石原奈央子の学歴や経歴を紹介!出身高校や大学情報(東京五輪射撃クレー(女子))

東京五輪射撃クレー代表の石原奈央子さん。

職業は神社の神主で、1300年の歴史を持つ「古峰神社」で働いています。

今回は、石原奈央子の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪射撃クレー(女子))をご紹介します。


スポンサードリンク

石原奈央子さんの学歴・出身校

石原奈央子さんは、どこの出身でどんな学校に通っていたのでしょう。

ここでは、学歴のほかに家族情報についても書いていきます。

石原奈央子さんのプロフィール

  • 氏名:石原奈央子(いしはらなおこ)
  • 生年月日:1974年10月22日
  • 出身地:栃木県鹿沼市
  • 身長:158cm
  • 体重:66キロ
  • 血液型:O型

石原奈央子さんの学歴・出身校

 

この投稿をInstagramで見る

 

SEVスポーツ(@sev_sports)がシェアした投稿


石原奈央子さんの出身大学は、昭和女子大学です。

昭和女子大学では、現在の歴史文化学科の前身の日本文化史学科を専攻していました。

昭和女子大学は、グローバルに活躍できる女性を育てています。

キャンパス内には、英語学習や異文化交流できる施設が多くあり、夏の休暇を使って留学することもできます。

そのあとは、実家の神社を注ぐために神職の資格を取るために國學院大学とイギリスのアングリア・ラスキン大学へ進学しました。

石原奈央子さんの出身高校は、東京都の純心女子学園高等学校です。

純真女子高等学校は、キリスト教のカトリックの文化を持っている学校です。

生徒は、「ブラジルキャンペーン」というブラジルにある純心聖母会福祉施設に文房具や服を送る活動をしています。

石原奈央子さんの出身中学は、情報がありませんでした。

東京都の出身とメディアでは書かれていますが、栃木県鹿沼市が故郷です。

実家の場所から考えて、鹿沼市立鹿沼西中学校ではないかと思います。

出身小学校も、情報がありませんでした。

石原奈央子さんの実家の場所から1番近いのが、鹿沼市立西大芦小学校です。

ですので出身小学校は、鹿沼市立西大芦小学校の可能性が有ります。

石原奈央子さんの子供時代とご家族情報

石原奈央子さんの家族構成は、父親、母親、姉、奈央子さん、妹の5人家族です。

父親は、石原敬士さん。

敬士さんも射撃で2度オリンピックに選ばれたことがある人です。

しかし、日本クレー射撃協会の不祥事により2大会五輪出場ができなくなりました。

そのあとのモントリオール五輪では、現財務大臣の麻生太郎さんとの代表選で敗れて、オリンピックに出ることができませんでした。

そのことから、「最もついていない男」「幻の五輪選手」と言われていました。

その後、リオ五輪では奈央子さんと一緒に出場を果たしました。

母親については情報がありませんでした。

しかし、自分の娘が銃を持つことには心配だったと思います。

姉と妹についても情報は公開されていませんでした。

父親の敬士さんが射撃選手ですので、家の近くには射撃練習場がありました。

しかし、2人の姉妹は射撃をやっていません。

銃を持つことが怖かったのではないかと感じます。

日本では20歳以上にならないと、銃を持てません。

子供の頃から、銃を打てていたなら2人の姉妹も五輪選手になっていたかもしれません。


スポンサードリンク

石原奈央子さんの経歴

次は、石原奈央子さんの経歴をみていきましょう。

クレー射撃は、日本でも練習できる施設が少ないですし、どこでクレー射撃と出会ったのか気になります。

クレー射撃との出会い

石原奈央子さんがクレー射撃に出会ったのは、小学校のころです。

父親の敬士さんがクレー射撃の選手でしたし、祖父もクレー射撃をやっていました。

なので、家の近くにクレー射撃練習場があり、石石原奈央子さんの近くにはいつも銃があり「いつかやってみたい」と思っていました。

経歴・エピソード

クレー射撃に興味があった石原奈央子さん。

しかし、すぐにクレー射撃をすることはできませんでした。

日本では、猟銃は20歳、空気銃は18歳から扱うことが出来ると法律で決められているからです。

石原奈央子さんが、クレー射撃の免許を取ったのが23歳の時でした。

実家の神社を継ぐために免許を取った後も大学に通い、本格的にクレー射撃をやり始めたのは33歳の時でした。

2007年に初めて全国大会に出場しますが、結果は散々なものでした。

石原奈央子さんは「絶対に上手くなってやる」と心に決め、さらに練習に励みます。

オリンピック選手である父親に教えてもらい、時にケンカしながらも2016年にはリオ五輪に出場をしました。

リオ五輪の時、石原奈央子さんの年齢は41歳です。

リオ五輪では予選18位に終わり、決勝の舞台にはまだ立つことができていません。

主な戦績

石原奈央子さんの主な戦績です。

2016年 リオ五輪 予選18位

2018年 アジア大会 7位

2019年 アジア選手権 7位

正直クレー射撃に年齢の高い選手がいたことにびっくりしました。

よく調べるとクレー射撃は動体視力ではなく、メンタルスポーツなので世界的にも年齢が高い選手が多いんだなと思いました。

今クレー射撃はアジア圏のレベルが高く、日本人の優勝も何年も遠ざかっています。

そのなかで、東京五輪には石原奈央子さんも出るのでハイレベルな試合になりそうですね。


スポンサードリンク

まとめ:石原奈央子さんの学歴・出身校と経歴

今回は、石原奈央子の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪射撃クレー(女子))について紹介しました。

自分の性格をおおらかで雑だと話していた石原奈央子さん。

神社の生まれで、クレー射撃をしているのは世界で見ても石原奈央子さんだけでしょう。

石原奈央子さんは、いろんな人に射撃の良さを知ってもらいたいと話しています。

その理由は、何歳になってもできるからです。

そのことを自分の行動を教えてくれる石原奈央子さんが、東京五輪の舞台で輝く姿を世界中の人が注目しています。


スポンサードリンク