熊谷紗希【背番号4】の学歴や経歴を紹介!出身高校や大学情報(東京五輪サッカー(女子)DF )

女子サッカー選手として、さまざまな大会で活躍している熊谷紗希さん。

2021年の東京オリンピック日本代表選手にも選ばれています。

気になる学歴や出身校、サッカーの経歴などご紹介します。


スポンサードリンク

熊谷紗希さんの学歴・出身校

熊谷紗希さんは、日本女子サッカー界で有名な選手です。

プロフィールや学歴、出身校について詳しくみていきましょう。

熊谷紗希さんのプロフィール

  • 氏名:熊谷紗希(くまがいさき)
  • 生年月日:1990年10月17日
  • 出身地:北海道札幌市
  • 身長:172㎝
  • 体重:60kg

熊谷紗希さんの学歴・出身校

熊谷紗希さんは筑波大学(体育専門学群)に在籍されていました。

筑波大学は、茨城県にあるとても大きな大学です。

熊谷紗希さんも所属していた体育専門学群は、体育やスポーツ、健康に関する総合的なことを勉強できます。

筑波大学の卒業生には、安藤梢さんや水谷有希さんなど多くのサッカー選手がいます。

熊谷紗希さんは、高校生のうちに浦和レッズレディースに所属することが決まっていました。

サッカーをしながら通える大学を探していたところ、安藤梢さん(筑波大学卒)にアドバイスをもらい、環境が整っている筑波大学への進学を決めたそうです。

熊谷紗希さんは、2011年には大学を休学し、ドイツのサッカーチームに移籍しました。

海外でサッカーに専念していた熊谷紗希さんは、5年間の休学を経て、2016年に筑波大学を退学されています。

熊谷紗希さんの出身の高校は、宮城県仙台市にある常盤木学園高等学校に入学です。

常盤木学園高等学校は、女子サッカーでは日本一と有名な学校です。

熊谷紗希さんは、特待生として入学し、サッカー部に所属しました。

1年生の時からレギュラーとして、試合に出て活躍していました。

3年生の時には主将としてチームを引っ張っていき、全日本女子ユース3連覇を達成しています。

また、学問の面においても素晴らしく、成績上位者の特別クラスにいました。

熊谷紗希さんには、まさしく『文武両道』という言葉が似合いますね。

中学は地元の公立中学校、札幌市立真駒内中学校に通っていました。

女子サッカー部が無かったので、男子に混ざってサッカーの練習をされていました。

また、母親が厳しかったので、サッカーだけでなく勉強も頑張っていました。

小学3年生からサッカーを始めた熊谷紗希さんは札幌市立真駒内南小学校に通われていました

地元の小学校に通いながら、兄とともにスポーツ少年団でサッカーを習っていました。

熊谷紗希さんの子供時代とご家族情報

この投稿をInstagramで見る

Saki Kumagai(@kumagai1017)がシェアした投稿

熊谷紗希さんは、父親・母親・兄の4人家族です。

父親の仕事は、札幌市内の教職員で、校長先生もされていました。

また、高校時代にはバトミントン選手としてインターハイにも出場した経験があります。

熊谷紗希さんには、4歳年上の兄がいます。

兄もサッカーをしていましたが、今もサッカーをされているかの情報は見つかリませんでした。

もしかしたら、本格的にサッカーを続けていなかったのかもしれません。


スポンサードリンク

熊谷紗希さんの経歴

日本国内にとどまらず、海外でも活躍している熊谷紗希さん。

その経歴を見ていきましょう。

サッカーとの出会い

熊谷紗希さんとサッカー始めたきっかけは、兄でした。

兄の練習や試合を見に行っていたことがきっかけで、サッカーに興味を持ち始めました。

小学生の頃は、周りにサッカーをしている女の子がいなかったので、男の子に混ざって一緒に遊んでいました。

経歴・エピソード

兄の影響で、小学3年生の頃からサッカーを始めた熊谷紗希さん。

地元の「真駒内サッカースポーツ少年団」に」入り、男の子に混ざって練習をしていました。

中学生になった熊谷紗希さんは、女子サッカーの社会人チームに入りました。

北海道札幌市、江別市にある「クラブフィールズ・リンダ」です。

熊谷紗希さん以外にも、たくさんの現役サッカー選手が所属されていたチームです。

高校の3年間は、「常盤木学園高等学校のサッカー部」で活動していました。

強豪校として有名な学校なだけに、練習はとてもハードでした。

熊谷紗希さんは大学入学とともに、「浦和レッズレディース」の所属となりました。

サッカーのために浦和に住んでいたので、大学生活との両立は厳しかったと思います。

また大学3年生の時に大学を休学し、サッカーをするために熊谷紗希さんはドイツへ渡りました。

『体力的にも技術的にもレベルアップしたい』と言っていた2011年、「FFCフランクフルト」に所属し、海外でプレーすることにしました。

2年間ドイツで活躍した後、熊谷紗希さんは、2013年にフランスにある女子サッカーチーム、「リヨン」に移籍しました。

リヨンには8年間所属し、その間、欧州女子チャンピオンリーグでは5連覇をしています。

2021年、バイエルン・ミュンヘンと2年契約をした熊谷紗希さん。

8年ぶりにドイツへ戻り、再びドイツでサッカーをすることになりました。

主な戦績

何度も女子ワールドカップの代表に選ばれている熊谷紗希さん。

2011年に開催された女子ワールドカップ・ドイツ大会では優勝しています。

また2015年に開催された女子ワールドカップ・カナダ大会でも代表選手に選ばれ、準優勝されています。

2012年には、ロンドンオリンピックの日本代表に選ばれ、銀メダルを獲得しています。

2013年から2020年まで所属していたリヨンでは、代表選手として数々の大会で優勝に貢献されています。

2019年のUEFA女子チャンピオンリーグの決勝で初得点を取ったのは、熊谷紗希さんが日本人初だそうです。

熊谷紗希さんは2019年に、アジア年間最優秀選手賞を受賞されています。

熊谷紗希さんの主な戦績を見てみましたが、輝かしい功績をたくさん残されていますね。

日本だけでなく、海外でも主力メンバーとして活躍し続けるなんて、とても素晴らしいです。


スポンサードリンク

まとめ:熊谷紗希の学歴・出身校と経歴

熊谷紗希さんの学歴や出身校、経歴などを見ていきました。

幼い頃からサッカーに夢中だった熊谷紗希さん。

まだ学生だった頃から、サッカーのために新しい環境にチャレンジしていく姿は本当に尊敬します。

そして自らの成長を求め、海外へ挑戦し、多くの成績を残してこられた熊谷紗希さん。

これからも日本人選手として、世界のさまざまな舞台で活躍していって欲しいと思います。


スポンサードリンク