黒沢ともよ 出身大学・高校や声優経歴!出演キャラも調査

アニメ・ゲーム声優

この記事では、可憐な容姿に反した凛とした声の黒沢ともよさんの、学歴・出身校、またその声優経歴をご紹介しています。

役者から話題の声優になった異色の経歴の黒沢ともよさんは、一度聴いたら忘れられない声優の一人です。

また幼少期から演技の勉強もしており、子役デビューは4歳という役者としては大ベテランでもあります。


スポンサードリンク

黒沢ともよさんの学歴・出身校

小さい頃から役者として芸能活動をしていたにも関わらず、勉学の方も難関校へ進学していた黒沢ともよさんの出身大学は難関校の法政大学というのは有名な話ですね。

そんな勉学も仕事もきっちり両立した、黒沢ともよさんの出身校はどこなのでしょう。

またどんなプロフィールをお持ちなのかをご紹介します。

プロフィール

声優名 黒沢ともよ (くろさわ ともよ)
本名 黒沢朋世 (くろさわ ともよ)
生年月日 1996年4月10日
出身地 埼玉県秩父市
身長 149.5㎝
体重 41kg
血液型 O型
所属事務所 東宝芸能
活動時期 2010年
声優デビュー作 宇宙ショーへようこそ(小山夏紀)

学歴・出身校

小さい頃から役者として生きてきた黒沢ともよさんは、必然的に学業と役者の二足のわらじを履いてきました。

その中でも進学はしっかりして勉学もおろそかにしないのに役者としてもきちんと経歴を積んでいる、黒沢ともよさんの努力や精神力は素晴らしいものです。

そんな黒沢ともよさんの出身校をご紹介します。

出身大学

黒沢ともよさんの最終学歴は法政大学です。

大学に通いながら声優アワードの主演女優賞を受賞していますが、このころ黒沢ともよさんは声優として売れるにつれ仕事の主軸が声優となったことで悩んでいたそうです。

2019年の大学卒業後は再び役者として生きていく選択をし、事務所も移籍しました。

出身高校

出身高校は私立日本大学第二高等学校

この学校は偏差値が高く、きっちり勉強しないと通学も進学もできない学校です。

高校時代の黒沢ともよさんは家庭部や軽音楽部に所属していました。

大人になった現在でも歌うのが好きだと言われているので、この頃には既に音楽が好きだったのですね。

軽音楽部の担当はギターでした。

高校時代は芸能活動を一時休止していた時期でしたが、役者に対する想いはずっとくすぶっていたのでしょう。

こんなエピソードがありました。

高校進学後に子役時代に知り合った人を通して、仕事の依頼が来るようになったのです。

この事があり黒沢ともよさんは事務所に所属したいと考え、結果マウスプロモーションに所属しました。

出身中学校

出身中学校は、高等学校と同じく東京都にある日本大学第二中学校です。

高等学校へはエスカレーター式で進学できる制度になっていますが、こちらの学校も同じく偏差値が高めで努力しないとなかなか学校生活を維持できません。

黒沢ともよさんは、このころに声優としてテレビアニメデビューを飾ります。

声優としてもデビューしたことで多忙になり、本来の学校生活が楽しめなくなったこの頃に芸能活動を一時休止する選択を下したのです。

出身小学校

残念ながら出身小学校は非公開でした。

ですが、3歳から演技の勉強を始め4歳には子役デビューしていたので、小学校時代は多忙な生活を送っていたのではないかと思われます。

また中学校で上京しているので、小学校在学中もしくは卒業に合わせて上京したのが分かります。

家族情報と子供時代

3歳から演技の勉強をしていた黒沢ともよさん。

2000年、当時4歳でNHKの大河ドラマ葵 徳川三代目で市姫役でテレビドラマ初出演を経験しました。

また7歳の時には舞台の奇跡の人に出演をきっかけに役者人生を選択しました。

同年には同じく舞台、新・美空ひばり物語で幼少期の美空ひばりさん役を演じました。

3歳から演技の勉強をしていた黒沢ともよさんには高評価が多く、人気の子役となっていきます。

そんな黒沢ともよさんのご家族情報は、母親と祖母、祖父であることが公表。

母親は小さいころから芸能活動をする黒沢ともよさんの為に、マナーなどのしつけは人一倍厳しかったそうです。


スポンサードリンク

黒沢ともよさんの声優経歴

幼少期から子役として芸能活動をしていた黒沢ともよさんは、2010年に声優デビューまでに数々の舞台やミュージカルに出演していました。

声優としてブレイクする前にも芸能活動においては、既に売れっ子であったのです。

そんな黒沢ともよさんの声優経歴をご紹介します。

声優になったきっかけ

 

小さい頃からの演技の勉強に加え歌手デビューまでしていた黒沢ともよさんは、特に声優をしたいと思っていたわけではなく、演技力の高さと声の良さがあって声優デビューをした印象があります。

こんなバックグラウンドがあるため黒沢ともよさんは、ベテラン若手声優なんてからかわれた経験もあります。

声優経歴

2010年、劇場アニメ宇宙ショーへようこそで小山夏紀役で声優デビュー。

2012年にはマウスプロモーションに所属、同時に芸能活動を一時休止し声優活動に専念。

同年、大人気テレビアニメ、アイカツ!(2012年-2016年)で有栖川おとめ役を担当。

2014年から出演作品が増え始め、重要な役どころの声優も増え始める。

2018年には第十二回声優アワードで主演女優賞を受賞。

2019年、大学卒業をきっかけに再度活動の中心を舞台演劇に戻す。

2021年マウスプロモーションから東宝芸能へ移籍。

同年には話題アニメの終末のワルキューレでゲル役で出演。

人気主要キャラ抜粋

アニメ

作品名キャラ放送時期
アイカツ!有栖川おとめ2012/10
ブラック・ブレットティナ・スプラウト2014/4
ラグナストライクエンジェルズ姉守綾乃2016/4
宝石の国フォスフォフィライト2017/10
荒ぶる季節の乙女どもよ。本郷ひと葉2019/7
 BanG Dream!ガルパ☆ピコ ふぃーばー! ミッシェル、奥沢美咲2021/10
 アイカツ! 有栖川おとめ2021/10
 メガトン級ムサシ 神崎明日菜 2021/10
終末のワルキューレゲル2021/10
結城友奈は勇者である犬吠埼樹2021/10
ゆるキャン△SEASON2土岐綾乃2021/10

【2021年10月現在】


スポンサードリンク

まとめ

黒沢ともよさんが声優としてデビューした時には、ベテラン新人声優なんて呼ばれるほど芸能活動歴自体はとても長く、またそう呼ばれるだけの実力を持ち合わせていました。

数々の話題作や人気作に出演、しかしそんな人気者にも影では悩みがあったことも黒沢ともよさんの演技を輝かせる要因の一つのように思います。

役者に声優にと幼少期から人気者として走り続ける黒沢ともよさんの学歴・出身校、またその声優経歴をご紹介しました。


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました