橋本聖子の学歴(中学・高校)と経歴を調査!夫は再婚!子供はなんと6人

スポーツ

東京五輪・パラリンピックの新会長に就任された橋本聖子さん。

五輪相を辞任した橋本聖子さんはどんな経歴でどこの出身なんでしょうか。

また、ご家族である夫やお子さんについても気になるところです。

そこで橋本聖子の学歴(中学・高校)と経歴を調査!夫は再婚!子供はなんと6人についてご紹介します。

 


スポンサードリンク

橋本聖子さんの学歴・出身校

 

この投稿をInstagramで見る

 

山下雄平(@yuheyyamashita)がシェアした投稿

 

1964年10月5日生まれで北海道勇払郡早来町(現:安平町)出身の橋本聖子(はしもと せいこ )さん。

現在は千葉県在住です。

身長は156cm でオリンピアとしてはかなり小柄です。

橋本聖子さんの最終学歴は駒澤大学附属苫小牧高等学校です。

高校1年で世界ジュニア選手権の日本代表に選ばれました。

高校卒業後と同時に富士急行株式会社へ入社していますので、大学への進学はしていません。

 

出身中学校は、北海道勇払郡早来町立早来中学校(現:安平町立早来中学校)です。

中学3年の時には、全日本選手権を初制覇しています。

そして小学校は、北海道勇払郡早来町立早来小学校(現:安平町立早来小学校)です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

principedal(@principedal)がシェアした投稿

 

祖父母は開拓者で、父方は宮城県三本木町から、母方は奈良県十津川村から入植して、実家は牧場を経営していました。

4人兄弟の末子で、1964年東京オリンピックの直前に生まれて聖火にちなんで「聖子」と名付けられたそうです。

このことから、後にマスコミで「五輪の申し子」と呼ばれました。

そんな「五輪の申し子」は、父親の方針で3歳の時にでスケートを始めました。

スケートの選手幼児期から始める人が多いので、決して特別に早かったというわけではないようです。

小学3年の時には腎臓病にかかってしまい、2か月間入院しました。

その為2年間のスポーツを禁止されました。

腎臓病は激しい運動をすると危険なので仕方がなかったですね。

 

中学、高校とスピードスケートで結果を残してきましたが、腎臓病や原因不明の呼吸器系の病気で生死の境をさまよったりと病気との戦いもしてきたのですね。

持ち前の根性で乗り切ってきたのだと思います。

1998年には一般人の男性と結婚しました。

橋本聖子さんの夫は、石崎勝彦さんで北海道出身の警察官です。

聖子さんよりも9歳年上で、知り合うきっかけは夫の石崎さんが農林大臣だった島村宜伸氏のSPをやっていたことだということです。

夫の石崎さんには、病気で死別した前奥さんとの間に3人のお子さんがいました。

そして聖子さんは結婚と同時に1男2女のお母さんにもなったのです。

現在は夫・石崎さんの連れ子三人に加えて、ご自分のお子さん3人を加えて3男3女とにぎやかなご家族になっています。

 


スポンサードリンク

橋本聖子さんの経歴

 

東京五輪・パラリンピックの新会長就任

東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、都内で2度の理事会、評議員会を開催し、“女性蔑視発言”の引責で辞任した森喜朗前会長(83)の後任として夏冬合わせて7度の五輪出場を誇る橋本聖子氏(56)を新会長に選出した。橋本氏はこの日、五輪相を辞任した。理事会後に会見した橋本氏は大会への決意を語った。

東京五輪・パラリンピック新会長に就任した橋本聖子さんの経歴です。

橋本聖子さんのスポーツ経歴

今は政治家として活躍されている橋本聖子さんですが、かつてはスポーツ選手として活躍されていました。

幾度となくスピードスケートでオリンピックに出場した、実力の持ち主です。

橋本聖子さんはスピードスケートだけでなく自転車競技でもオリンピック日本代表として出場していました。

大会名競技名種目結果
1984年サラエボ冬季オリンピックスピードスケート女子4種目出場8位以内(入賞)に届かず
1988年カルガリー冬季オリンピックスピードスケート女子5種目出場全ての種目で日本記録を更新し入賞
1988年ソウル夏季オリンピック自転車初の冬・夏オリンピック出場
1992年アルベールビル冬季オリンピックスピードスケート女子5種目出場1500mで銅メダル
1992年バルセロナオリンピック自転車女子3000m個人追抜11位
1994年リレハンメル冬季オリンピックスピードスケート女子4種目出場3000mで6位入賞

5000mで8位入賞

1996年アトランタオリンピック自転車女子3000m個人追抜12位
1996年アトランタオリンピック自転車女子2万4000mポイントレース9位

※4種目(500m,1000m,1500m,3000m) 5種目(500m,1000m,1500m,3000m,5000m)

このほかにも世界選手権などでも活躍していました。

橋本聖子さんの政治家との両立

1995年の参議院議員選挙比例区に自民党から立候補し初当選しました。

この政界入りには、森前会長が大きく影響をしています。

当時の橋本聖子さんは、国会議員とスポーツ選手というどちらも手を抜けない立場をこなしていました。

昼間は国会議員の仕事をしていましたが、他の時間はトレーニングに充てていました。

午前3時に起きて自転車をこぎ、そして夜9時すぎから2時間のウエイトトレーニング。

これを日課として繰り返していたそうです。

そして、土日の地方講演には自転車で移動をするなど、すべてにおいて充実した日々を送っていました。

しかし、1996年のアトランタオリンピックの自転車競技で政界とスポーツ界の両方が限界と感じ、スポーツ選手としての現役引退を決意しました。

2000年8月に参議院議員として初の出産をして、それがきっかけで国会議員の産休が制度化しました。

 


スポンサードリンク

橋本聖子さんに対するネットの反応

東京五輪・パラリンピック新会長に就任した橋本聖子さんに対して、世間の反応はどうなんでしょう。

期待する声や森前会長とのつながりを心配する声など様々あるのでしょうか。

早速見ていきましょう。

温かく見守りたいという意見もある中、厳しい意見も多いようです。

他に適任者がいなかったのでしょうから、これからの動向に注目したい来ましょう。

 


スポンサードリンク

まとめ:橋本聖子の学歴(中学・高校)と経歴

今回は、橋本聖子の学歴(中学・高校)と経歴を調査!夫は再婚!子供はなんと6人についてご紹介しました。

病気との闘いにも持ち前の根性で打ち勝ってきた橋本聖子さん。

今回のコロナとの闘いでもある東京五輪・パラリンピックは大変難しい問題が山積みですが、きっと乗り切ってくれることでしょう。


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました