宝塚歌劇団の恋愛OKはほんと?男役は引退後の人生が大変!

芸術・作家他

タカラジェンヌとして男役で脚光を浴びたOBさんのその後の人生のコメントが壮絶です。

そこで、宝塚歌劇団の恋愛OKはほんと?男役は引退後の人生が大変!を紹介します。


スポンサードリンク

宝塚歌劇団の恋愛OKはほんと?

在団中は「主軸」として脚光を浴びることが多い男役も、第2の人生でも引く手あまたとは限らず、新しい世界に飛び出す不安は一般の人となんら変わりない。これから第2の人生を歩もうとする男役だった宝塚OGたちに、今の心境を聞いた。

引用:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6371079

記事内にもありましたが、恋愛についても宝塚ならではの「指導」を受けていたそうです。

「恋愛はしてもいいんです。でも演出家の先生からは『恋をしなさい!そして捨てられなさい!』と言われましたそうです。

『(演技に)味が出るから』という理由でしたが、衝撃でしただったそうです。


スポンサードリンク

宝塚歌劇団の恋愛OKはほんと?男役は引退後の人生が大変!

宝塚男役の引退後についてネットでは

・トップスターでさえ退団後軌道に乗ってる人は少ない。OGは更に厳しい。

・あんな華やかな世界に居た方々だから退団後は色々大変だろうな。
年齢的にも、経済的にも、夢だけじゃ生きて行けない。

・トップスターでもその後芸能デビューして輝ける人は少ないね。
真矢ミキさんも相当辛酸なめた後のブレイクだし。
紫吹淳さんは笑われキャラになってしまったし。
皆が輝けると良いですね。

・大体OGの数が多いから、大地真央さんとか、天海祐希さんとか、真矢みきさんみたいに、よっぽどその人にスター性がないと同じに見えちゃうよね。

・芸能界で生きていくために、下品なキャラに走ったりするのだけはやめてほしい

というコメントが話題になっていました。

私の考えでは、男役の特性を持ったまま生きてもいいと思います。

別に女性なら必ずスカートを着る必要があるわけでもないし、最近は結婚も必修ではないです。

ムリしてまで社会の女性像に自分を合わせなくても生きていけると思います。

退団したジェンヌさん達が気楽に生きて欲しいです。

 

宝塚に限らずスポーツ選手にも言える事だと思いますが、プロに入団出来た時点で選ばれし人間で、その中でもトップにまで登り詰めたスーパースター程、引退後の落差に驚くんじゃないかと思います。

華やかな世界で、強烈なスポットライトを浴びてしまうと、簡単には一般人に戻れないというよりも、一般人の経験がないわけですので、仕方がないことだと思います。

周りの人たちが理解をしてあげることが大説だと思います。


スポンサードリンク

宝塚歌劇団の恋愛OKはほんと?男役は引退後の人生が大変!のまとめ

宝塚歌劇団の恋愛OKはほんと?男役は引退後の人生が大変!を紹介しました。

恋愛はてっきり禁止と思っていましたが、大丈夫だったのですね。

とは言っても恋愛している間に、他のメンバーに追い抜かれて行くと思えば、恋愛をしている時間は無かったでしょう。

私たちに夢を届けてくださった方々ですので、皆さんが幸せになってほしいです。


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました