独唱の塔天の経歴や学歴紹介! 出身高校や大学情報(R-1)

お笑い芸人

R-1の準決勝に進出したお笑いピン芸人の独唱の塔天さんですが、敗者復活戦への勝抜きは出来るのでしょうか。

そんな独唱の塔天さんはどこの出身でなぜピン活動をしているのでしょうか。

そこでお笑いピン芸人独唱の塔天さんの経歴と学歴・出身校についてご紹介します。


スポンサードリンク

独唱の塔天さんの経歴

独唱の塔天さんは吉本興業の大阪に所属のピンで活動するお笑芸人です。

芸名の独唱の塔天の読み方は「どくしょうのとうてん」のようです。

以前は「、」だけ書いて「読点(とうてん)」という芸名で、宇宙女のおりいかえでさんとテディムソウというコンビを組んでいました。

芸風は、主にはフリップを交えた「替え歌」ネタを得意としています。

独唱の塔天さんの替え歌ネタは麒麟の川島明さんが太鼓判を押していて、替え歌で今一番面白い芸人といっています。

この番組でしか見られないアーティスト・独唱の塔天は圧倒的歌唱力と歌詞で審査員を魅了する。川島が「替え歌させたら今一番面白い」とコメントをする、クオリティの高いパフォーマンスを見せる。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

 

独唱の塔天さんは、フリップネタの「替え歌できるかな」をTwitterで投稿しています。

種類としては次のものです。

嵐の『Love so sweet』
センチメンタル・ジャーニー
中島みゆきの地上の星
Official髭男dismの宿命
松任谷由実『守ってあげたい』
にんじゃりばんばん

賞レースのR-1ぐらんぷりでは高校二年生から毎年エントリーしていて、2020年は準々決勝で敗退となったものの、2021年は準決勝進出を果たしています。

テレビでは、TBSの「爆笑ターンテーブル」に出演。

独唱の塔天さんはこの番組の中で『おべんきょうのうた』として替え歌を歌って、『替え歌の新星』として注目されていました。

その他には、「ウチのガヤがすみません!」のガヤ芸人として出演しています。


スポンサードリンク

独唱の塔天さんの学歴・出身校

独唱の塔天さんは本名だけでなく年齢や生年月日、出身地も現在公開されていません。

年齢に関しては、2011年時に大学1年生だったので、現役で大学に合格したとすると1992年生まれのようです。

通っていた高校や中学校などは明らかになっていませんが、大学は兵庫県立大学を卒業しているという情報がありました。

身長は、メディアに出演している感じから170㎝前後ではないかと思われます。

詳しい情報が入りましたら、追記しますね。

独唱の塔天さんといえば衣装の帽子が独特ですよね。

あの帽子は姫路の衣作家の西やま ちさ代さんのデザインです。

シャツは母の音楽の友人である、めん100の中本亘さんにデザインしてもらったそうです。

独唱の塔天さんがお笑いをやることに対しての、母親を含め周りの応援を感じますね。

また、顔はジョイマンの高木晋哉さんと似ていると評判です。

今は出身校などの情報がほとんどありませんでしたが、今後メディアへの露出も増え注目されると、家族構成や幼少期のエピソードなどは明らかになってくるのではないかと思います。


スポンサードリンク

まとめ

お笑いピン芸人「独唱の塔天」さんの経歴と学歴・出身校についてご紹介しました。

独唱の塔天さんについての情報は現在はかなり少なくて、わからないことが多かったです。

替え歌という独特の芸風ですので、これからますます人気が出てくると思います。

今後人気が出てくればメディアへの露出が増えて、詳しい情報も出てくると思います。


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました