スターバックスのミルク変更はいくら?種類ごとの味・カロリー

スターバックス

いつも飲んでいるドリンクでミルクを変更してみたいけど、勇気がでないという方いませんか?

価格はどうかな?味はおいしいかな?気になることはたくさんありますよね。

そこでミルクを変更する勇気が持てるようにお助けできたらと思います。

今回はミルクへの変更価格やミルク各種の味の特徴などをご紹介していきます。


スポンサードリンク

スターバックスのミルク変更はいくら?

スタバでミルクを使用しているドリンクは、すべてミルクの種類を変更することが可能です。

変更価格は、ミルクの種類によって無料か有料かの2つに分かれます。

有料ミルクの価格は、お持ち帰りだと追加54円、店内飲食だと追加55円になります。

お持ち帰り用と店内飲食用で1円の違いで出てきます。

無料と有料のミルクの種類は?

無料と有料のミルクの種類にはどんなものがあるのでしょうか?下にあげたいと思います。

無料で変更できるミルクの種類は、低脂肪乳、無脂肪乳です。

有料で変更できるミルクの種類は、豆乳、アーモンドミルク、オーツミルク、ブレべミルクです。

ミルクの変更がすべて無料なお得なドリンクがあり、見逃せません。

それは、カフェミストです。

有料ミルクも無料にできちゃいます。

カフェミストはドリップコーヒーに、ミルクを入れて作られたカフェラテよりもマイルドなコーヒーなんです。

飲みやすいドリンクでコーヒーが苦手な私も好きです。

このドリンクはワンモアコーヒーの対象でもあります。

ワンモアコーヒーとは、2杯目をお安くおかわりできるサービスです。

それでは、次でご紹介したいと思います。

スタバのワンモアコーヒーでミルクの味をお試し

ミルクの変更で味や香りのイメージがつきにくいときは、ワンモアコーヒーでお試しください。

まず、1杯目を無脂肪乳で注文したあと、次におかわりで2杯目をオーツミルクで注文して飲み比べてみるのはどうでしょう?

無脂肪乳とオーツミルクの両方の味をお得に楽しむことができちゃいます。

カフェミストの他に、スタバ ラテもブレべミルク以外はミルクの変更は無料なのでこちらでも試せます。

好みに合うミルクをみつけるには、カフェミストとスタバ ラテのワンモアコーヒーがお得ですよ。

ワンモアコーヒーの使用方法には、いくつかの注意点があるので次にあげていきたいと思います。

ワンモアコーヒーの使用方法と注意点

おかわりのときは一杯目のカップも持っていってみせなくても大丈夫!レシートだけ見せれば問題なしです。

ドリップコーヒーやカフェミストの購入レシートを当日営業時間内に持っていくとOKです。

次の2杯目のドリップコーヒーは150円(税抜)、カフェミストは200円(税抜)で楽しめます。

同一サイズでホットかアイスを選べます。

そして、他店のレシートも使用可能ですが、これは一部の店舗では利用できない可能性があるので事前に確認してみてくださいね。

レシートを切り離してしまうと無効になってしまうので注意してください。

web登録済みのスタバカードで購入してお得に利用

また、web登録済みのスタバカードで購入するとさらにお得になります。

なんと、2杯目のドリップコーヒーは100円(税抜)、カフェミストは150円(税抜)になります。

気を付けなければいけない注意点は、ドリップコーヒーやカフェミストの当日の購入レシートをみせないと注文できないことです。

ドリンクサイズは最初と同じサイズのもので対応してくれて、当日中のみ利用することができます。

web登録しておくと、かしこくお得でいいですね!


スポンサードリンク

ミルク7種類の味や香り、特徴について

次にみなさんが疑問に思っていることを1つ。

スタバのミルク7種類がそれぞれがどんな味や香りをもつのか、またその特徴についてご紹介していきたいと思います。

①通常ミルク

2年前にミルクが新しくリニューアルされ、牛乳のうまみとコクがさらにアップしました。

ドリンクに標準として使われているミルクでどのドリンクとも合います。

皆さんが一番身近に感じられるミルクだと思います。

②低脂肪乳

低脂肪乳という名前だけあって、通常ミルクより味も香りもさっぱりしています。

通常ミルクと無脂肪乳を、同じ比率で混ぜ合わせて作られているそうです。

ですので、脂質が少なく、タンパク質が多い無脂肪乳を混ぜることで筋肉量を増加させ、体脂肪量を減らすことを助けてくれます。

また、カロリーもおさえられています。

さっぱりおいしく飲みたい人、ダイエットをしている人、体を鍛えている人は低脂肪乳に変更がおすすめですよ。

③無脂肪乳

無脂肪乳は、低脂肪乳よりもシンプルでさらにあっさりし、ミルクの味も保たれています。

ミルクのコクは薄いので、ドリンクのミルク以外の他の味を引きたて、また違ったおいしさの発見ができますよ。

スタバのミルクの中で、最もカロリーが低いのは、無脂肪乳が生乳の乳脂肪分を0.5%未満まで減らした牛乳だからです。

そのことから、通常ミルクと無脂肪乳では、約25kcal以上のカロリーの違いも出てきます。大きな差ですね!

タンパク質が多く脂質が少ないので筋肉量を増加させ、体脂肪量を減らす効果も通常ミルクより期待できそうです。

ダイエットをしている人、体を鍛えている人、カロリーを気にする人は低脂肪乳よりも無脂肪乳に変更がおすすめです。

④豆乳

豆乳は、牛乳のうまみとは別のなんともまろやかでコクのあるほんのり甘い味わいです。

スタバの豆乳は、無調整豆乳に砂糖などを加え飲みやすくした調整豆乳を使用しています。

抹茶ドリンクと豆乳の相性がよく、スタバでは定番のカスタムになっています。

私は豆乳派なのですが、通常ミルクは動物性であるのに対して、豆乳は植物性で体にやさしい感じがいいですよね。

そして、豆乳は通常ミルクよりエネルギー、脂質、糖質すべてにおいて低く、コレステロールも含みません。

また、豆乳は貧血に関わる鉄や銅を多く含みます。

特に貧血が気になる人、脂質、糖分、コレステロールが気になる人は豆乳をぜひおすすめします。

⑤アーモンドミルク

アーモンドミルクは、アーモンドの香ばしい風味が特徴的なさらっとした食感で甘みも抑えられたあっさりとした味です。

豆乳よりもカロリーや脂肪分が少なく、カロリーが2番目に低い植物性ミルクです。

また、ナトリウムの含有量は多いですが、豆乳には含まれていないミネラルやビタミンも多いので体にとてもいいです。

アーモンドの香ばしさがチョコソースやチョコチップの甘味を引き立てて、さらにおいしさがアップします。

チョコ系のドリンクをよく飲み、アーモンドの風味を楽しみたい人はアーモンドミルクに変更をおすすめします。

カロリーを抑えたい人や健康志向の人にもおすすめですよ。

⑥オーツミルク

オーツミルクは、オーツ麦の穀物由来の自然なやさしい甘さが特徴的です。

豆乳やアーモンドミルクなどの植物性ミルクと比較すると、カルシウムがとくに多いです。

また、腸内環境を整える食物繊維も多いです。

植物性ミルクが好きな人、ヘルシー志向の人、お通じが気になる人や吹き出物が気になる人にオーツミルクへの変更をおすすめします。

⑦ブレベミルク

ブレベミルクは、ミルクの中で一番甘く、とてもコクが深いリッチで濃厚な味わいです。

通常ミルクと生クリームを、同じ比率でブレンドしています。

生クリームが入っているので、予想通りカロリーも約200〜300kcalと高いです。

ため息が出るくらいおいしいけれど、ため息が出るくらいカロリーが本当に高いですね。。。

ブレべミルクは一度知ってしまったら、そのおいしさにやみつきになります。

カロリーは気にせず、リッチで濃厚な甘さを堪能したい人はブレベミルクに変更をおすすめします。


スポンサードリンク

スタバの7種のミルクカロリーランキング

ミルクのカロリーの低い順にランキングしてみました。

上は1番低カロリーの無脂肪乳で、そこから高カロリーのブレべミルクへと下りていく順に表記しました。

カフェミストとスタバ ラテのランキング

ミルク全7種類のカロリーを、カフェミストとスタバ ラテを例にあげ、分かりやすく比較しまとめてみました。

カフェミスト(Shortサイズ)

  • 1位 無脂肪乳     56kcal
  • 2位 アーモンドミルク 63kcal
  • 3位 低脂肪乳     72kcal
  • 4位 豆乳       82kcal
  • 5位 オーツミルク   84kcal
  • 6位 通常ミルク    87kcal
  • 7位 ブレべミルク   280kcal

スタバ ラテ(Shortサイズ)

  • 1位 無脂肪乳     93kcal
  • 2位 アーモンドミルク 105kcal
  • 3位 低脂肪乳     121kcal
  • 4位 豆乳       139kcal
  • 5位 オーツミルク   142kcal
  • 6位 通常ミルク    148kcal
  • 7位 ブレべミルク   487kcal

同じカフェミストやスタバ ラテですが、ミルクを変えることによりカロリーもかなり違ってきましたね。

低カロリーの無脂肪乳と高カロリーのブレべミルクの差は、カフェミストでは224kcal、スタバ ラテでは394kcalでした。

カフェミストとスターバックス ラテのカロリー差はなんと170kcalです!

ドリンクの種類で変わるカロリー

同じドリンクでミルクも同じでもホットとアイスではアイスの方がカロリーが低いです。

例えば、スタバ ラテ(Tallサイズ)ホットのミルクは223kcalに対して、スタバ ラテ(Tallサイズ)アイスのミルクは125kcalで98kcalも違います。

ホットとアイスのカロリーの違いやほかのドリンクのミルクカロリーも興味が湧きますね。

そんな時は、下記のリンクから調べてみてくださいね!

スターバックスの成分表

表示された表はTallサイズから計算されています。

表の中の見たいドリンクを探して、各ミルクと項目の一番最初のエネルギー(kcal)のところを見ると分かるようになっています。

他にも糖分や栄養成分ものっているので、気になる項目を見ると面白いですよ。


スポンサードリンク

まとめ

今回は、スタバのミルクの変更・味やカロリーについてご紹介しました。

これで、ミルクを変更することに勇気を出せるといいですね。

それぞれのミルクには、特徴があるので好みもわかれると思います。

カスタマイズが好きな人は、ドリンクチケットが参加するだけでもらえる、ポイント制度のスターバックス リワードの利用がおすすめです。

味だけでなく、カロリーや健康志向により、ミルクを変更するといいでしょう。

勇気をだしてミルク変更をし、新しい発見を楽しんでくださいね。


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました