PR

ラランド サーヤの出身高校は純心でニシダは神奈川の高校!同じ大学の語学堪能

お笑い芸人ラランドのサーヤさんとニシダさんの出身大学や高校について、またコンビ結成のいきさつやお笑い芸人になるきっかけ、経歴なども紹介しています。

しっかり者のサーヤさんと、クズ芸人としても注目のニシダさんが繰り広げるネタは、設定がはっきりしていてわかりやすいと評判です。

ラランドが気になる方、プロフィールを知りたい方、お笑い好きの方はぜひこの記事をチェックしてみてください。


スポンサードリンク

ラランド サーヤの出身大学・高校や経歴

会社員を経験し、初めて社会の仕組みを知ったというサーヤさん。

どのような学歴の持ち主なのか、プロフィールや芸人になったきっかけ、経歴について見ていきましょう。

サーヤさんの学歴・出身校

女子校出身ながら、女子のノリは得意ではないと語るサーヤさん。

どのような学歴やエピソードを持っているのか、サーヤさんの学歴を大学から小学校まで順に紹介します。

出身大学

サーヤさんの出身大学は、上智大学 外国語学部 イスパニア語学科です。

東京都渋谷区に本部を置く総合系の私立大学で、古くから国際化を重視した教育を行うことで知られています。

俳優の吉田鋼太郎さん、タレントの川平慈英さん、モデルの知花くららさんも、この学校の卒業生です。

学校名 上智大学
学科・コース 外国語学部 イスパニア語学科
偏差値 62.5
所在地 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
※四谷キャンパス
最寄り駅 四ツ谷駅・・JR(中央線)、東京メトロ(丸ノ内線・南北線)
※四谷キャンパス
公式サイトHP https://www.sophia.ac.jp/
著名な卒業生 吉田鋼太郎・川平慈英・知花くらら

サーヤさんの大学時代

サーヤさんは大学入学後、お笑いサークル「Sophia Comedy Society(SCS)」に入会しました。

このお笑いサークルはユニークなメンバーが多く、留年せずに卒業できたのはサーヤさん一人だったとSNSで明かしています。

入学当時のサーヤさんは、別のアカペラサークルとの入会と迷っていたのですが、同じくアカペラサークルの入会を断念したニシダさんと出会い、コンビを結成しています。

ラランドは学生時代から、敵なしの最強コンビだと言われ、芸能プロダクションから勧誘を受けるほどの人気でした。

今でも芸人と社長業を両立させているサーヤさんですが、当時からしっかり者だったのですね。

出身高校

サーヤさんの出身高校は、東京純心女子高等学校です。

1964年設立のカトリック系女子高で、系列の聖母会を通してブラジルの福祉施設に衣服や文房具を送る活動を行っています。

都内ではお嬢様学校としても知られ、制服がかわいいことで人気です。

シンガーソングライターで、かつては『めざましテレビ』のコーナーに出演をしていたはたゆりこさんも、この学校の卒業生です。

学校名 東京純心女子高等学校
学科・コース
偏差値 59
所在地 〒192-0011 東京都八王子市滝山町2-600
最寄り駅 八王子駅・・JR(八高線、横浜線、中央線)より専用バス運行
東京純心女子学園・・西東京バス(急行など)
公式サイトHP https://www.t-junshin.ac.jp/jhs/
著名な卒業生 はたゆりこ(シンガーソングライター)

サーヤさんの高校時代

高校時代のサーヤさんは友人とお笑いコンビ「アポロン」を結成していました。

当時は高校生の漫才コンクールなどが盛んに開催され、アポロンも出場を目指していましたが、校則で認められずに断念しています。

成績も優秀で、当時の通信簿はオール5だったそうです。

さらに高校2年生だった2012年には「全国学生・生徒漢詩コンクール」の生徒・作詩部門で入選するなど、好きなことと勉強を両立させていたようですね。

出身中学校

サーヤさんの出身中学校は、東京純心女子中学校です。

1986年に高校と同じ敷地に設立され、2010年からは完全中高一貫教育を開始しています。

カトリック系の学校であるため、講堂には大きなパイプオルガンが設置され、敷地内には女子修道院があることでも有名です。

また、宗教行事の際にはベレー帽を着用することでも知られています。

学校名 東京純心女子中学校
学科・コース
偏差値 43~53
所在地 〒192-0011 東京都八王子市滝山町2-600
最寄り駅 八王子駅・・JR(八高線、横浜線、中央線)より専用バス運行
東京純心女子学園・・西東京バス(急行など)
公式サイトHP https://www.t-junshin.ac.jp/jhs/
著名な卒業生

サーヤさんの中学校時代

サーヤさんは、中学受験を突破して入学し、高校卒業までの6年間を女子校で過ごしました。

中学時代のサーヤさんは勉強が得意で、学校の図書館にこもりっきりで勉強し、閉館後はすぐに自宅に戻って宿題をしていたと振り返っています。

また、3年生の時には同級生と組んで文化祭で漫才を披露するなど、学内でも人気者だったことがうかがえます。

当時からお笑いに興味があり、人を楽しませることに喜びを感じていたのかもしれませんね。

出身小学校

サーヤさんの出身小学校は、非公開です。

出身の八王子市には69校の公立小学校があり、特定できませんでした。

今後、番組やSNSなどで出身校につながる情報が出ることに期待しましょう。

サーヤさんの小学校時代

サーヤさんは幼少期には子役として活動しており、サスペンスドラマやNHKのキッズ番組への出演経験もあります。

また、自信のnoteで「雑誌でキッズモデルもしていた」と明かしました。

芸能の仕事は面白く、サーヤさん自身は続けたいと考えていましたが、両親が学業との両立ができないことを心配し、中学校入学前に活動を辞めることになったとインタビューで語っています。

ぱっちりとした目が印象的なサーヤさんですから、子役の時もとてもかわいらしかったことが容易に想像できますね。

サーヤさんの芸人経歴

ファッションにはこだわりがなく、友達からいらなくなった服をもらって過ごしていたこともあるサーヤさん。

どのような経歴があるのかを見ていきましょう。

サーヤさんが芸人になったきっかけ

サーヤさんは小学生の頃から『ダウンタウンのごっつええ感じ』が好きで、中学校では同級生とコンビ「アポロン」を組み、文化祭で漫才を披露するなど、学内でも人気者でした。

高校に内部進学後もアポロンは活動を継続し、学外のメンバーともユニットを組んでライブに出演すなど、真剣に活動をしています。

高校卒業後はそのまま芸人になろうと考えていましたが、両親から「せめて大学だけは行ってほしい」と頼まれ、大学でお笑いサークルに入ることを決めて進学したのでした。

大学入学後、お笑いだけでは視野が狭くなると考えたサーヤさんは、アカペラサークルの新人歓迎コンパに顔を出し、そこにいたのが同じ学科のニシダさんでした。

二人はアカペラサークルの雰囲気になじめずに退会します。

退会後、サーヤさんはお笑いサークルの先輩から「外国人か、太った奴がいたら連れてきて」と言われたことを思い出し、ニシダさんを連れてお笑いサークル「SCS」に入会したのでした。

サーヤさんは、女性コンビを目指していましたが、SCSに入会した女子は全員裏方にまわってしまったため、軽い気持ちでニシダさんとコンビを組むことを決め、ラランドの誕生となりました。

サーヤさんの芸人経歴

ラランド結成後もライブ活動をこなし、M-1グランプリにもアマチュアとして出場を続けました。

家庭の事情により、大学卒業後は広告代理店に就職します。

勤務先の上司はお笑い活動に理解があり、ライブ活動を応援してくれました。

そして、2019年のM-1グランプリで準決勝に進出したことで注目を浴び、複数の芸能事務所からスカウトされます。

これを機に、広告代理店を退職して芸人一本でやっていくことを決意したのでした。

約1年間フリーで活動し、2021年3月に個人事務所「レモンジャム」を設立し、社長に就任して自身のマネジメントを開始します。

現在は芸人として活動しながら社長業もこなし、ニシダさんのコントロールも行うという、多忙な毎日を送ることになったのです。

YouTubeの公式チャンネルでは飾り気のないトークが受け、社長として相方を雇う大胆さは芸人の間でも噂になり、活動の幅を広げています。

サーヤさんのプロフィール

芸名 サーヤ(さーや)
本名 門倉 早彩(かどくら さあや)
生年月日 1995年12月13日
出身地 東京都八王子市
身長 158cm
体重 非公開
血液型 O型
立ち位置 向かって左

スポンサードリンク

ラランド ニシダの出身大学・高校や経歴

親からもらった携帯代をすべてゲームのアイテム購入につぎ込み、両親を激怒させたこともあるニシダさん。

どのような学歴の持ち主なのか、プロフィールや芸人になったきっかけ、経歴について見ていきましょう。

ニシダさんの学歴・出身校

帰国子女で語学堪能ながら、その特技を全く生かせていないと芸人仲間からツッコまれたこともあるニシダさん。

どのような学歴を持っているのか、ニシダさんの学歴を大学から小学校まで順に紹介します。

出身大学

ニシダさんは、上智大学 外国語学部 イスパニア語学科を中退しています。

イスパニア語とはスペイン語のことで、スペイン以外にもヨーロッパ諸国や南北アメリカ大陸、アフリカ大陸の一部など多くの地域で公用語となっている言語です。

多くの学生が在学中にイスパニア語圏への留学を経験し、人気の学科となっています。

ニシダさんの大学時代

ニシダさんは前年に早稲田大学にも合格していましたが辞退し、一浪してこの大学に入学しました。

しかし授業についていけなくなり、必修科目の単位取得が出来ず退学処分になっています。

ニートを経て1年後に復学したものの、怠惰な生活を改められずに再び退学となりました。

大学を卒業できなかったことがきっかけとなり、両親とは疎遠になったと明かしています。

出身高校

ニシダさんの出身高校は、藤嶺学園藤沢高等学校です。

神奈川県藤沢市にある中高一貫の男子校で、元々はお寺の僧侶養成機関として1894年に設立されました。

スポーツ系の部活動が盛んで、プロ野球やJリーグを始め、スポーツ界にも多くの卒業生を送り出しています。

プロレスラーの諏訪魔さん、ゲームクリエイターの増田順一さんもこの学校の出身です。

学校名 藤嶺学園藤沢高等学校
学科・コース
偏差値 55
所在地 〒251-0001 神奈川県藤沢市西富1-7-1
最寄り駅 藤沢本町駅・・小田急電鉄(江ノ島線)
藤沢駅・・JR(東海道線、江ノ島電鉄線)、小田急電鉄(江ノ島線)
藤沢橋・遊行寺前バス停・・神奈川中央交通バス
公式サイトHP https://www.tohrei-fujisawa.ed.jp/
著名な卒業生 諏訪魔(プロレスラー)・増田順一(ゲームクリエイター)

ニシダさんの高校時代

ニシダさんは内部進学でこの高校に進学しました。

中学時代はからバレーボール部に所属したことがわかっていますが、高校でも続けていたのかは明かされていません。

今はニートキャラが売りのニシダさんですが、当時は成績がよかったようです。

現役で名門大学に合格したのにもかかわらず、さらに上を目指して浪人生活を希望したことからも、真面目に勉強していたことがうかがえますね。

出身中学校

ニシダさんの出身中学校は、藤嶺学園藤沢中学校です。

仏教系の学校のため、「修養」という教科が授業の一環として行われており、規律に厳しい学校として知られています。

2015年に開校100周年を迎え、その記念にグラウンドが人工芝になったほか、茶室や食堂、宿泊設備などがリニューアルされ、人気の男子校です。

学校名 藤嶺学園藤沢中学校
学科・コース
偏差値 43~49
所在地 〒251-0001 神奈川県藤沢市西富1-7-1
最寄り駅 藤沢本町駅・・小田急電鉄(江ノ島線)
藤沢駅・・JR(東海道線、江ノ島電鉄線)、小田急電鉄(江ノ島線)
藤沢橋・遊行寺前バス停・・神奈川中央交通バス
公式サイトHP https://www.tohrei-fujisawa.ed.jp/
著名な卒業生

ニシダさんの中学時代

ニシダさんは11歳までスペインとドイツで暮らしており、帰国子女としてこの中学校に入学しました。

「ドイツに住んでいた時は。ネオナチから石を投げられた」と冗談交じりで語るニシダさんですが、日本ではいじめられることもなく、楽しい学生生活を送っていたと明かしています。

帰国後はラジオにハマり、寝る時間を惜しんでさまざまな番組を聴いていたそうですよ。

出身小学校

ニシダさんの出身小学校は、非公開です。

父親が大手企業の重役を務めており、仕事の関係でドイツとスペインで幼少期を過ごしたため、現地の日本人学校に通っていたことがわかっています。

今後、幼少期のエピソードが語られることに期待しましょう。

ニシダさんの小学校時代

幼少期のニシダさんは絵が得意な少年でした。

当時住んでいた海外の絵画の鮮やかさに心を惹かれ、大きな影響を受けたそうです。

現在も自身のSNSに自身が書いたイラストを投稿しており、意外な腕前に驚くファンもいます。

近年は個展を開く芸能人もいるため、ニシダさんにもぜひ腕前を披露する機会を設けて欲しいものですね。

ニシダさんの芸人経歴

クズ芸人と言われつつ、「整理収納アドバイザー2級」という意外な資格を持つニシダさん。

どのような経歴があるのかを見ていきましょう。

ニシダさんが芸人になったきっかけ

ニシダさんは中学生の時にM-1グランプリで見た南海キャンディーズをきっかけに、笑いに興味を持ち始めました。

山里亮太さんの軽快な話術に憧れ、ラジオは欠かさず聴いていたと振り返っています。

お笑いは好きでしたが、自分がお笑いの道に進もうとは考えておらず、大学では女子学生が多いという理由でアカペラサークルへ入会しようとしていました。

ところが新歓コンパでなじめず、帰りの電車でサーヤさんにお笑いサークルへの入会を誘われ、流れのままにSCSに入会したのでした。

当時のことをニシダさんは「誘ってもらえて嬉しかった。この人とコンビを組むんだろうと思った」と振り返っています。

しかしサーヤさんは女性コンビの結成を目指しており、全く声をかけてくる雰囲気はありませんでした。

そこでニシダさんは同期を通じて「ニシダが組みたがってるよ」とサーヤさんに伝え、ラランド結成となったのでした。

「あれ以来頭が上がらない」とニシダさんは語っています。

ニシダさんの芸人経歴

ラランドは在学中から頭角を現し、他の大学のお笑いサークルでも有名になります。

ニシダさんは単位が足りずに退学処分となりますが、退学後もサークルには参加を続け、2018年にはお笑いサークルNo.1を決める大会『NOROSHI』で優勝しました。

サーヤさんが就職した後もニシダさんはニートのままで、良くも悪くもライブにはいつでも出られるという体制が整っていました。

そして2019年のM-1グランプリで準決勝に進出し、全国にその名を知られることになります。

常にサーヤさんに支えられているニシダさんですが、「サーヤを一番生かせるのは俺だ」とマイペースな活動を続け、そのクズっぷりがウケるという不思議な効果を生み出しています。

一方、ニシダさんがnoteにつづる文章は理路整然として読みやすいと評判で、noteでニシダさんを知ったファンには、芸風とのギャップで驚きを与えました。

その文才が出版社の目に止まり、2023年には短編小説集『不器用で』で作家デビューを果たし、今後の活躍が期待されています。

ニシダさんのプロフィール

芸名 ニシダ(にしだ)
本名 西田 亘輝(にしだ こうき)
生年月日 1994年7月24日
出身地 山口県宇部市
身長 170cm
体重 106kg
血液型 O型
立ち位置 向かって右

スポンサードリンク

ラランドの結成

ラランドはレモンジャムに所属のお笑い芸人で、ボケ担当のサーヤさんと、ツッコミ担当のニシダさんのコンビです。

上智大学のお笑いサークルで出会った二人は、在学中の2014年にラランドを結成しました。

学生時代からM-1グランプリに出場していましたが、2019年にはアマチュアながら準決勝に進出し、一気に知名度を上げました。

コント漫才が得意で、小学生や漁師のおじさんなど、幅広いキャラを演じ分けるサーヤさんと、それにおおらかなツッコミを入れるニシダさんの掛け合いは、若手芸人の中でもトップクラスの実力派だと言われています。

長らくフリーで活動していましたが、2021年に個人事務所のレモンジャムを設立し、社長をサーヤさんが務め、ニシダさんは正社員として所属しています。

テレビやラジオの他、公式YouTubeで本音を語る動画も好評で、今後の活躍が期待されています。

M-1グランプリ2023準決勝出場芸人一覧はこちら>>>

まとめ

ラランドのサーヤさんとニシダさんの学歴や経歴、芸人になったきっかけについてご紹介しました。

大学の同じ専攻で出会い、ひょんなことからお笑いサークルでコンビ組むことになった二人ですが、漫才の実力とは裏腹なコンビ関係が見る人をヤキモキさせています。

多くの芸能事務所からスカウトされても就職し、アマチュアで活動を続けるなど、欲のなさがラランドの魅力なのかもしれません。

女社長とクズ社員という関係性も興味深く、本人たちは自らを「腐れ縁」とさらっと受け流す自然体が心地よさを感じさせます。

これからも舞台上で「しっかり者のお母ちゃんとダメ息子」ならではのズレた笑いを届けてくれることでしょう。


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました