スタバ ソイラテのカロリーは?砂糖入り!もっと低いもドリンク紹介

スターバックス

ソイラテに対し、みなさんはどんなイメージをお持ちですか?やはり、豆乳を使っているのでヘルシーなイメージが強いのでしょう。

しかし、もしあの優しい甘さのためにたくさんの砂糖が入っているとわかったら心配になりませんか。

実際、スタバのソイラテにも砂糖が使われているそうです。

そこで今回はヘルシーなイメージの強いソイラテのカロリーについて調べてみました。


スポンサードリンク

スタバ ソイラテのカロリーは?砂糖入り

スタバのソイラテに砂糖が入っていると言われる原因は、オリジナルの調整豆乳が使われているためです。

調整豆乳とは、そのままでは飲みにくい豆乳を飲みやすくするために砂糖などで味を調整したものです。

ただ、これはあくまで一般的な話であってスタバの調整豆乳に砂糖が使われているかは企業秘密で明かされていないため分かりません。

なので、具体的なカロリー数の方に話を移しましょう。

スタバのソイラテは、ホットとアイスでカロリーが変わる。

スタバのソイラテでは、ホットかアイスかによってカロリーが変わります。

ホットの場合

ショートが139kcalでトールは208kcal。

グランデは265kcalで、ベンティが334kcalです。

アイスの場合

アイスの場合は、ショートが96kcalでトールは117kcal。

グランデが151kcalで、ベンティが156kcal。

 

どのサイズもアイスの方がホットに比べてカロリーが低くなっています。

この差が発生する一番の要因は氷が入っていることだと考えられますが、ショートサイズで43kcalの差は意外と大きい印象です。

なので、カロリーを抑えながらソイラテを楽しみたい方は、アイスでなるべく小さなサイズを注文することをおススメします。


スポンサードリンク

甘さを楽しめるソイラテよりカロリーが低いドリンクは?

ダイエットとまではいかなくても、カロリーを抑えないといけないのに体がどうしても甘い飲みものを欲する時があります。

そして、先ほどのソイラテであれば、アイスのショートサイズを選ぶことで96kcalに抑えることができます。

しかし、スタバには、もっとカロリーが抑えられた甘い飲みものがたくさんあります。

そこでここからは、甘くカロリーの抑えられた飲みものを3つのジャンルに分けてご紹介します。

ちなみに、表示されるカロリー数はすべてショートサイズのものです。

ホットコーヒー系

1つ目は、ホットコーヒー系です。

紹介するのはカフェミストとスターバックスラテ、カプチーノの3つ。

そして、それぞれをカロリーの低い順に並べました。

カフェミスト

  • カフェミスト 無脂肪乳 51kcal
  • カフェミストアー モンドミルク 66kcal
  • カフェミスト低脂肪タイプ 71kca
  • カフェミスト豆乳 82kcal
  • カフェミストミルク 86kcal

スターバックスラテ

  • ディカフェスターバックスラテ 無脂肪乳 81kcal
  • スターバックスラテ 無脂肪乳 85kcal

カプチーノ

  • カプチーノ 無脂肪乳 45kcal
  • カプチーノ アーモンドミルク 58kcal
  • カプチーノ 低脂肪タイプ 62kcal
  • カプチーノ 豆乳 72kcal
  • カプチーノ ミルク 76kcal

ホットティー系

続いては、ホットティー系です。

こちらもお茶の種類ではなく今回のテーマであるカロリー数の低い順に並べました。

もしも、読みにくい場合は申し訳ございません。

  • ほうじ茶ティーラテ 無脂肪乳 70kcal
  • アールグレイティーラテ 無脂肪乳 84kcal
  • ほうじ茶ティーラテ アーモンドミルク 85kcal
  • ジョイフルメドレーティーラテ 無脂肪乳 85kcal
  • イングリッシュブレックファストティーラテ 無脂肪乳 88kcal
  • カモミールティーラテ 無脂肪乳 88kcal
  • ミントシトラスティーラテ 無脂肪乳 88kcal
  • ほうじ茶ティーラテ 低脂肪タイプ 89kcal

アイスの飲みもの

最後の3つ目はアイスの飲み物です。

ソイラテの場合はアイスの方がカロリーは低かったです。

それ以外の飲みものでも同じ結果となるのでしょうか。

どうぞご確認ください。

記載は同じくカロリー数が低い順です。

  • ディカフェスターバックスラテ 無脂肪乳 53kcal
  • スターバックスラテ 無脂肪乳 57kcal
  • ディカフェスターバックスラテ アーモンドミルク 70kcal
  • ムースフォームラテカプチーノ 無脂肪乳 70kcal
  • スターバックスラテ アーモンドミルク 74kcal
  • ディカフェスターバックスラテ 低脂肪タイプ 75kcal
  • スターバックスラテ 低脂肪タイプ 79kcal
  • ムースフォームラテカプチーノ アーモンドミルク 83kcal
  • ムースフォームラテ 低脂肪タイプ 87kcal  Tallのみ
  • ゆずシトラス&ティー 92kcal
  • ディカフェスターバックスラテ 豆乳 93kcal

ここまで確認をしてきてはっきり分かる傾向として、同じ飲みものでもミルクを低脂肪や無脂肪乳に変えるだけでもかなりカロリーが抑えられるようです。

そして、ソイラテでなければホットであっても100kcal以下で楽しめるものがたくさんあります。


スポンサードリンク

ソイラテの糖質量は?サイズ別に比較してみよう

ダイエットでは、糖質の量にも注意を払っている方が多いでしょう。

そこでここからは、ソイラテに含まれる糖質の量に注目をしていきます。

できるだけ抑えたい糖質の量を知ることで本当に効果的なのかを確認してください。

糖質量はどれくらい?

最初に結果からいうと、糖質量についてもスタバは公開していません。

ただし、炭水化物の量を公開しているので推測はできます。

炭水化物とは糖質と食物繊維を合わせたものですが、豆乳には微量しか食物繊維は含まれていません。

そのため、炭水化物の量と糖質の量はかなり近い値となるからです。

では、ホットとアイスの場合でそれぞれのサイズごとの炭水化物量です。

ホットでの炭水化物

  • ショート 7.0g
  • トール 10.1g
  • グランデ 13.5g
  • ベンティ 17.4g

アイスでの炭水化物

  • ショート 5.1g
  • トール 6.0g
  • グランデ 8.4g
  • ベンティ 9.6g

結果はカロリー数の時と同じく、ホットに比べてアイスの方が低くなりました。


スポンサードリンク

まとめ

スタバのソイラテに砂糖が入っている原因は調整豆乳が使われていることにありました。

そして、ダイエットの時に気になるのがカロリーであれ糖質であれ、どちらの場合でもホットに比べアイスの方が抑えることができます。

ただ、ソイラテ以外にもスタバにはホットで甘さを楽しめる飲みものはたくさんあります。

そして、その中にはアイスのソイラテ以上にカロリーが低く抑えられるものも発見しました。

ぜひみなさんもこの記事を参考にし、一度楽しんでみてはいかかでしょうか。


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました