東京五輪陸上100・200m出場選手候補の桐生祥秀さん。

100m走で日本人初の9秒台を記録し、ニュースなどでも取り上げられ有名になった桐生祥秀さんはどんな経歴でどこの出身なんでしょうか。

そこで桐生祥秀の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪陸上100・200m(男子))をご紹介します。

 


スポンサードリンク

桐生祥秀さんの学歴・出身校

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kiryu Yoshihide(@kiryu1215)がシェアした投稿

1995年12月15日生まれで滋賀県彦根市出身の桐生祥秀(きりゅうよしひで)さん。

身長は175cm で体重70kg、血液型はO型です。

桐生祥秀さんの最終学歴は東洋大学卒業です。

大学では法学部企業法学科目を専攻し、卒業後に日本生命に所属しました。

大学時代に世界ジュニア選手権100mに出場し、決勝で両膝の裏側がつるアクシデントに見舞われます。

そんな中でも諦めず走り続け、日本人初の銅メダルを獲得しています。

出身の高校は学校法人洛南高等学校を卒業しました。

学校の学習だけで大学進学の学力を養成し、さらに授業とクラブ活動の両立にも力を入れている学校です。

高校のグランドは直線が80mしか取れず、ミニハードルを中心にトレーニングをしていたようです。

洛南高等学校の卒業生には、元バレーボール選手の塩田達也さんや元陸上競技選手の松岡祐起さん、俳優の佐々木蔵之介さんがいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kiryu Yoshihide(@kiryu1215)がシェアした投稿

出身の中学校は彦根市立南中学校です。

中学生になってから陸上を始め、3年生の時に全日中陸上で中学歴代6位のタイムで準優勝しています。

通っていた小学校の情報は見当たりませんでしたが、桐生祥秀さんが通っていた彦根市立南中学校の近くに彦根市立城陽小学校がありましたので、こちらの小学校に通っていたと思われます。

小学校時代はサッカーを習っており、いろいろなポジションを務め最終的にゴールキーパーで落ち着いたようです。

 

家族関係は、2人兄弟の次男です。

父・康夫さんと母・育代さんは、自宅のある滋賀県から京都の洛南高等学校に通わすために、毎日お弁当を作ったり最寄り駅までの送り迎えをしていたようです。

4歳上の兄・将希さんは大学の陸上部でリレー代表を務めたことがあようです。


スポンサードリンク

桐生祥秀さんの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kiryu Yoshihide(@kiryu1215)がシェアした投稿

桐生祥秀さんといえば陸上競技・短距離走で有名です。

世界陸上競技選手権大会のリレーメンバーに選ばれ、銅メダルを獲得した桐生祥秀さん。

その桐生祥秀さんの経歴を見ていきたいと思います。

陸上を始めたきっかけは、父に勧められた説と兄に勧められた説がありました。

どちらが本当か分からなかったのですが、家族が祥秀さんの才能に気がついたのには変わりないですね。

桐生祥秀さんのライバルは多田修平さんやケンブリッジ飛鳥さんと言われています。

しかし、リオデジャネイロオリンピックの強化合宿の時には、ライバルは自分だと言っていました。

そんな桐生祥秀さん、難なく大会で好成績を収めている様に見えますが実は、怪我のため出場できなかった大会も多いのです。

中学生の頃は腰痛と左ハムストリングスの肉離れ、高校生の頃は大会後に腰を痛めてしまい2カ月ほど練習ができない時期もあったようです。

さらに、大学生の頃や社会人になってからも肉離れで練習できない時期や、レース中に足がつったりと苦労の多い選手だと言えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kiryu Yoshihide(@kiryu1215)がシェアした投稿

主な実績としては、2015年アメリカ合衆国のテキサス州で開催された協議会では、100mに出場し9秒87で優勝しています。

2016年テキサスリレー100mタイムレースで1組目は向かい風、2組目は追い風という状況が変化する中、桐生祥秀さんは2組目で出場し1位になったがタイムレース総合で2位になりました。

2018年ジャカルタアジア大会男子4×100mに出場し、1998年のバンコク大会以来20年ぶりの金メダルを獲得しています。

2019年アジア選手権陸上100mで優勝を収めました。

 

陸上は、先にゴールした人の勝ちだと思っていました。

まさか、追い風や向かい風がそんなに影響する競技だと思いませんでした。

奥が深い競技なのですね。


スポンサードリンク

桐生祥秀さんのネットの反応

一般の方が桐生祥秀さん個人に宛ててのメッセージは、あまり見られなかったのですが桐生祥秀さんの凄さが一目でわかるツイートが多くありました。

だんだん、タイムを気にしている自分がいて陸上の面白さに気付き始めているのかもしれません。


スポンサードリンク

まとめ:桐生祥秀の学歴・出身校と経歴

今回は、桐生祥秀さんの学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪陸上100・200m(男子))ついてご紹介しました。

2020年に結婚して、2021年に1児の父になった桐生祥秀さん。

今回、桐生祥秀さんの事を調べているうちに陸上はシビアな競技なのだと感じました。

0.01秒差で明暗を分ける勝負、今後はタイムを気にしながら観戦したいと思いました。

これからも、怪我に気をつけて良いタイムを出してくれることを、楽しみにしながら応援しています。


スポンサードリンク