本多 灯の学歴や経歴を紹介!出身高校や大学情報(東京五輪競泳200mバタフライ(男子)) 

東京五輪競泳200mバタフライ(男子)の本多 灯さんは、強いキックと後半の追い上げが特徴の選手です。

そんな本多 灯さんは、どんな経歴でどこの出身なんでしょうか。

そこで本多 灯さんの学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪競泳200mバタフライ(男子))をご紹介します。


スポンサードリンク

本多 灯さんの学歴・出身校

本多 灯さんはどのような学歴の持ち主なのか、プロフィールから出身校、家族構成、子供の頃のエピソードについて見ていきましょう。

本多 灯さんのプロフィール

  • 氏名:本多 灯 (ほんだともる)
  • 生年月日:20011231
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 身長:173
  • 体重:75
  • 血液型:B

本多 灯さんの学歴・出身校


本多 灯さんは、日本大学スポーツ科学部に在学中です。

日本大学水泳部は1927年創部の名門で、本多 灯さんの他、長谷川涼香さん、関 海哉さん、池江璃花子さん、小堀倭加さんといった東京五輪内定選手が在籍しています。

高校は日本大学藤沢高等学校を卒業しました。

同校は神奈川県藤沢市にある私立高校で、その名の通り日本大学の付属高校です。

日大藤沢高校水泳部は、インターハイ、ジュニアオリンピック、国体などに連続出場する強豪です。

また女優の井上真央さんの出身高校でもあります。

出身中学は鶴見大学附属中学校です。

鶴見大学附属中学校は、横浜市鶴見区にある仏教系の私立の中高一貫校です。

元々は女子高でしたが、2008年に共学となっています。

調べたところでは、同校は水泳の強豪校というわけではなく、水泳部の活動も現在は停止されています。

小学校は横浜市立二つ橋小学校を卒業しています。

二つ橋小学校は、横浜市瀬谷区にある公立小学校です。

本多 灯さんの子供時代とご家族情報

この投稿をInstagramで見る

Tomoru Honda(@tomoru_hnd0096)がシェアした投稿


本多 灯さんの子供時代や家族について調べてみましたが、プライベートな情報はあまり公開されていませんでした。

家族構成は両親と兄2人の5人家族で、母親の名前は聡子さんといいます。

灯(ともる)という名前は、「周りを明るく照らすような存在になってほしい」という思いを込めて両親がつけたものです。

また、東京五輪代表入りが内定した際は、兄達から祝福のメッセージが届き、長兄から「好きなものを買ってやるから考えておけよ」と言われたと語っています。

兄弟仲の良さが伝わるエピソードですね。


スポンサードリンク

本多 灯さんの経歴

本多 灯さんは、中学の頃から本格的にバタフライに取り組むようになり、全国大会等で成績を残すようになっています。

そんな本多 灯さんは、どのような経緯で競泳と出会い、どのような実績があるのでしょうか。  

競泳との出会い

この投稿をInstagramで見る

読売新聞(@yomiuri_news)がシェアした投稿


本多 灯さんは、兄の影響で3歳から大和スイミングクラブ(2007年閉鎖)で水泳を始めました。

5歳からは、同じく大和市のアリーナつきみ野スポーツクラブに移っています。

経歴・エピソード

本多 灯さんは小学校から現在まで一貫して、アリーナつきみ野スポーツクラブに所属しています。

小学生の頃は目立った活躍が見られなかった本多 灯さんですが、中学になると成績が伸びだします。

中学3年の2016年の全国中学校競技大会では、400m自由形と200mバタフライで準優勝になっています。

また、ジュニアオリンピックにも出場しています。

高校は水泳の強豪校である日大藤沢高校に移り、さらに成績を伸ばしていきます。

高校時代は、毎年のように国民体育大会に出場し、自由形やバタフライ、メドレーリレーなどで優勝または準優勝をしています。

また高校3年の初夏には、憧れの瀬戸大也さんと欧州グランプリを転戦しています。

その後、世界ジュニア選手権に出場し、銀メダルを獲得しています。

そして日本大学スポーツ科学部に進学した2020年には、競泳国際リーグ(ISL)に出場する「東京フロッグキングス」(北島康介GM)に参加するチャンスと出会います。

このISLでの1ケ月は、世界トップクラスの選手たちと戦い、世界と自分の差がを実感する良い機会となりました。

主な戦績


2020年4月に大学生となった本多 灯さんは、コロナ禍で思うような練習や試合が出来ない中でも、多くの記録を残しています。

その戦績は、202010月の日本学生選手権では、200mバタフライと400m個人メドレーで優勝、12月の日本選手権では、200mバタフライで優勝、400m個人メドレーで優勝、20211月の「北島康介杯」では、200mバタフライで優勝しています。

そして20214月、東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権では、自己ベストである15488というタイムで、憧れの瀬戸大也さんを抑えて優勝、東京五輪選手に内定しています。

現在19歳という若さですので、まだまだ成長が期待できる選手です。


スポンサードリンク

まとめ:本多 灯の学歴・出身校と経歴

今回は、本多 灯 の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪競泳200mバタフライ(男子))についてご紹介しました。

ずっと背中を追いかけてきた瀬戸大也さんに勝利し、小さい頃から憧れていた五輪代表に内定した本多 灯さん。

しかしこの時のタイムでは五輪での表彰台は狙えないと、更なる高みを目指しています。

自ら「名前の通り明るく日本中を沸かしたい」と語る本多 灯さんは、若干19歳という伸び盛りです。

その名の通り、これからの日本競泳界を明るく「灯し」、世界で活躍する選手となることを期待したいと思います。


スポンサードリンク