マヂカルラブリー 野田クリスタル・村上の高校はどこ?芸人のきっかけや経歴も調査

お笑い芸人

この記事ではお笑い芸人【マヂカルラブリー】の野田クリスタルさんと村上さんの出身高校や経歴について、またコンビ結成のいきさつやお笑い芸人になるきっかけなども紹介しています。

ほぼ言葉を発さずに舞台上を駆け回る野田クリスタルさんと、それを実況する村上さんの掛け合いは「これは漫才なのか?」論争を巻き起こすほどのインパクトを与えました。

2020年のM-1グランプリ王者に輝いた後は多くの番組に出演し、ロケもトークもこなせるコンビとして重宝されています。

ラジオのパーソナリティーやゲーマーとしても人気で、ネタとは違う一面が見られると評判を呼び、お笑い以外のファンも獲得しました。

マヂカルラブリーが気になる方、プロフィールを知りたい方、お笑い好きの方はぜひこの記事をチェックしてみてください。


スポンサードリンク

【マヂカルラブリー】 の結成


マヂカルラブリーは吉本興業に所属のお笑い芸人で、ボケ担当の野田クリスタルさんと、ツッコミ担当の村上さんのコンビです。(ラップネタではボケとツッコミが逆転)

ピン芸人として舞台で活動していた野田クリスタルさんに、その才能に惚れ込んでいた村上さんが出待ちをして声をかけ、2007年に結成されました。

M-1グランプリには結成後からエントリーしていましたが、2017年に初めて決勝進出した際には最下位に沈み、審査員の上沼恵美子さんから酷評されて涙を流しています。

3年後の2020年には見事M-1王者となって雪辱を果たし、「やっと2017年の呪いが解けた」とインタビューで語ったことが話題になりました。

床に寝そべるなど、漫才らしからぬネタも多いことから「床芸人」だとも称されますが、ブレイク後はテレビ出演も増え、ネタとは違った二人の男気ある一面を見せて新たなファンを増やしています。

また、野田クリスタルさんはゲームや筋トレ、村上さんはネット恋愛バラエティのMCを務めるなど、ピンでも幅広く活動しています。


スポンサードリンク

【マヂカルラブリー】 野田クリスタルの出身高校・経歴

高校時代はスキンヘッドにスリムな体型で、今とは異なる近寄りがたい雰囲気をかもし出していた野田クリスタルさん。

どのような学歴の持ち主なのか、プロフィールや芸人になったきっかけ、経歴について見ていきましょう。

野田クリスタルさんの学歴・出身校

高校時代にはテレビ出演後、なぜか友達が減ってしまったと嘆く野田クリスタルさん。

どのような学歴やエピソードを持っているのかを紹介します。

学歴・出身校

野田クリスタルさんの学歴を大学から小学校まで順に紹介します。

出身大学

野田クリスタルさんは、大学には進学していません。

高校時代からテレビのお笑い番組に素人として出演し、お笑い界では少し名の知れた存在だったため、高校卒業後は郵便局でバイトをしながら、芸人として活動していました。

学園祭に呼ばれることも多く、大学生ではなかったけれど、たくさんの大学に行ったことがあるとも語っています。

出身高校

野田クリスタルさんの出身高校は、神奈川県立六ツ川高等学校(現:神奈川県立横浜国際高等学校)です。

横浜市南区にあった中堅の県立高校で、情報科学コースを持つ当時では数少ない高校でした。

2008年に神奈川県立外語短期大学附属高等学校と共に併合され、その歴史を閉じています。

野田クリスタルさんは1年生の時にバラエティ番組『学校へ行こう!』内の企画「第1回お笑いインターハイ」に中学時代の同級生とコンビで出場し、優勝しています。

これがきっかけで部活もやめ、お笑いライブのオーディションを受けるようになりました。

ライブの日は学校に「仕事に行きます」と告げて休み、高校生活の後半はあまり授業にも出ていなかったと明かしています。

学校名神奈川県立六ツ川高等学校
(現:神奈川県立横浜国際高等学校)
学科・コース
偏差値
所在地〒232-0066 神奈川県横浜市南区六ツ川1-731
最寄り駅弘明寺駅・・京浜急行電鉄(本線)
公式サイトHP
著名な卒業生
出身中学校

野田クリスタルさんの出身中学校は、横浜市立六ツ川中学校です。

横浜市南区の住宅街にあり、吹奏楽部の強豪校として有名で、横浜吹奏楽コンクールで金賞を受賞したこともあります。

野田クリスタルさんは漫画『SLAM DUNK』の桜木花道に憧れ、バスケットボールに所属していました。

当時のことを「とにかくダンクシュートがしたくて、ジャンプ力を鍛えるには何をすればいいのかばかり考えていた」と振り返っています。

ストイックに自分を追い込むことで知られる野田クリスタルさんですが、少年時代からその片鱗を見せていたのですね。

一方、当時は珍しかったインターネットにもハマり、夜はネット漬けの日々だったとも語っています。

俳優の中村優一さん、元AKB48の久保怜音さんも、この学校の卒業生です。

学校名横浜市立六ツ川中学校
学科・コース
偏差値
所在地〒232-0066 横浜市南区六ツ川3-81-11
最寄り駅弘明寺駅・・京浜急行電鉄(本線)
引越坂バス停・・神奈川中央交通バス(東01線)
横浜パークタウンバス停・・神奈川中央交通バス(東01線)
公式サイトHP横浜市立六ツ川中学校
著名な卒業生中村優一・久保怜音(元AKB48)
出身小学校

野田クリスタルさんの出身小学校は、横浜市立六つ川台小学校です。

出身の六ツ川中学校の東約200mに位置しており、六ツ川地区の児童数増加を受けて1976年に設立されました。

野田クリスタルさんは明るく、派手なジェスチャーやギャグでクラスのみんなを笑わせる人気者でした。

当時からお笑いも好きで、ダウンタウンの松本人志さんが好きだったとインタビューに答えています。

野田クリスタルさんがピン芸で見せる、少しひねったシニカルな芸風は、松本人志さんの影響を受けたのかもしれません。

学校名横浜市立六つ川台小学校
学科・コース
偏差値
所在地〒232-0066 横浜市南区六ツ川3-65-9
最寄り駅弘明寺駅・・京浜急行電鉄(本線)
引越坂バス停・・神奈川中央交通バス(東01線)
横浜パークタウンバス停・・神奈川中央交通バス(東01線)
公式サイトHP横浜市立六つ川台小学校
著名な卒業生

プロフィール

芸名野田クリスタル(のだくりすたる)
本名野田 光(のだ ひかる)
生年月日1986年11月28日
出身地神奈川県横浜市南区六ツ川
身長178cm
体重60kg
血液型A型
立ち位置向かって左

野田クリスタルさんの芸人経歴

自身がプロデュースしたトレーニングジムが吉本東京本社のすぐ近くにあり、マネージャーがみんなマッチョになってしまったと語る野田クリスタルさん。

どのような経歴があるのかを見ていきましょう。

芸人になったきっかけ

野田クリスタルさんは、昼間はバスケ、夜にはインターネット掲示板への投稿やプログラミングにハマる、文武両道の中学生でした。

中学卒業後に同級生とコンビ「セールスコント」を結成し、バラエティ番組『学校へ行こう!』のコーナー「第1回お笑いインターハイ」で、5,000組の参加者の中から見事に優勝を飾ります。

それをきっかけに新宿のインディーズ劇場に出演するようになり、業界では知られた存在となりました。

セールスコントはほどなく解散し、ネットの掲示板で出会った相方と「役満」を結成、吉本興業のオーディションに合格して、わずか16歳でプロの芸人となったのでした。

芸人経歴

2年後の2005年に役満を解散後、新たに「アンビシャス」を結成しますが、2ヶ月後に相方が失踪し、舞台に穴をあけてしまい解散となります。

同時に芸名を本名から「野田クリスタル」に改め、ピン芸人として活動を開始します。

「観客が笑うよりも、自分が納得できる笑いを突き詰めよう」と考えてシュールなネタに取り組み、一般観客にはウケないが、芸人仲間からは異常な支持を集める状態となりました。

