高藤直寿の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪柔道60kg級(男子))

東京五輪柔道男子60kg級出場選手の高藤直寿さん。

「異能の業師」や「その柔道スタイルは天才型」と言われている高藤直寿さんはどんな経歴でどこの出身なんでしょうか。

そこで高藤直寿の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪柔道60kg級(男子))についてご紹介します。

 


スポンサードリンク

高藤直寿さんの学歴・出身校

柔道有段者の父親の影響で柔道を始めた高藤直寿さん。

そんな高藤直寿さんはどのような学歴の持ち主なのか、プロフィールから出身校、子供の頃のエピソードや家族構成について見ていきましょう。

高藤直寿さんのプロフィール

氏名  高藤直寿(たかとう なおひさ)
生年月日  1993年5月30日
出身地  栃木県下野市
身長  160cm
体重  60kg
血液型  AB型

 

高藤直寿さんの学歴・出身校

高藤直寿さんの最終学歴は東海大学です。

大学では体育学部武道学科を卒業後にパーク24に就職しました。

出身の中学、高校は東海大学付属相模高等学校・中等部を卒業しました。

この学校は神奈川県相模原市南区に所在する東海大学付属の中高一貫校です。

柔道の他にもさまざまなスポーツの強豪校としても知られています。

栃木県出身の高藤直寿さんが神奈川の学校へ行こうと思ったのには理由が有ります。

当時柔道をしていた姉の試合の応援に行った際に見た東海大相模の選手が印象に残り、それがきっかけでこの学校への進学を決意したそうです。

出身の小学校は下野市立国分寺小学校です。

地元の栃木県下野市にある公立の小学校です。

高藤直寿さんの子供時代とご家族情報

小学1年生で柔道を始めた高藤直寿さんは、小学3年生からは66kg級世界チャンピオンも在籍していた野木町柔道クラブに所属します。

小学5年生・6年生のときには全国小学生学年別柔道大会で優勝をし、2連覇を達成しました。

勝利したあとはその場に「仁王立ち」になってポーズを決めていたといわれています。

中学3年生の時には全国中学校柔道大会に出場し、優勝しました。

高校時代にも数々の大会で好成績を収め、特に高校3年生の時にはインターハイ優勝・全日本ジュニア優勝・世界ジュニア優勝と圧倒的な強さを誇っていました。

家族関係は、父親・母親・姉の4人家族です。

父親は元警察官であり、柔道4段の腕前を持っています。

高藤直寿さんの姉も中学生のときに柔道全国大会に出場した経験があります。

この大会が、高藤直寿さんを東海大相模中学校に進学する決意をさせます。 

 


スポンサードリンク

高藤直寿さんの経歴

高藤直寿さんといえば「真似できない柔道」で有名です。

そんな高藤直寿さんの柔道との出会いや経歴を見ていきたいと思います。

柔道との出会い

高藤直寿さんが柔道と出会ったのは、父親と姉の影響からでした。

父親は柔道4段で、姉も柔道をやっていていました。

その為高藤直寿さんも7歳の頃から柔道を始めました。

きっかけというよりも、幼少期より普通に周りにあった環境でした。

経歴・エピソード

高藤直寿さんは大学3年生の時に、4歳年上で元柔道家の牧志津香さんと学生結婚をしました。

この時に牧志津香さんは既に赤ちゃんを宿していました。

すでに第一線で活躍している将来有望選手の学生結婚は、当時色々と話題になりました。

2人が交際に発展したのは、今の奥さんである牧志津香さんが高藤直寿さんのTwitterをフォローしたのがきっかけでした。

そこから連絡先を交換し、高藤直寿さんからの猛アプローチがあり、2週間ほどで交際に至りました。

高藤直寿さんの柔道スタイルは変幻自在と言われていますが、この時ばかりはライバルである永山選手のようなパワーファイターぶりを牧志津香さんに発揮していたようです。

また、牧志津香さんの妊娠が分かったときにどうするべきか井上康生監督に相談をし、そのアドバイスを元に結婚を決意したそうです。

公私において、井上康生監督を信頼していることが分かりますね。

高藤直寿さんは2014年10月に長男に恵まれました。

主な戦績

主な戦績としては、2016年のリオデジャネイロオリンピックで銅メダリストになりました。

2013年リオデジャネイロ世界柔道選手権優勝や、2017年ブダペスト世界柔道選手権優勝など、数々の世界大会で優勝をしています。

まだ優勝ができていない世界大会はオリンピックだけとなります。

高藤直寿さんは2018年バクー世界選手権で優勝を飾りますが、この大会で「左膝外側靱帯損傷」という怪我をしてしまいました。

その年に行われた講道館杯全日本体重別選手権を観戦した高藤直寿さんは、ライバル達が戦う姿を目の当たりにし、自分は柔道が好きだと気付きます。

この日をきっかけに迷いが吹き飛び、スイッチが入ったそうです。  

スイッチの入った高藤直寿さんは、グランドスラム・パリ2019、モントリオール国際大会でともに優勝をし、見事な復活を遂げます。

勢いそののままに3連覇を懸けて出場した世界選手権東京大会では、惜しくも準々決勝で敗れてしまいました。

さらに、その大会の3位決定戦ではライバルの永山選手にも敗れ、5位という成績になってしまいます。

世界選手権の3か月後に開催されたグランドスラム・大阪で、見事優勝を飾ります。

しかも、決勝戦で永山選手に勝利しての優勝です。

やられたらやり返す、ライバルには負けたままでは終われません。

高藤直寿さんと永山選手の対戦成績は、3勝3敗とまさに五分となっています。

2人のライバル対決に、今後も注目していきたいですね。

高藤直寿さんは2020年にもグランドスラム・デュッセルドルフで優勝をします。

その後に開かれた強化委員会で、東京五輪代表が内定します。

リオデジャネイロ五輪から、ずっと東京五輪を目指してきた高藤直寿さん。

見事に目標を達成します。

 


スポンサードリンク

まとめ

今回は、高藤直寿の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報についてご紹介しました。

学生時代に第一線で活躍をしていながら、できちゃった結婚をしたことで有名な高藤直寿さん。

お父さんとお姉さん、さらに奥さんも柔道選手とまさに柔道一家の環境に身を置いていたのですね。

家族の支え、家族のためにという思いが強さの秘訣の1つなのかもしれませんね。

高藤直寿さんが唯一優勝ができていない世界大会のオリンピックはもう目の前です。

どんな活躍をしてくれるのか、今からとても楽しみです。


スポンサードリンク