本田真凜 大学・高校情報!彼氏はいるの?引退はいつ?経歴も調査

スポーツ

この記事ではフィギュアスケート選手「本田真凜」さんの大学などの学歴やご家族について、また気になる彼氏情報をお伝えしています。

その他にもスケートを始めたきっかけや経歴についてもご紹介しています。

スケートの実力だけでなく、フィギュア界きっての美人としても注目される本田真凜さんについて、早速みていきましょう。


スポンサードリンク

本田真凜さんの大学・学歴

本田真凜さんはどんな学歴の持ち主なのか、プロフィールから出身校、家族や彼氏についてもみていきます。

プロフィール

氏名 本田真凜 (ほんだまりん)
生年月日 2001年8月21日
出身地 京都府
身長 163cm
血液型 A型
所属 日本航空、明治大学スケート部

大学などの学歴

ここでは、本田真凜さんの学歴についてご紹介します。

いったいどの学校を卒業しているのか、気になりますね。

出身大学

大学は、明治大学政治経済学部に進学しました。

明治大学は、東京都千代田区神田駿河台に本部を置く私立の大学です。

本田真凜さんはスポーツ推薦で入学しました。

明治大学には、同じフィギュアスケート選手でグランプリシリーズにも出場している樋口新葉さんがおられます。

樋口新葉さんの情報はこちら>>>

出身高校

卒業した高校は、青森山田高等学校です。

青森山田高校は、青森県青森市にある私立のスポーツ盛んな高校です。

ただ、本田真凜さんは元々、関西大学高等部に進学していました。

1年生修了してすぐ、練習拠点をアメリカに移すことを発表したと同時に転校することも公表しました。

青森山田高校は、本田真凜さんのような特例にも寛容な学校なのですね。

出身中学校

中学は、関西大学中等部です。

関西大学中等部は、大阪府高槻市にある私立の学校です。

中学生から主に国際大会に出場していたので、あまり通学できていませんでした。

それでもしっかり卒業をされているので、フィギュアスケートの合間を縫って勉強していたのですね。

出身小学校

小学校は、関西大学初等部を卒業していました。

本田真凜さんは小学校から関西大学系列で内部進学されていたのですね。

この頃すでにオリンピック出場を目標に定めていたと話しています。


スポンサードリンク

本田真凜さんの彼氏や家族

この投稿をInstagramで見る

 

本田真凜(@marin_honda)がシェアした投稿

ここでは本田真凜さんの彼氏情報と家族についてみていきます。

特に彼氏については気になるところです。

本田真凜さんに彼氏はいるの?

彼氏についてですが、現在(2021年)情報はありませんでした。

ただ、過去に同じフィギュアスケーターの田中刑事さんと交際しているのでは?と言われていました。

田中刑事さんの情報はこちら>>>

疑惑が浮上したのは2019年グランプリシリーズカナダ大会の時です。

乗っていたタクシーが事故に遭い、右脚を打撲するなどの怪我を負いました。

そこに同乗していたのが田中刑事さんで、なぜ他の選手も現地にいる中、二人きりだったのか。

このことから二人は付き合ってると推測されていました。

しかし、それ以降の情報はありませんし、大事な大会中にデートするなど考えられません。

信ぴょう性の薄さから事実ではないでしょう。

本田真凜さんの美貌であれば、今後の彼氏情報は自ずと出てくると考えられますので、その時を待ちましょう。

実家や家族の情報

家族構成は、父親、母親、姉、兄、妹二人の7人家族です。

父親は竜一さんといい、一般企業で役員を務めています。

これだけの大家族を支えるために、決死の努力で重責である役員にまで登り詰めたのですね。

母親は真紀さんで、専業主婦として子供たちを支えています。

家族インタビューで度々テレビに出ることもあり、美人との呼び声が高いです。

姉は6歳上の真帆さんといい、一般の方なので全く情報はありませんでした。

兄は太一さんで、3歳上のフィギュアスケーターでした。

2021年3月大学卒業と同時にスケートは引退され、都内の企業に新卒で入社されています。

妹二人は望結さんと紗来さんの言わずと知れたタレントでもあり、フィギュアスケーターです。

望結さんは4歳の時に芸能界デビューし、2011年「家政婦のミタ」に出演し、一躍人気子役となりました。

フィギュアスケートは3歳から始めており、関西大学主催の大会で小学3年生以下の部を優勝する実力です。

紗来さんは子役タレントとしてよく望結さんとバラエティ番組に出演しており、子供ならではの発言で世間を楽しませています。

スケートの実力もかなりのもので、2019年のチャレンジ杯で国際大会初優勝をしました。

家族仲はとても良くて、SNSに写真が多く上がっています。


スポンサードリンク

本田真凜さんの選手経歴

この投稿をInstagramで見る

 

