冨安健洋【背番号14】の学歴や経歴を紹介!出身高校や大学情報(東京五輪サッカー(男子)DF )

東京五輪サッカー(男子)DFの冨安健洋さんは、高校3年生でプロになり、19歳で海外のクラブからのオファーで移籍し、活躍している選手です。

そんな冨安健洋さんは、どんな経歴でどこの出身なんでしょうか。


スポンサードリンク

冨安健洋さんの学歴・出身校

冨安健洋さんはどのような学歴の持ち主なのか、プロフィールから出身校、家族構成、子供の頃のエピソードについて見ていきましょう。

冨安健洋さんのプロフィール

氏名  冨安健洋(とみやす たけひろ)
生年月日  1998年11月5日
出身地  福岡県
身長  188cm
体重  84kg
血液型  A型

冨安健洋さんの学歴・出身校


高校は、九州産業大学付属九州高等学校に2年生まで在籍していました。

九州産業大学付属九州高等学校は、福岡県福岡市東区にある私立の高校です。

17歳でアビスパ福岡とプロ契約をして通学が困難になったため、3年生で通信制の高校に転向しています。

九州産業大学付属九州高等学校には2019年に来校し、その記事の中にも「2年生まで在籍していた」と書かれていました。

転向した高校の情報は、残念ながら公開されていません。

中学は、福岡市立三筑中学校を卒業しました。

福岡市立三筑中学校は、福岡県福岡市博多区にある公立の中学校です。

サッカー部には入っておらず、アビスパ福岡の下部組織でプレーをしていました。

体育祭のリレーで半周遅れてバトンをもらったが、全員を抜き去った超人エピソードがあります。

小学校は、福岡市立三筑小学校でした。

福岡市立三筑小学校は、福岡県福岡市博多区にある公立の小学校です。

冨安健洋さんは、サッカー日本代表選手の中でもかなり大きい方で、これは既に小学校の時から周りよりひとまわり以上大きく、小学3年生で足のサイズが23cmもありました。

冨安健洋さんの子供時代とご家族情報


冨安健洋さんは、福岡市博多区三筑で生まれて海外のクラブへ移籍するまでは福岡で生活されていました。

名前には、健康で太平洋のように広い心を持った人間に育ってほしいといった願いが込められています。

子供の頃から頭がよく、自分で考えて行動する既に自主性を持った子でした。

家族構成は父親、母親、姉が2人の5人家族です。

父親は野球と剣道をしていたスポーツ万能な方です。

母親は元陸上選手で、両親ともに運動神経がいいと推測できますね。

冨安健洋さんの足の速さは母親のDNAを受け継いでいるのでしょう。

教育方針は特にありませんでしたが、幼い頃から本人の自主性に任せて、善悪の判断だけ間違えないように見守っていました。

姉2人の情報は、残念ながら公開されていませんでした。


スポンサードリンク

冨安健洋さんの経歴

冨安健洋さんは、スーパー小学生と周りから言われ続け、その期待通り今では海外のクラブで主力としてプレーしています。

そんな冨安健洋さんですが、どのような経緯でサッカーと出会い、どのような実績があるのでしょうか。

サッカーとの出会い


サッカーとの出会いは幼稚園の時、初めは水泳をする予定でしたが祖母の家のランニングマシーンで顎を怪我して断念し、代わりにコスモサッカークラブの体験があったので、そこに行ったら楽しくて本格的に始めることになります。

小学1年生の後半に家の近くを走っていると、走り方が驚くほどきれいなのを見かけた三筑キッカーズの代表・辻 寛二さんが知り合いを通じてスカウトし、同チームに入団します。

経歴・エピソード

三筑キッカーズに入団すると、抜群の運動神経からすぐに上達していきました。

さらに冨安健洋さんは手を抜くことを一度もせず、いつ何事も全力で取り組み、ミスをした時には自ら考えて修正していたので、怒ったりしたことがなかったと当時のコーチが語っています。

クラブの練習以外でもサッカーばかりしていたそうで、周りの友達が家でゲームをしていても外にいて、1日10時間ほど練習していました。

小学4年生で既に6年生の試合に出場し、2つ上の元日本代表で現在はガンバ大阪でプレーする井手口陽介さんとも対峙し、全く引けを取らないほどの実力で、小学6年生にはナショナルトレセンに選ばれます。

バルセロナスクール博多にも週2回通い、よりレベルの高い選手とコーチがいる環境で技術を磨き、卒業時にはスペイン遠征に行き、海外の同学年の実力に衝撃を受け、この経験が今も活きていると話しています。

中学に上がりアビスパ福岡のセレクションに合格し、初めは1年生チームで練習していましたが、途中で2年生チームに昇格を果たしています。

昇格した理由は技術ではなく、体の大きさ、それと何事も100%で取り組む姿勢を買ってのことだと当時のコーチは話していました。

練習はもちろん、雑用もこなし、サッカーノートも毎日自分の課題などを分析する生真面目があったからこそ今の自分があると本人も語っています。

中学3年生になると、U-15日本代表に選出されるほど成長しており、高校に上がるタイミングでアビスパ福岡のU-18チームへ順調に進みます。

そこでもすぐに主力として活躍し、2年生で2種登録され2015年10月の公式戦で高校生ながらJリーグデビューを果たしました。

3年生になるタイミングでプロの打診をされ、卒業を待たずにプロ契約をし、通信制の高校に転校することになります。

1年目でレギュラーに定着し、U-19日本代表でも主力としてAFC U-19選手権を優勝に導く活躍を見せます。

そして2018年1月、ベルギー1部リーグのシントトロイデンからのオファーを即決し、完全移籍を発表しました。

同年5月13日に初出場を果たし、その後は主力としてリーグ戦27試合に出場し、クラブのサポーター団体からシーズン最優秀選手に選ばれる功績を残しました。

そして同年8月に行われたキリンチャレンジカップに日本A代表として選出され、10代でA代表デビューし、翌年のAFCアジアカップではA代表初ゴールを決めています。

2019年7月には、よりレベルの高いイタリア セリエAのボローニャFCへ完全移籍し、瞬く間にレギュラーを獲得し、8月のクラブ月間MVPに選出される活躍で、信頼を勝ち取ることが出来ました。

これだけの活躍から、東京五輪の主力メンバーとして招集されることになります。

主な戦績

この投稿をInstagramで見る

 

小川航基(@koki4629)がシェアした投稿


冨安健洋さんは、19歳で海外への挑戦で結果を残し、10代で日本A代表になることが出来ました。

その主な戦績は以下の通りです。

  • 2014年 AFC U-16選手権 出場
  • 2016年 AFC U-19選手権 優勝
  • 2018年 キリンチャレンジカップ 出場
  • 2019年 AFCアジアカップ2019 2位
  • 2019年 コパ・アメリカ2019 出場

そして2021年開催の東京五輪に選出されています。

2021年現在、22歳でこれだけの代表経験をしている選手は、過去を遡ってもなかなかいません。


スポンサードリンク

まとめ:冨安健洋の学歴・出身校と経歴

今回は、東京五輪サッカー(男子)DFの冨安健洋さんについてご紹介しました。

小学1年生で三筑キッカーズに誘われていなければ、今の冨安健洋さんはいなかったかもしれません。

持ち前の運動神経を最大限活かせているのも、本人の生真面目過ぎる性格があってこそです。

今後、間違いなく日本を背負っていく選手になることでしょう。

活躍に目が離せません。


スポンサードリンク