当時、NSCの講師は「野田クリスタルの芸は新しすぎるので、真似しないように」と“野田クリスタルっぽいのは禁止令”を出したとの逸話も残っています。

その後、野田クリスタルさんの芸風に惚れ込んだ村上さんからコンビ結成の誘いを受け、マヂカルラブリーが誕生したのでした。

2020年には史上初のM-1、R-1同時王者という快挙を成し遂げ、20年近く自負してきた「地下芸人」からの卒業となりました。

理論派としても知られ、独学で学んだプログラミング技術を生かしたゲーム「野田ゲー」シリーズには熱狂的なファンがおり、動画サイトも人気です。

また、同居しているハムスターの”はむはむちゃん“との生活をSNSで公開し、意外な一面を見られると好評です。


スポンサードリンク

【マヂカルラブリー】 村上の出身高校・経歴


ブレイクするまで住んでいた高円寺を愛し、街中を知りつくしていることから、”高円寺の神”という異名を持つ村上さん。

どのような学歴の持ち主なのか、プロフィールや芸人になったきっかけ、経歴について見ていきましょう。

村上さんの学歴・出身校

自衛隊直伝の体操で7kgも痩せたのに誰にも気づかれず、「ゆるやかに痩せているから」と悲しいコメントを残してしまう村上さん。

どのような学歴を持っているのか、またエピソードについて紹介します。

学歴・出身校

村上さんの学歴を大学から小学校まで順に紹介します。

出身大学

村上さんの出身大学は、法政大学 文学部 日本文学科です。

東京都千代田区に本部を置く総合私立大学で、15学部を持ちます。

文学部は夏目漱石の門下生らによって1922年に創設されました。

村上さんは、お笑いサークル「HOS」に入会し、コンビとトリオの二つを掛け持ちするという熱の入れようでした。

自身の芸のことだけでなく、他のメンバーへのアドバイスをするなど面倒見がよいことから、サークル内ではカリスマと呼ばれ、周りの信頼も厚かったと当時のメンバーから証言されています。

ハナコの菊田竜大さん、実演販売士のレジェンド松下さんも、この学校の出身です。

学校名法政大学
学科・コース文学部 日本文学科
偏差値57.5~65
所在地〒102-8160東京都千代田区富士見2-17-1
※市ヶ谷キャンパス
最寄り駅市ヶ谷駅・・JR(中央線・総武緩行線)、東京メトロ(有楽町線、南北線)、都営地下鉄(新宿線)
大江戸飯田橋駅・・R(中央線・総武緩行線)、東京メトロ(有楽町線、南北線、東西線)、都営地下鉄(新宿線)
公式サイトHPhttps://www.hosei.ac.jp/
著名な卒業生菊田竜大(ハナコ)・レジェンド松下(実演販売士)
出身高校

村上さんの出身高校は、愛知県立新城東高等学校です。

1972年に県立新城高等学校の普通科を分離する形で設立され、「クラスマッチ」と呼ばれるクラス対抗のスポーツ大会が学校の名物イベントでした。

地域の生徒数減少に伴い、県立新城高等学校に再び統合され、県立新城有教館高等学校の設立により2020年3月にて閉校となりました。

村上さんはソフトテニス部に所属し、明るい性格で女子にも人気がありました。

また、クラスでもみんなを引っ張る兄貴分で、文化祭で披露した演劇では演出を務めるなど、リーダーシップを発揮しています。

学校名愛知県立新城東高等学校
※2020年3月閉校
学科・コース
偏差値
所在地〒441-1301 愛知県新城市矢部字広見100
最寄り駅茶臼山駅・・JR(東海飯田線)
旧新城東高校バス停・・豊鉄バス(新豊線、田口新城線)
公式サイトHP
著名な卒業生
出身中学校

村上さんの出身中学校は、鳳来町立鳳来中学校(現:新城市立鳳来中学校)です。

愛知県新城市のほぼ中央に位置し、西側には市が設営した総合運動施設「ふれあいパークほうらい」があります。

村上さんは、大学生の時に教育実習のため、母校であるこの中学校に来ています。

また、後輩たちが東京の劇場に観劇に訪れたこともあり、その時のことを「そっけない態度をとってしまったけど本当はとてもうれしかった」とつぶやいています。

学校名鳳来町立鳳来中学校
(現:新城市立鳳来中学校)
学科・コース
偏差値
所在地〒441-1634 愛知県新城市長篠字仲野1
最寄り駅本長篠駅・・JR(飯田線)
公式サイトHP新城市立鳳来中学校
著名な卒業生
出身小学校

村上さんの出身小学校は、鳳来町立鳳来中部小学校(現:新城市立鳳来中部小学校)です。

1969年に旧鳳来町の2つの小学校を統合して設立され、地域に根付いた小学校として親しまれています。

村上さんは当時から体格がよく、体重は平均を上回る生徒でした。

おやつが食べられなくなると心配した村上さんは、学校で行われた健康診断の結果をすべてランドセルに隠していたと明かしています。

今でも落ち着いた印象の村上さんですが、当時から頭の回転が速く、お茶目な子供だったのですね。

学校名鳳来町立鳳来中部小学校
(現:新城市立鳳来中部小学校)堀越高等学校
学科・コース
偏差値
所在地〒441-1634 愛知県新城市長篠字竹田14
最寄り駅本長篠駅・・JR(飯田線)
長篠城駅・・JR(飯田線)
鳳来中部小学校前バス停・・豊鉄バス(田口新城線)
公式サイトHP新城市立鳳来中部小学校
著名な卒業生

プロフィール

芸名村上(むらかみ)
本名鈴木 崇裕(すずき たかひろ)
生年月日1984年10月15日
出身地愛知県新城市
身長181cm
体重100kg
血液型O型
立ち位置向かって右

村上さんの芸人経歴

毎年「今年は結婚します!」と宣言し、野田クリスタルさんにあきれられている村上さん。

どのような経歴があるのかを見ていきましょう。

芸人になったきっかけ

村上さんは小学生の頃からクラスの人気者で、人を笑わせることが好きな少年でした。

高校生の時に文化祭で友人と漫才を披露し、ウケたことがきっかけで「お笑い芸人になる」と周りに宣言します。

しかし、当時相方を務めた同級生からは「絶対無理」と言われ、それが余計に芸人になるという闘志を燃やすことになりました。

法政大学に入学後、お笑いサークル「HOS」で結成したトリオ「コバヤシーン」は2004年と2005年の大学お笑いサークル全国大会で連覇を果たしています。

また、お笑いライブにもよく足を運んでおり、すでにプロ芸人だった野田クリスタルさんの芸に惚れ込み、大学の文化祭にゲストとして呼ぶなど、精力的に活動していました。

大学を卒業してプロの芸人になろうと先輩芸人に相談したところ、「面白いピン芸人がいる」と名前が挙がったのが野田クリスタルさんでした。

村上さんは知人を介して野田クリスタルさんに「組みたがっている奴がいる」と伝えてもらい、ライブの出待ちをして声をかけ、マヂカルラブリーが誕生しました。

コンビ名は「二人とも大柄で男臭いので、せめて芸名ぐらいはかわいいのにしよう」と、それぞれが最もかわいいと思う言葉を組み合わせて作ったものだ、と村上さんは語っています。

芸人経歴

マヂカルラブリー結成後は主にインディーズライブで活動し、実力が認められて野田クリスタルさんの所属事務所であった吉本興業へ正式に所属となります。

この頃に芸名を「鈴木ぶっかけ」から、自身が好きだと言うマンガ『東京大学物語』の主人公にあやかり「村上」に改名しています。

M-1グランプリにも結成直後の2007年から連続して出場し、準決勝進出の常連となりながらもバイトを続けないと生活できない状態が続きました。

また、NSC出身者が大半を占める吉本興業ではなかなか出番に恵まれず、「地下芸人」を自称する時期もありました。

2007年のM-1グランプリ決勝での最下位は心に大きな傷を負いましたが、腐ることなく劇場でのライブをこなし、2020年のM-1グランプリで見事に雪辱を果たしました。

「個性の強い野田クリスタルを生かせるのは村上しかいない」と言われ、ラジオ番組でのトークの評価も高い村上さんは、ハイトーンだけど落ち着いた口調を生かしてナレーションの仕事も多くこなしています。


スポンサードリンク

まとめ

今回は、マヂカルラブリーの学歴や経歴、芸人になったきっかけについてご紹介しました。

M-1グランプリでの酷評や「漫才なのか論争」で意図せず注目を浴びた二人ですが、自分のやるべきことをきちんとこなし、今ではテレビで見ない日はないほどの人気者となりました。

「自分が面白いことをしていたい」と尖っていた野田クリスタルさんと、学生時代からその才能に惚れ込み、片思いの末にコンビ結成をした村上さんの熱意は、今の漫才スタイルにも表れています。

厳しい審査員を前に「どうしても笑わせたい人がいる男です」と切り込み、見事にM-1王者に輝いた二人は、これからもその芯の強さで新たな笑いを届けてくれることでしょう。


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました