祐徳稲荷神社は、年間300万人が訪れる人気のスポットです。

最近では、タイでヒットしたドラマ「Stay」のロケ地ともなった為、さらに人気を高めています。

初詣期間には、約70万人が訪れるため、予め状況を把握することで、スムーズに参拝できると思います。

そこで今回は、参拝時間や混み具合、おすすめの期間をご紹介します。


スポンサードリンク

初詣期間中の参拝待ち時間や混み具合を予想

引用:https://twitter.com/integura1666/status/1212498741522882560?s=21 

祐徳稲荷神社の、初詣期間中の参拝待ち時間や混み具合についてご紹介したいと思います。

日本三大稲荷の一つである祐徳稲荷神社は、大晦日から三ヶ日まで大変多くの参拝客が訪れます。

スムーズに参拝するためにも、予め混み具合を把握しておくことをおすすめします。

そこで、ここでは以下についてご紹介していきたいと思います。

  • 1月1日の参拝予想人数と待ち時間
  • 1月2日・3日の参拝予想人数と待ち時間
  • 1月4日以降の参拝予想人数と待ち時間

 

1月1日の参拝予想人数と待ち時間

引用:https://twitter.com/pethiko7/status/1212084751063904256?s=21 

カウントダウンを目的とした方もいるので、大晦日から1日にかけて、約30~40万人の参拝客が訪れると思います。

特に、21時から1日の午前3時までは集中して混雑し、参拝は2、3時間の待ち時間になると思います。

1月2日・3日の参拝予想人数と待ち時間

引用:https://twitter.com/suzaku_glovers/status/1212668011863146497?s=21 

1月2日から3日にかけては、三ヶ日ということもあり、約20~30万人の参拝客が訪れると思います。

9時〜17時に集中して混雑し、参拝の待ち時間は1~2時間はかかると思います。

1月4日以降の参拝予想人数と待ち時間

4日以降になると、少しずつ参拝客が落ち着いてくると思います。

それでも10万人ほどの参拝客が1月の間に訪れるので、日中は賑わっています。

参拝の待ち時間は、ほとんどないと思います。

 

祐徳稲荷神社は、日本三大稲荷と呼ばれるだけあり、大晦日から三ヶ日まで大変な賑わいのようです。

大晦日から元旦にかけて、三ヶ日も時間によっては大変混み合うことが予想されています。

参拝前には何日に行くか、何時ごろに行くのか計画を立てることをおすすめします。


スポンサードリンク

混雑しにくい参拝のおすすめ時間帯

引用:https://twitter.com/integura1666/status/1212498741522882560?s=21

祐徳稲荷神社の初詣は、大変な混雑が予想されています。

次に、混雑しにくい参拝のおすすめ時間帯について、ご紹介します。

ここでは、以下についてご紹介しています。

  • 1月1日のおすすめ時間帯
  • 1月2日・3日のおすすめ時間帯
  • 1月4日以降のおすすめ時間帯

 

1月1日のおすすめ時間帯

引用:https://twitter.com/tonton_metal/status/1079913195337244672?s=21 

元旦は、大晦日から参拝客が途絶えることなく、終日混雑すると考えられます。

そのため、比較的落ち着くのは18時以降になると思います。

1月2日・3日のおすすめ時間帯

引用:https://twitter.com/1982kxvk1113/status/1080393334160379904?s=21

2日、3日も三ヶ日の期間なので、日中の混雑が予想されます。

そのため、早朝か夕方17時以降の時間は比較的スムーズに参拝できると思います。

1月4日以降のおすすめ時間帯

4日以降は少しずつ、参拝客が落ち着いていきます。

しかし、1月中の土日は参拝客が増えるので、早めの午前中か夕方以降だとスムーズだと思います。

 

混雑しにくい参拝のおすすめ時間帯について、ご紹介しました。

三ヶ日は大混雑が予想されますが、ピーク時を避けることで、比較的スムーズに参拝ができると思います。


スポンサードリンク

初詣の参拝はいつまでに行けばよいのか

 

この投稿をInstagramで見る

 

のぶゆき(@osakadondon)がシェアした投稿

引用:https://www.instagram.com/p/CHjgIkXl5QG/?utm_source=ig_web_copy_link 

初詣は正月三が日に行うのが定番になっていると思います。

ただ、参拝客が集中するので、いつ行くか悩んでいる方も多いと思います。

「松の内」という言葉があります。

松の内とは、「門松が飾られている期間」で、暦では1月7日までとするのが一般的です。

また、関西の場合は1月15日までとしている地域もあるようです。

自分の無理のないタイミングで、参拝することをおすすめします。

 


スポンサードリンク

祐徳稲荷神社の参拝時間のまとめ

今回は、祐徳稲荷神社の参拝時間、初詣の混雑状況やおすすめ期間を紹介しました。

祐徳稲荷神社の初詣は70万人が訪れるだけあり、大変混雑するようです。

しかし、集中する参拝時間や期間を事前に知ることで、スムーズに参拝できると思います。

祐徳稲荷神社は、年間を通して24時間営業しているので、早朝や夜間の参拝がおすすめです。

ぜひ、自分に合ったタイミングを見つけて、スムーズに参拝を楽しみましょう。


スポンサードリンク