後藤邑子 声優のきっかけと出身高校!経歴とキャラも調査

2021年7月から放送されているアニメ第2期『小林さんちのメイドラゴンS』のジョージー 役を演じている後藤邑子さん。

個性的な声を活かし、デビュー以降は主に女性役を演じて人気を確固たるものにしてきました。

今回はそんな後藤邑子さんの声優になったきっかけから、学歴、声優経歴などについてご紹介していきます。


スポンサードリンク

後藤邑子さん 声優になったきっかけ!


声優を目指したきっかけは、大学在学中にテレビ局でアルバイトをしていた時です。

そこで一緒になった人たちに「個性的な声だね」と褒められたことで声優になろうと決めました。

決めてから行動に移すのがかなり早く、1週間で退学届を出して上京します。

その際に両親はもちろん反対し、涙しましたが、一度言い出したら人の言うことを聞かない性格を理解してくれて、承諾をもらうことができました。

そして直接プロダクションの面接を受けて合格し、晴れて声優になりました。


スポンサードリンク

後藤邑子さんの学歴・出身校

後藤邑子さんはどんな学歴の持ち主なのか、プロフィールから出身校、家族構成、子供の頃のエピソードについて見ていきます。

後藤邑子さんのプロフィール

声優名  後藤邑子 (ごとうゆうこ)
本名  後藤邑子 (ごとうゆうこ)
生年月日  1975年8月28日
出身地  愛知県
身長  163cm
血液型  O型
所属事務所  アクセルワン
活動時期  1999年〜
声優デビュー作  イケてる2人(桜井兼人)

後藤邑子さんの学歴・出身校


ここでは後藤邑子さんの学歴について見ていきます。

いったいどの学校を卒業されたのか気になりますね。

後藤邑子さんの出身大学

大学は、南山大学外国語学部英米科に通っていました。

南山大学は愛知県名古屋市昭和区にある私立大学です。

東京での学生生活に憧れていましたが、後藤邑子さんは市役所の職員になるべく地元の南山大学に進学しました。

しかし、前述もしましたが声優を目指すことを決めたため、大学2年生で親に内緒で退学をし、上京することになります。

その後、代々木アニメーション学院に入学し、声優の道を歩み初めます。

後藤邑子さんの出身高等学校

高校は、愛知県立一宮高等学校でした。

愛知県立一宮高等学校は、愛知県一宮市にある県立の共学校です。

英語が得意で、英検準1級、TOEIC815点、TOEFL565点を取得しています。

また、演劇部に在籍しており、この時の経験がなければ声優を目指すこともなかったと本人が話していました。

後藤邑子さんの出身中学校

出身中学は、残念ながら情報公開されていませんでした。

地元が一宮市ということで、19校あるうちのいずれかと推測します。

中学時代は勉強も遊びも精を出していました

後藤邑子さんの出身小学校

小学校も同じく情報は公開されていません。

一宮市の小学校は、42校あるのでそのうちのいずれかでしょう。

後藤邑子さんの家族情報と子供時代

家族構成は父親、母親、妹の4人家族です。

後藤邑子さんが上京し声優デビューをした頃、まだ大学生だった妹が急性心不全で亡くなってしまいます。

人生で最も悲しい出来事を経験し、以降10年間ほどはそのことを忘れるかのように仕事に明け暮れました。

そんな後藤邑子さんですが、実は本人も中学の頃から病気を抱えていました。

特発性血小板減少性紫斑病という自分の免疫が自分を攻撃してしまう自己免疫疾患の一種です。

症状がかなりひどく、退院することが難しいから高校進学は一旦諦めてくださいと主治医に言われ、余命宣告までされました。

しかし、家の近所の寿司屋で父親が大将と後藤邑子さんの病気について話していたのを偶然聞いていたお客さんが、血液学、免疫学の権威だったのです。

すぐに転院し、無事退院することもでき、高校にも進学することができました。

ただ、無理をすると再発することもあり、現在も気をつけながら声優活動を行なっています。


スポンサードリンク

後藤邑子さんの声優経歴

難病を患いながらも声優として多くの主要キャラクターを演じてきた後藤邑子さん。

そんな後藤邑子さんの声優経歴について見ていきます。

後藤邑子さんの声優経歴


上京し、代々木アニメーション学院を卒業後、イケてる2人の桜井兼人 役で声優デビューを果たします。

そこから数年は目立った役はもらえず、吹き替えの仕事など、幅広く仕事をこなす日々でした。

2005年に『ふしぎ星の☆ふたご姫』で主人公の一人、レイン 役で初主演、『ラムネ』の近衛七海 役でヒロイン役を演じ、頭角を現します。

2006年には『涼宮ハルヒの憂鬱』の朝比奈みくる 役で第1回声優アワードでサブキャラクター女優賞を受賞し、一躍人気声優へと駆け上がりました。

同年にはファーストアルバム「GO TO SONG」で歌手デビューしています。

さらに第11回アニメーション神戸で、声優の平野綾さん、茅原実里さんと共に歌った「ハレ晴レユカイ」がラジオ関西賞を受賞しました。

その後は『ひだまりスケッチ』のヒロ 役、『コードギアス 反逆のルルーシュR2』のアーニャ・アールストレイム 役などを演じています。

順調に声優としてのキャリアを積んでいましたが、2009年から体調が悪化し、2012年には自己免疫疾患の全身性エリテマトーデスを発症し、無期限休養を発表します。

なかなか病状は良くならず、2014年までは入院しながら、仕事をかなりセーブしていました。

順調に回復し、徐々に仕事の数も多くできるようなっており、2021年7月放送されているアニメ第2期『小林さんちのメイドラゴンS』のジョージー 役を担当しています。

人気主要キャラ抜粋

アニメ

作品名 キャラ名 放送時期
ふしぎ星の☆ふたご姫 レイン  2005/4
涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈みくる  2006/4
コードギアス 反逆のルルーシュR2 アーニャ・アールストレイム  2008/4
魔法少女まどか☆マギカ 鹿目詢子  2011/1
小林さんちのメイドラゴンS ジョージー  2021/7

【2021年9月現在】


スポンサードリンク

まとめ

今回は、後藤邑子さんの声優になったきっかけから、学歴、声優経歴などについてご紹介してきました。

学生時代からの難病を患いながらも、声優としてトップに上り詰めた強い気持ちの持ち主です。

これからも無理はせず、まずは体を第一に考えて活動していただきたいですね。


スポンサードリンク