堺亮介の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪トランポリン 個人(男子))

東京五輪トランポリン個人出場選手の堺亮介さん。

今回がオリンピック初出場となる堺亮介さんは、どんな経歴でどこの出身なんでしょうか。

そこで堺亮介の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪トランポリン 個人(男子))についてご紹介します。


スポンサードリンク

堺亮介さんの学歴・出身校

五輪トランポリン競技でのメダル獲得の有力候補として注目されている堺亮介さん。

ここでは堺亮介さんのプロフィールや出身校、そして子供時代や家族についてお伝えしていきます。

堺亮介さんのプロフィール

  • 氏名:堺亮介(さかいりょうすけ)
  • 生年月日:1997年7月24日
  • 出身地:神奈川県伊勢原市
  • 身長:168㎝
  • 体重:63kg
  • 血液型:非公開
  • 所属:バンダイナムコアミューズメント

堺亮介さんの学歴・出身校

 

この投稿をInstagramで見る

 

堺亮介(@ryosuke.sakai.52493)がシェアした投稿

堺亮介さんの最終学歴は金沢星稜大学で人間科学部スポーツ学科を専攻していました。

金沢星稜大学は石川県金沢市に所在している大学で入試倍率も高く、就職内定率は全国平均を大きく上回り続けている就職に強い大学です。

星稜大学のトランポリン部は、現在日本で活躍している選手を多数輩出している名門としても知られています。

出身の高校は星稜高等学校です。

この高校は、石川県金沢市に所在している中高一貫教育の学校で、選手権大会で全国優勝を果たしているサッカー部や全国大会で常に上位に入賞しているトランポリン部などのあるスポーツの強い高校です。

この学校の卒業生には、サッカーワールドカップに3大会連続出場している本田圭佑さんやメジャーリーグで長年活躍していた松井秀喜さんがいます。

出身の中学校は伊勢原市立山王中学校です。

この学校は神奈川県伊勢原市に所在しており、部活動では陸上部の駅伝や水泳部が全国大会にも出場している学校です。

出身の小学校は伊勢原市立比々多小学校です。

この学校は神奈川県伊勢原市に所在していて、伊勢原市の中でも生徒数の多い小学校です。

堺亮介さんの子供時代とご家族情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

堺亮介(@ryosuke.sakai.52493)がシェアした投稿

幼少期からトランポリンをしていた堺亮介さんは、小学校に入るとすぐに全日本トランポリン競技ジュニア選手権に出場すると全国大会にまで進み、能力の高さを伺わせています。

小学校入学時から全国大会の常連となっていた堺亮介さんですが、小学校6年生で初めて世界大会に出場するも思うような成績を残すことができませんでした。

このときに同世代の選手達の世界レベルの演技を見て、自分の実力がまだ世界には達していないと感じ、小学生ながら世界を意識していくようになります。

中学校入学後もトランポリンクラブでこれまでより更に練習に力を入れ、3年生のときにはカナダやスイスで開催された国際大会でメダルを獲得し、確実に世界との差を縮めています。

その後に出場した全日本ジュニアトランポリン競技選手権大会では、中学生男子の最高難度記録を更新する演技を見せ、最優秀選手賞を獲得するなど才能を開花させていきます。

家族関係は妻との2人家族で、別居の家族に父親、母親、兄がいます。

トランポリンを経験していたのが母親だけだったので、母親が心強い理解者となりサポートをしていたからこそ、堺亮介さんの成長があったのかもしれませんね。


スポンサードリンク

堺亮介さんの経歴

東京オリンピックでのメダル獲得が自身の夢と話している堺亮介さん。

そんな堺亮介さんのトランポリンを始めたきっかけや経歴、これまでの戦績を見ていきたいと思います。

トランポリンとの出会い

 

この投稿をInstagramで見る

 

堺亮介(@ryosuke.sakai.52493)がシェアした投稿

堺亮介さんが初めてトランポリンを経験することになったのは生後半年のときでした。

母親が産後の運動としてトランポリンサークルに入ったのがきっかけとなり、最初は母親に抱っこされながらではありましたが、トランポリンで跳ねていたと話しています。

その後、2歳になった堺亮介さんは自身も正式に厚木健康体操センターというクラブに入り、本格的にトランポリン人生をスタートさせています。

経歴・エピソード

堺亮介さんは中学校卒業後、地元の神奈川県を離れ石川県の星稜高校に入学しています。

小学校のときに初めて星稜高校の選手の演技を見て魅力を感じた堺亮介さんは、ここでなら自分の持ち味を伸ばせると思い、そのときから高校は星稜高校にすると決めていたと話しています。

親元を離れ寮生活を送ることになると、考える時間も増えてトランポリンに更に集中していくようになっていきます。

その結果高校2年生、3年生のインターハイ個人で2連覇、団体には1年生から出場し3連覇を成し遂げるなど、この年代では国内屈指の実力者であることを証明しています。

その後、トランポリンの名門として知られる金沢星稜大学に入学した堺亮介さんはワールドカップや全日本選手権で優勝し、輝かしい成績を残しています。

大学4年生で出場した世界トランポリン選手権大会では、日本人勢最高得点を記録し5位に入賞するなど世界の強豪選手とも渡り合う活躍をしています。

大学卒業後の2020年からはバンダイナムコアミューズメント社に初のトップアスリート採用として入社しています。

主な戦績

 

この投稿をInstagramで見る

 

堺亮介(@ryosuke.sakai.52493)がシェアした投稿

主な成績としては2019年に出場した全日本トランポリン競技選手権大会では見事優勝を果たしています。

また、2019年にワールドカップに出場すると自身3度目となる金メダルを獲得しています。

このような素晴らしい成績を残せているのは、堺亮介さんの幼少期からの大変な努力があってこそなのだと思います。


スポンサードリンク

まとめ:堺亮介の学歴・出身校と経歴

今回は堺亮介の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪トランポリン 個人(男子))についてご紹介しました。

幼少期から体操一筋で、人生を体操に捧げていると言っても過言ではない程の努力をしてきている堺亮介さん。

今回初出場となるオリンピックで華麗に宙を舞い、自身の夢としているメダル獲得を達成する姿を是非見たいですね。

そんな堺亮介さんのトランポリン競技での更なる活躍を応援しています。


スポンサードリンク