

    梶原悠未さんの学歴・出身校

     

    梶原悠未さんは現在、筑波大学大学院に在学中でます。

    筑波大学の体育専門学群を卒業後、大学院に進みました。

    現在は人間総合学科学術院 人間総合学科研究群 博士前期課程 体育学学位プログラムに在籍し、競技と並行して学問にも取り組んでいます。

    大学から継続して自転車競技に関する研究を続け、大学の卒業論文テーマは「エリミネイションの技術」というタイトルでした。

    エリミネイションとは自転車競技の種目の一つです。

    梶原悠未さんはこの種目が苦手だったため、それを克服しようと卒業論文のテーマとして取り上げました。

    自転車に対する探求心と向上心が表れていますね。

    梶原悠未さんの出身高校は、埼玉県坂戸市にある筑波大学附属坂戸高等学校です。

    筑波大学の附属高校は東京都と埼玉県にあり、日本では数少ない国立の高等学校の一つです。

    グローバルな人材の育成に力を入れており、「国際バカロレアコース」という、スイスの非営利団体が運営する国際教育プログラムにも対応しています。

    出身中学校は埼玉県和光市にある、市立第三中学校です。

    東京メトロ有楽町線の成増駅の西にあり、ポラリスという進級指導教室があることで有名です。

    多感な思春期を迎える学生に寄り添い、中学校生活を円滑に過ごせるよう、ケアを行っています。

    梶原悠未さんの出身小学校は、和光市立第五小学校です。

    出身の市立第三中学校とは約250メートルしか離れておらず、自宅も近いと推測されます。

    梶原悠未さんは1歳から水泳を始め、練習と大会出場のために忙しい幼少期をを過ごしていました。

    梶原悠未さんの子供時代とご家族情報

    梶原悠未さんは、どのような子供時代を過ごしたのかを見ていきましょう。

    またご家族の情報についても調べてみました。

    梶原悠未さんは、両親と弟の4人家族です。

    父の典人さん、母の有里さんは教育熱心で、子供たちが小さい頃から様々な習い事を経験させています。

    梶原悠未さんも水泳、ピアノ、書道、バレエなど5つの習い事を掛け持ちしていました。

    弟の詳しい情報は公開されていませんが、やはり高校入学後に自転車競技部に入部しています。

    様々なことを経験させ、子供たちのやりたいことを伸ばそうとした両親があってこそ、現在の梶原悠未さんがあるのだと思います。


    スポンサードリンク

    梶原悠未さんの経歴

    梶原悠未さんは、学業と競技を両立して世界女王になるという、文武両道の自転車競技選手です。

    そんな梶原悠未さんですが、どのような経緯で自転車と出会い、どのような実績があるのかを見ていきましょう。

    自転車との出会い

     

    梶原悠未さんと自転車の出会いは高校入学後の16歳の時でした。

    それまでは水泳に打ち込み、数々の大会にも出場してきましたが、自分の思ったほどの成績が出ず伸び悩んでいました。

    中学3年生の関東大会で自分が望んでいた成績を出せず、1歳から続けてきた水泳をすっぱりとやめてしまいます。

    その陰には母の有里さんの「何か他の競技が向いているのかも」というアドバイスがありました。

    母の言葉をもとに梶原悠未さんは自転車に乗ろうと決め、自転車競技部を持つ筑波大学附属坂戸高等学校への進学を決めます。

    水泳で鍛えた身体能力と、家族のサポートにより梶原悠未さんはめきめきと頭角を現します。

    2014年の全日本ロード女子U-17クラスで優勝を飾り、翌年のアジア選手権ジュニア大会ではトラック競技5冠を成し遂げました。

    現在はトップレーサーとしてで活躍中の梶原悠未さんですが、自転車競技を始めてまもないうちにその才能を開花させていたのですね。

    経歴・エピソード

    世界女王となった梶原悠未さんですが、実は大学時代までは指導者がいませんでした。

    高校生でアジアチャンピオンとなったため、競合の自転車競技部を持つ大学からの誘いもありました。

    しかし自分に合った環境が見つからず、自分に合った環境を作って練習しようと決め、筑波大学に進学します。

    環境を作り、サポートしたのは母の有里さんでした。

    一日5食の食事作りをはじめ、練習場への送り迎えはもちろん、練習やトレーニングメニューを作りました。

    さらに練習の際には有里さん自身がバイクに乗り、トラックを走る梶原悠未さんを先導して、データ分析を行いました。

    「私に希望という名の光を照らしてくれたのは母でした」と梶原悠未さんはインタビューで語っています。

    母との二人三脚で競技を続けてきた梶原悠未さん。

    有里さんは自転車の専門家ではありません。

    しかし、娘が世界女王となる基礎を作った名コーチだと思います。

    誰よりも梶原悠未さんを知る母だからこそ、能力を伸ばせる指導ができたのでしょう。

    幼少期から強化選手として練習雨を積む選手が多い中、型破りな選手であることは間違いありません。

    主な戦績

    梶原悠未さんは、複数のトラック競技で数々の好成績を収めています。

    主な戦績は以下の通りです。

    【世界選手権】

    2017:オムニアムワールドカップ  優勝(第3戦、第4戦)

    2020:UCI世界選手権 女子オムニアム 優勝

    【アジア選手権】

    2017-2019:アジア選手権 三連覇

    【国内選手権】

    2018:全日本ロード(個人タイムトライアル) 優勝

    2018:全日本ロード(オムニアム) 優勝

    2018:全日本トラック選手権(オムニアム) 優勝

    2018-2020:全日本自転車競技選手権トラック(4種目) 3制覇

    小柄で、インタビューでの語り口も穏やかで優しい印象の梶原悠未さんですが、レースでは全く別の顔を見せます。

    世界の強豪選手に挟まれても冷静さを失わず、常に勝負どころを見極めながら走り、最後に勝利をもぎ取る梶原悠未さん。

    自転車が好きで、学問としても取り組んでいる梶原悠未さんは、東京オリンピックの自転車競技(トラック)のオムニアムとマディソンへの出場が内定しています。

    日本ではなじみの薄いオムニアムを、世界女王になるという形で世間に広めた梶原悠未さんは。金メダルの最有力候補であることは間違いありません。

    二度目の世界一を獲る瞬間をぜひこの目で見届けたいと思います。


    スポンサードリンク

    まとめ:梶原悠未の学歴・出身校と経歴

    今回は、梶原悠未さんの学歴や経歴、家族についてご紹介しました。

    小さい時から家族とともに競泳に打ち込み、全国大会出場を目指していた梶原悠未さん。

    水泳ではかなえられなかった全国大会出場ですが、自転車では世界にその名を知らしめることができました。

    梶原悠未さんの持ち味は「レースの流れを見極める力」です。

    どんな不利な状況でも決してあきらめない、粘り強い走りをオリンピックでも見られること思います。

    梶原悠未さんのこれからの活躍に注目していきましょう。


    スポンサードリンク