kazuki tomono(@k0515ki)がシェアした投稿

教育熱心で子供想いの両親の元で産まれ育った本田真凜さん。

そんな本田真凜さんはどのような経緯でフィギュアスケートと出会い、どんな実績があるのでしょうか。

フィギュアスケート選手になったきっかけ

フィギュアスケートに出会ったのは2歳の時で、家族で地元のリンクへ遊びに行き、兄がハマったのに続いて真凜さんも一緒に習うようになりました。

他の習い事もチャレンジしましたが、唯一楽しみ取り組んだのがスケートだったのです。

ちょうどその頃トリノオリンピックが開催されており、荒川静香さんが金メダルを獲得しました。

それを見て「自分も荒川静香さんのようになりたい」と思い、選手を志します。

引退はいつ?

本田真凜さんの引退時期についてですが、本人は、大学卒業と同時に選手を引退すると匂わせ発言をしています。

女子フィギュアスケート界は若年化が進んでおり、近年のオリンピックメダリストも10代がほとんどです。

本田真凜さんは2021年現在20歳なので、現役選手としては正念場を迎えました。

これを考えると、やはり大学卒業と同時に引退となる可能性は捨てきれません。

ですので、なんとか2022年の北京オリンピックに出場してほしいですね。

経歴・エピソード

2歳から練習を重ね、2011年の全日本ノービス選手権 Bクラスに出場し、2位の好成績を収めました。

その結果から指定強化選手に選ばれ、翌年の同大会で優勝し、国際大会にも出場していきます。

2013~14シーズンからは全日本ジュニア選手権にも招待され、上の世代が多い中、5位と大健闘します。

2015~16シーズンにはジュニアクラスに移行し、主に国際大会に出場しました。

初参戦のジュニアクラスグランプリシリーズ コロラドスプリングスで2位、次のクロアチア杯で見事優勝し、ファイナル進出を決めます。

ファイナルでは3位となり、初参戦でこれだけの結果を残し、より一層スター候補として注目されるようになりました。

すると2016年世界ジュニア選手権を制覇したことで、その瞬間候補ではなく、スター選手の仲間入りを果たします。

翌シーズンも同様の活躍を見せ、次第にオリンピック候補に名乗りを挙げるまで成長を遂げました。

しかし、その後は怪我やコンディション不良が多く、思うような結果を残せずにいます。

次戦の全日本選手権に出場予定なので、そこで結果を残し、以前の本田真凜さんを取り戻して欲しいですね。

主な戦績

幼少期から選手を志し、オリンピック出場を目論んで活躍してきた本田真凜さん。

その主な戦績は以下の通りです。

  • 2012年 全日本フィギュアスケートノービス選手権 Bクラス 優勝
  • 2013年 アジアフィギュア杯 ノービスクラス 2位
  • 2014年 全日本フィギュアスケートノービス選手権 Aクラス 2位
  • 2015年 ISUジュニアグランプリ コロラドスプリングス 2位
  • 2015年 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯 優勝
  • 2015年 ISUジュニアグランプリファイナル 3位
  • 2016年 世界ジュニアフィギュアスケート選手権 優勝
  • 2016年 ISUジュニアグランプリ 横浜 2位
  • 2016年 ISUジュニアグランプリ リュブリャナ杯 2位
  • 2017年 世界ジュニアフィギュアスケート選手権 2位
  • 2020年 ババリアンオープン 2位

ジュニアクラス時代までの戦績は素晴らしく、トップ選手と呼べる活躍をしていますね。

しかし、シニアクラス移行後は体調面の不良や、怪我などがあり思うような結果が残せていません。

2021年〜22年シーズンには期待したいです。


スポンサードリンク

まとめ

今回は、「本田真凜 大学情報!彼氏はいるの?引退はいつ?経歴も調査」と題してご紹介しました。

大学卒業のタイミングで引退を考えている感じなので、あと1〜2年で演技が見れなくなるのは少し寂しいですね。

彼氏情報は確実にモテるはずなので、引退をしてから出てくるはずです。

今後の動向に注目しましょう。


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました