入院時の靴の代わりはしまむらにある?サイズや履き心地紹介

しまむら

入院準備っていろいろ大変ですよね。

入院中の靴(室内履き)は、自分に合った靴を履けるとかなり動きやすくなります。

それが、身近なしまむらで手軽にお手頃価格で揃ろえられるんです。

今回は、しまむら商品で入院に使えそうな靴を紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

入院時の靴の代わりはしまむらにある?

店内で見たおすすめの靴を数点ご紹介していきます。

スリッポン

最初におすすめするのがスリッポンです。

金額は800円~1900円税別。

ルームシューズやスリッパよりもかかと部分が丈夫でしっかりしているので歩きやすいです。

スニーカーよりも履き心地もよく楽です。

院内をリハビリ、検査などでよく歩いて動く人におすすめです。

しまむらでは多種多様なスリッポンがあり、最安値で800円、さらにお安いときもあります。

クッション性もよく、カラーやデザインにも富んでいます。

布生地で柔らかいので脱ぎ履きが楽だと思います。

軽くて低反発でかかとを踏んで履けるものなど、機能性も高く長く履いても疲れません。

夏はメッシュタイプ、冬はふわもこあったかタイプなどと季節に合った商品が販売されます。

シャワーサンダル(レディース)または ロゴサンダル(メンズ)

次に夏に登場するシャワーサンダルです。

値段は890円〜1000円税別です。

入院時にはサンダルも楽なのでおすすめです。

サンダルは脱ぎ履きしやすいので、その動作がしにくい人や足の怪我をしている人も使いやすいと思います。

スリッポンより安価なため、急な入院準備の時にもさっと買えて、退院後も捨てるのが気楽です。

また、しまむらには迷ってしまうほど、いろんな色やデザインのものがたくさんあります。

心が少しでも軽くなるように明るい雰囲気のものを選ぶのもいいでしょう。

スリッパ・ルームシューズ

病院から支給される入院セットにスリッパが入っていることがあります。

それは底が薄く、歩くとペタペタ音がして床の温度がすぐに伝わるものが多いです。

入院生活を少しでも気分よくするために自分で室内履きを用意する人も多いでしょう。

スリッパやルームシューズは、リハビリ移動する人や、車椅子に乗る病気やケガのある人にとっては、不向きです。

しかし、入院中はほとんど動かない人は、スリッパやルームシューズでも大丈夫です。

また、安価なので退院後に気兼ねなく捨てらるので、短期入院にはおすすめです。

キャラクターものも多く、キャラクター好きにはうれしいですね。

ルームシューズは、スリッパより少し価格が高くなりますが、履き心地も良く、スリッパほど足の指先が冷えません。


スポンサードリンク

しまむらの靴のサイズ展開は?

ここでは、それぞれのサイズの取り扱いを見ていきます。

スリッポンとシャワーサンダル

レディースとメンズでコーナーが分かれています。

レディースはM~LLサイズで、適正範囲23〜24.5cmです。

Sサイズは23cm未満対応。店内サイズ案内には記載されていたので、店員さんに取り扱いがあるか聞いてみてください。

メンズもM〜LLサイズで、適正範囲25〜27cmになります。

スリッパとルームシューズ

レディース・メンズ関係なく陳列されてます。

サイズは23cmをはじめ、27cmまで揃っています。

サイズ展開が幅広いので自分に合ったサイズが見つかりやすいですね。

この商品は靴コーナーにはありません。

布団やタオルなどの生活雑貨コーナーにあるので、そちらを探して下さいね。


スポンサードリンク

しまむらの靴の履き心地はどう?

どんな種類の靴をみてもデザイン、価格、機能性ともに大半が高評価になっています。

みんなに馴染み深い店なので人気があり、安心して買えるところがいいですね!

それでは、履き心地について見ていきます。

中敷のクッションの良さ

安くても底がふかふかしていて疲れにくいと人気です。

特に靴を買う時にここを重視する方って多いのではないでしょうか。

また、入院時は素足で履くことも多いので、中敷がしっかりしていると痛くなりにくいですね。

靴底がしっかりし、滑りにくく型崩れしにくい

履き心地を左右する大事なもう一点は、靴底の丈夫さと滑りにくさです。

中敷の他に靴底が滑りにくく、しっかりと丈夫に作られていると、型崩れもしにくく、長時間の動きでも疲れません。

病院内は固い床なので、底が薄いか分厚いかでは入院生活の快適さに大きな差がでるでしょう。

底が分厚く型崩れもなく滑らず、丈夫だと物持ちも良くなります。


スポンサードリンク

まとめ

今回は、入院した時に役立つ靴を数点紹介しました。

入院時の状態によって、適した靴はさまざまだと思います。

店舗に行ってここで紹介したものも含め、色々と試してぴったり合ったものを探すことをおすすめします。

不快な入院生活をより楽に快適に過ごせるように、まずは足元から始めましょう。

いざ、入院が決まったら、焦らずしっかり治療してください。

そして、お大事になさってくださいね。

早く退院できるように心からお祈り申し上げています。


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました