「フクヒロペア」でおなじみのダブルス世界ランキング1位まで上り詰めた福島由紀さん。

美人アスリートとしても注目の選手で、学生時代やこれまでの経歴が気になりますよね。

この記事では、福島由紀さんの学歴や経歴を紹介していきます。


スポンサードリンク

福島由紀さんの学歴・出身校

ここからは、学歴や出身校を紹介していきます。

世界ランキング1位にまで上り詰めた福島由紀さんはどのように歩んできたのでしょう。

福島由紀さんのプロフィール

  • 氏名:福島由紀
  • 生年月日:1993年5月6日
  • 出身地:熊本県八代市出身
  • 身長:164センチ
  • 体重:57kg
  • 血液型:B型

福島由紀さんの学歴・出身校

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Fukushima(@yuki.xx1)がシェアした投稿

福島由紀さんの最終学歴は青森山田高校卒業です。

もともとは、地元の高校での進学を考えていたようですが、バドミントンの強豪高校である青森山田高校にスカウトされました。

当時はバドミントンでは無名だった福島由紀さんをスカウトする青森山田高校のスカウト力はすごいですね。

スカウトされた後、実際に青森山田高校の練習を見に行きました。

「ここでなら強くなれる」と感じ、両親を説得し青森山田高校への進学を決めました。

中学校は坂本中学校を卒業しています。

部活動はバドミントン部に所属し練習に励みました。

1学年上にはバドミントン日本代表の田中志穂さんがいました。

小学校は久多良木小学校を卒業しています。

田舎の小学校ということもありクラブ活動は野球とバドミントンのみでした。

数少ないクラブ活動の中にあるほどバドミントンが盛んな地域でもありました。

福島由紀さんの子供時代とご家族情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Fukushima(@yuki.xx1)がシェアした投稿

家族は両親と6歳年上の姉がいます。

小さいときから走るのが大好きな子供で、いつも走りまわっていました。

性格はとにかく負けず嫌いで頑固な性格で、6歳年上のお姉さんに負けることをとにかく悔しがっていました。

バドミントンで福島由紀さんは活躍していますが、家族皆スポーツ選手という家庭ではありませんでした。


スポンサードリンク

福島由紀さんの経歴

バドミントンの強豪校に進学した福島由紀さん。

ここからは、バドミントンでの活躍を紹介していきます。

バドミントンとの出会い

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Fukushima(@yuki.xx1)がシェアした投稿

バドミントンは6歳年上のお姉さんの影響で小学2年生から始めて、小学校にあったバドミントンクラブに所属しました。

負けず嫌いな性格もあり、当時から熱心に練習に励みました。

そして、小学生時代に全国大会に出場しまして、団体戦で準優勝の結果となり、バドミントン・マガジンで紹介されるほどでした。

この負けず嫌いな性格が今の福島由紀さんの強さにつながっているのでしょう。

経歴・エピソード

中学校3年生のときに全国中学バドミントン大会に出場して、全国大会ではベスト16に進出する結果でした。

準々決勝で敗退した相手は、リオ五輪のバドミントン(シングルス)において日本人初のメダルを獲得した奥原希望さんでした。

バドミントン強豪校の青森山田高校からスカウトされ進学し、更にハードな練習を行いました。

高校3年生のときに全国高等学校バドミントン大会に出場し、女子団体及び女子ダブルスで優勝を果たしました。

女子シングルスでは奥原希望さんと対戦しましたが敗れる結果となりました。

高校在学中にはU-19バドミントン日本代表にも選出され、世界ジュニア選手権ではダブルスでベスト8進出を果たしました。

高校卒業後はルネサステクノロジに入社し、同社のバドミントン部に所属しました。

元々はシングルスを中心に活躍していましたが、実業団に入ってからはダブルスでの活躍が目立ち始めました。

2015年にルネサスバドミントン部が再春館製薬所に譲渡されたことにより、再春館製薬所バドミントンチームのメンバーとなりました。

そこで、現在もダブルスでペアを組んでいる廣田彩花さんと初めてコンビを組みました。

グランプリ大会シリーズのスコットランド大会で「フクヒロコンビ」で初の国際大会優勝を飾りました。

2017年には世界選手権で準優勝するなど一気にブレイクを果たしました。

世界バドミントン連盟からは「その年に最も活躍した選手」にも選ばれました。

2018年には慕っていたコーチのチーム移籍に伴って、コーチを追いかける形でトリッキーパンダーズ(現:アメリカンペイプ岐阜)へ移籍しました。

移籍後も活躍は続き、アジア選手権で優勝するなど成績をどんどん上げていきました。

この年、女子ダブルスの世界ランキングで1位に輝きました。

2020年には全英オープンで優勝するなど、東京五輪での金メダルの有力候補としてて注目が高まっています。

主な戦績

女子ダブルスにて

・ニュージーランドオープン優勝

・世界選手権準優勝

・全英オープン優勝

などなど、輝かしい成績を収めています。

負けず嫌いで練習熱心な福島由紀さん。

女子ダブルスにおいて輝かしい成績を出し続けています。

現時点では東京五輪には内定しておりませんが、金メダル候補として注目されている選手です。

今後の活躍からも目が離せませんね。


スポンサードリンク

まとめ:福島由紀の学歴・出身校と経歴

今回の記事ではバドミントン女子ダブルスの「フクヒロコンビ」で有名な、福島由紀さんの学歴・出身校と経歴を紹介してきました。

これまでに、全英オープンを優勝するなど輝かしい成績を収め続けており、世界ランキング1位にまで上り詰めていますね。

今一番乗りに乗っているバドミントン選手と言ってもいいでしょう。

女子ダブルスペアの廣田彩花さんとともに五輪出場の切符を手にしてメダルを獲得してくれるように期待しましょう。


スポンサードリンク