遊佐浩二の出身高校や声優経歴は?過去キャラや予定作品も調査!

遊佐浩二さんは「色っぽい」と称される艶のある声で、好青年から狂気的な役までを演じ分ける、実力派の声優として活躍中です。

そんな遊佐浩二さんの経歴、家族、幼少期について調べてみました。


スポンサードリンク

遊佐浩二さんの学歴・出身校

遊佐浩二さんはどのような学歴の持ち主なのか、プロフィールから出身校、家族構成、子供の頃のエピソードについて見ていきましょう。

遊佐浩二さんのプロフィール

声優名  遊佐 浩二 (ゆさ こうじ)
本名  遊佐 浩二 (ゆさ こうじ)
生年月日  1968年8月12日
出身地  京都府京都市伏見区淀(生まれは大阪府)
身長  173cm
体重  58kg
血液型  B型
所属事務所  フリー
活動時期  1993年~
声優デビュー作  黄金勇者ゴルドラン(舎弟)※アニメでのデビュー作

遊佐浩二さんの学歴・出身校


遊佐浩二さんがどこの学校に通ったのか、またどのような学生だったのかを大学から小学校に分けてお伝えします。

また、それぞれの学校の特徴などもご紹介します。

遊佐浩二さんの出身大学

遊佐浩二さんは、大東文化大学を卒業しています。

東京都板橋区と埼玉県東松山市にキャンパスを持つ大学で、特にスポーツ選手を多く輩出しています。

声優の塩田朋子さん、大森章督さんもこの大学の卒業生です。

出身学部は非公開ですが、国語学を専攻していたとの情報がありますので、文学部国文学科、または2018年に廃止された文学専攻科日本文学専攻の可能性が高いです。

遊佐浩二さんの出身高等学校

出身高校は非公開です。

「東京の大学に行くために勉強した」との情報があるので、高校までは京都の学校だったのではないかと推測されます。

高校在学中から声優になるための通信講座を受講しており、この頃にはすでに将来の進路を決めて進んでいた少年でした。

遊佐浩二さんの出身中学校

出身中学校についても公表されていません。

出身地の京都市伏見区淀で公立中学校の校区を調べると、京都市立大淀中学校が該当します。

遊佐浩二さんの在籍情報は確認できませんでしたが、伏見区淀を校区とする公立中学校は1校しかないため、通っていた可能性があります。

大淀中学校はJRA京都競馬場の南西に位置し、最寄り駅は京阪電鉄本線の淀駅です。

淀に隣接する久御山町に団地が建設され、児童数の増加に伴い校区が再編され、大淀中学校が新設されました。

卒業生には元メジャーリーガーの岡島秀樹さんがいます。

遊佐浩二さんの出身小学校

出身小学校も公表されていません。

遊佐浩二さんはラジオで「小学校6年生の3学期に引っ越し、最後の1ヶ月だけを電車で通学した」と語っています。

この事からすると、小学校時代に大阪から京都に引っ越しをしたが、小学校は転校せずに電車で通学したことが想像できます。

中学校は京都市立大淀中学校ですが、生まれは大阪であることから、小学校は大阪だったと思われます。

引っ越し前の住所が解りませんので通った小学校は解りませんが、大阪の小学校を卒業後、京都市立大淀中学校に進学した可能性は高いです。

引っ越しが京都市内での話だったのであれば、出身地の京都市伏見区淀には京都市立明親小学校京都市立美豆小学校があります。

小学校時代を京都の出身地で過ごしていたとすると、このいずれかの学校に通っていた可能性があります。

これらの小学校の近くには「淀の河津桜」と呼ばれる桜の名所があり、春には美しい景色を見ることができます。

遊佐浩二さんの家族情報と子供時代


遊佐浩二さんは、どのような子供時代を過ごしたのかを見ていきましょう。

またご家族の情報についても調べてみました。

遊佐浩二さんには4歳上の兄がいます。

兄は地元の京都で働いているとの情報があります。

幼少期の遊佐浩二さんは内気で、人前に出るのが苦手な少年でした。

「世の中をナナメから見ている子供だった」と自身もインタビューで語っています。

テレビが好きで、当時流行っていた『マジンガーZ』や『ルパン三世』に夢中になる壮年でした。

現在、遊佐浩二さんは独身です。

HUNTER×HUNTER』」シリーズや『テニスの王子様』で共演した声優の三橋加奈子さんと2007年に結婚しましたが、2012年に離婚しています。

当時は「ショックがないと言ったら嘘になるけれど、心の整理はついている」と心境を語っていました。


スポンサードリンク

遊佐浩二さんの声優経歴

「エロい声」とも称される色っぽい声での大人のキャラから、ゆるいキャラまで自在に演じ分け、パーソナリティを務めるラジオ番組ではお茶目な一面も見せる遊佐浩二さん。

そんな遊佐浩二さんですが、どのような経緯で声優を目指し、どのような経歴があるのかを見ていきましょう。

声優になったきっかけ

遊佐浩二さんが声優になるきっかけを作ったのは「ラジオ」でした。

中学校の入学祝にラジカセを買ってもらい、それで聞いたラジオドラマに引き込まれ「音声だけでこんなに広がる世界があるのか」と衝撃を受けました。

また、テレビアニメからも声優という仕事に興味を持ち、憧れを抱くようになっていったのです。

高校2年生の時に「君も声優になれる」のキャッチコピーを見つけ、勝田声優学院の通信講座の受講を始めました。

両親にも告げず、自分のお小遣いで受講費用をまかなったといいます。

そして、高校3年生になって進路を考える際に「東京で声優になる」と決めたのでした。

遊佐浩二さんの声優経歴

声優になることを決めた遊佐浩二さんは、まずは東京の大学に入ることを目標としました。

そして大学卒業後に正式に勝田声優学院に入所し、1993年に『黄金勇者ゴルドラン』の舎弟役で声優デビューを果たしました。

その後は『名探偵コナン』、『ドラえもん』、『クレヨンしんちゃん』、『ポケットモンスター』などのキッズ向けアニメにも多く出演しています。

また、京都弁を扱える数少ない声優の一人として、『弱虫ペダル』の御堂筋翔や、『青の祓魔師』の志摩廉造など、多くの関西人キャラを演じています。

2021年には人気アニメ【ヴァニタスの手記】のヨハン役も演じているます。

アニメ以外の活躍も多く、『仮面ライダー電王』の後期主題歌を手掛けたことが話題となり、第2回声優アワードではシナジー賞を受賞しています。

現在は事務所を退所し、フリーで活動しています。

そして、2021年放映の『精霊幻想記』では、レイス=ヴォルフ役を演じています。

 

過去のキャラ一覧

ジャンル 作品名 キャラ名 放送時期
アニメ 超者ライディーン 鳥飼銀牙/ライディーン 1996-1997年
アニメ 名探偵コナン 沖田総司 他 1997年-
アニメ ドラえもん 学生、医者、ホテルマン 他 2003-2009年
アニメ BLEACH 市丸ギン 2004-2012年
アニメ アイシールド21 葉柱ルイ 2005-2008年
アニメ 銀魂 東城歩 2007-2018年
アニメ 薄桜鬼 原田左之助 2010-2016年
アニメ 弱虫ペダル 御堂筋翔  2013-2018年 
アニメ 鬼灯の冷徹 白澤 2014-2018年
アニメ 妖怪ウォッチ シャドウサイド 酒呑ハルヤ(酒呑童子) 2018-2019年
アニメ ひぐらしのなく頃に業 雲雀13 2021年
映画 青の祓魔師 ―劇場版― 志摩廉造  2012年冬
映画 クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん 黒岩仁太郎 2014年春
映画 映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ 鮫島幸造 2021年夏 

今後の予定キャラ一覧

ジャンル 作品名 キャラ名 放送予定時期
アニメ ヴァニタスの手記 ヨハン 2021年夏
アニメ 精霊幻想記 レイス-ヴォルフ 2021年夏 

【2021年8月時点】


スポンサードリンク

まとめ:遊佐浩二の学歴・出身校と経歴

今回は、遊佐浩二さんの学歴や経歴、家族についてご紹介しました。

人づきあいが苦手で、ちょっと冷めた少年は、ラジオドラマをきっかけに声優へのあこがれを抱きました。

その夢をかなえるために自分の小遣いで声優講座を学ぶなど、内に秘めた熱い気持ちを持つ努力家でもあります。

今ではアニメはもちろん、映画の吹き替えやナレーションなど、印象的な番組には欠かせない存在となりました。

その変幻自在の声で、これからも私たちを楽しませてくれることは間違いありません。

今後の遊佐浩二さんの活躍にも期待しましょう。


スポンサードリンク