村上宗隆の学歴や経歴を紹介!出身高校や大学情報(WBC2023)

野球

プロ野球セ・リーグの東京ヤクルトスワローズに所属している村上宗隆さん。

2022年には史上最年少の三冠王となるなど、今最も注目されている選手の一人です。

そんな村上宗隆さんはどのような少年時代を送ってきたのでしょうか。

村上宗隆さんの学歴や経歴を順に見ていきましょう。

WBC2023出場選手一覧はこちら>>>


スポンサードリンク

村上宗隆さん 学歴・出身校

抜群の安定感と豪快なスイングで「村神様」の愛称で親しまれている村上宗隆さん。

村上宗隆さんの出身校とそれぞれの特徴を、大学から小学校の順にご紹介します。

村上宗隆選手の嫁についてはこちら>>>

出身大学情報

村上宗隆さんは大学には進学していません。

高校を卒業後、ドラフト1位で東京ヤクルトスワローズに入団しています。

高校時代から「すごい長打力の選手がいる」と有名だった村上宗隆さんは、高校卒業と同時にプロ野球選手になると決めていましたので、大学進学は検討しなかったのではないでしょうか。

出身高校情報

村上宗隆さんの出身高校は、私立九州学院高等学校です。

熊本市中央部にある中高一貫校で、キリスト教系の学校として知られています。

運動系の部活動も盛んで、特に硬式野球部は甲子園出場の常連校として知られ、多くのプロ野球選手を輩出しています。

阪神タイガースの島田海吏さん、俳優の高良健吾さん、お笑い芸人「からし蓮根」の杉本青空さん、伊織さんもこの学校の卒業生です。

学校名私立九州学院高等学校
学科・コース普通科
偏差値59~62
所在地〒862-8676 熊本県熊本市中央区大江五丁目2番1号
最寄り駅交通局前駅・・熊本市電(A系統・B系統)
九州学院前バス停・・九州産交バス、熊本電鉄バス、熊本バス、熊本都市バス
公式サイトHPhttps://kyugaku.ed.jp/hs/
著名な卒業生島田海吏(プロ野球選手)・杉本青空、伊織(からし蓮根)・高良健吾(俳優)

村上宗隆さんの高校時代

村上宗隆さんは高校で硬式野球部に所属し、1年生の頃から頭角を現していました。

入部後すぐに一塁手としてレギュラー入りし、四番バッターに抜擢された夏の熊本県大会の初打席で満塁ホームランを放ち、夏の甲子園大会出場を手にしています。

甲子園では残念ながら初戦敗退となり、2年、3年の夏に望みをかけましたが全国大会への出場はかないませんでした。

高校では通算52本塁打という成績を残し、その長打力から「肥後のべーブ・ルース」という異名がつくほど、地元では有名な選手だったのです。

出身中学校情報

村上宗隆さんの出身中学校は、熊本市立長嶺中学校です。

熊本駅の約3Km東に位置し、学校の南側にある1999年のくまもと未来国体に合わせて造られた「国体道路」と呼ばれる道路は、地元住民の利便性向上にも一役買いました。

サッカー部が強いことで知られ、プロサッカー選手の車屋紳太郎さん、豊川雄太さんをはじめ多くのサッカー選手を輩出しています。

学校名熊本市立長嶺中学校
所在地〒861-8039 熊本県熊本市東区長嶺南七丁目21番40号
最寄り駅長嶺小学校前・・熊本都市バス
公式サイトHPhttp://www.kumamoto-kmm.ed.jp/school/j/nagamine/index.htm
著名な卒業生車屋紳太郎、豊川雄太(プロサッカー選手)

村上宗隆さんの中学時代

村上宗隆さんは中学校でも野球部に入部し、部活に明け暮れる日々を送りました。

2年生の時には九州選抜チームのメンバーに選ばれ、増田珠さん(現:福岡ソフトバンクホークス)、西浦颯大さん(元:オリックスバファローズ)と共に台湾に遠征したこともあります。

体格にも恵まれ、当時から中学生とは思えないパワフルなプレーで有名だったそうですよ。

出身小学校情報

村上宗隆さんの出身小学校は、熊本市立託麻南小学校です。

地域の児童数の増加に伴い、1984年に託麻西小学校より分離して開校されました。

「やさしく(思いやり)・かしこく(知恵)・たくましく(行動)」を校訓とし、明るく活気のある学校をめざしています。

地元ではサッカーが盛んで、Jリーグのロアッソ熊本で活躍した宮崎大志郎さんもこの小学校の卒業生です。

学校名熊本市立託麻南小学校
所在地〒861-8017 熊本県熊本市東区長嶺東三丁目2番20号
最寄り駅託麻南小学校前・・熊本都市バス
公式サイトHPhttp://www.kumamoto-kmm.ed.jp/school/e/takumaminamies/index.htm
著名な卒業生宮崎大志郎(サッカー選手)

村上宗隆さんの小学校時代

村上宗隆さんは小学校に入学後、地元クラブチームに入団して野球に没頭していました。

入部してきた当初から元気がよく、先輩にも臆することなく声をかけるなどチーム内でもムードメーカーとしてかわいがられていた、と当時の恩師は語っています。

村上宗隆さんの父親も野球好きで、家では2メートルもある物干し竿をバットに見立てて庭で素振りをするなど、とにかく野球が好きでたまらない少年だったのです。

物干し竿での素振りはかつて「ミスタージャイアンツ」と呼ばれた長嶋茂雄さんが行っていたトレーニング方法で、今の村上宗隆さんの活躍の原点になったのかもしれませんね。


スポンサードリンク

村上宗隆さんの選手経歴

東京五輪代表の最年少メンバーに召集された際、緊張していたのは初日だけで、翌日からは誰よりも声を出してなじんでいたという、愛されキャラの村上宗隆さん。

村上宗隆さんが野球を始めたきっかけや経歴を見ていきましょう。

野球選手になったきっかけ

3人兄弟の次男だった村上宗隆さんは、兄たちの影響を受けて4歳の時にはすでにキャッチボールをしていました。

幼稚園児の時には野球を習い始め、すでに「プロ野球選手になりたい」と言っていたと父親は語っています。

小学4年生の時には地元の野球クラブに入団し、”史上最高のスイッチヒッター”と呼ばれた元プロ野球選手の松永浩美さんに指導を受けたこともあります。

6年生になるとより本格的な野球がしたいと考え、硬式野球チーム「熊本東リトルシニア」に入団しました。

豪快なプレーは当時から注目され、「この子はすごい選手になる」と期待されていました。

一方で、兄が投手を務めていた試合で自分がエラーをした際には「お兄ちゃんごめん」と涙を流すなど、やさしい一面も見せていたといいます。

現在の村上宗隆さんからも、やさしい性格であることはよく伝わってきますね。

経歴・エピソード

中学校に入るとさらに長打力に磨きがかかり、九州選抜チームで台湾に遠征するなど、どんどんたくましくなっていきました。

野球の名門校である九州学院高等学校に進学し、1年生の夏に甲子園出場を果たしています。

「肥後のベーブ・ルース」と呼ばれるようになった村上宗隆さんは、高校卒業後にプロ入りすることを表明し、その年のドラフト会議で指名を受けて東京ヤクルトスワローズに入団しました。

ドラフト1位での入団でしたが実は「外れ1位」で、その年のドラフトの目玉だった清宮幸太郎選手を外した球団での競合となったのです。

ドラフトでは少し悔しい思いをした村上宗隆さんですが、読売ジャイアンツとニューヨークヤンキースで活躍した松井秀喜さんのようになって欲しいと球団は背番号55を与えました。

ルーキーイヤーから1軍で活躍し、2年目の2019年には新人王に輝きます。

2022年はさらに開花し、NPB史上初の5打席連続本塁打を放ち、史上最年少の三冠王となり、チームのリーグ優勝に大きく貢献するなど、その活躍はすべてのプロ野球ファンを喜ばせるものでした。

素晴らしい経歴を持ちながら、素朴な雰囲気を持つ村上宗隆さんには親近感がわきますね。

まとめ

村上宗隆さんの学歴や経歴について紹介しました。

物心ついた時から野球に目覚め、「プロ野球選手になる」と一途に頑張り続けた少年は、今では日本を代表するスラッガーとして活躍中です。

日本人離れした長打力と、期待を裏切らない打撃は「村神様」としてあがめられるほど親しまれ、ファンを虜にしています。

2025年にはメジャーリーグ挑戦を表明している村上宗隆さんは、これからも私たちを楽しませる活躍を続けてくれることでしょう。

WBC2023出場選手一覧はこちら>>>


スポンサードリンク

村上宗隆さん プロフィール

氏名村上 宗隆(むらかみ むねたか)
生年月日2000年2月2日
出身地熊本県熊本市東区
身長188cm
血液型O型

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました