窪田正孝の大学・高校・中学時代!学生生活とその後の芸能界入り秘話

この記事では、俳優の窪田正孝さんの学歴や出身校、芸能界入りのきっかけとなったエピソードや出演作品について紹介します。

影のある役柄からコメディータッチの作品まで幅広くこなし、唯一無二の存在感を誇る俳優として活躍中です。

窪田正孝さんの学歴・経歴やエビソードを知りたい方は、ぜひお読みください。


スポンサードリンク

窪田正孝の学歴・出身校


華奢に見えるが実は細マッチョで、役柄に合わせてストイックに体を鍛えているという窪田正孝さん。

大学から小学校までの学歴と、学生時代のエピソードを紹介します。

出身大学

窪田正孝さんは大学には進学していません。

高校卒業後には就職することを決めていましたが、在学中に事務所のオーディションを受けて合格し、芸能活動を開始しています。

そのため、大学進学は全く考えていなかったと思われます。

出身高校

窪田正孝さんの出身高校は、神奈川県立神奈川工業高等学校です。

1912年に神奈川県初の工業学校として開校し、地元では「神工(じんこう)」「神奈工(かなこう)」の愛称で親しまれています。

現在は全日制と定時制の課程を持ち、機械、電子、デザイン、建設の専門コースで即戦力社会人となる知識を身につけることが可能です。

かつて俳優集団「D-BOYS」のメンバーとして活躍した柳下大さんは窪田正孝さんの同級生でした。

『ワイルド7』シリーズで知られる漫画家の望月三起也さんも、この学校の卒業生です。

学校名神奈川県立神奈川工業高等学校
学科・コース 機械科
偏差値45
所在地〒221-0812 神奈川県横浜市神奈川区平川町19-1
最寄り駅東白楽駅・・東急電鉄(東横線)
東神奈川駅・・JR(横浜線・京浜東北線)
京急東神奈川駅・・京急電鉄(本線)
公式サイトHPhttps://www.pen-kanagawa.ed.jp/kanagawa-th/
著名な卒業生望月三起也(漫画家)、柳下大(元:D-BOYS)

窪田正孝さんの高校時代

窪田正孝さんは、自動車整備士を目指して機械科に進学しました。

車好きというだけでなく、人見知りで「人との関わりが少なそうな仕事に見えたから」というのも整備士を目指した理由だった、とのちにインタビューで明かしています。

その気持ちは本物で、学生時代にはガソリンスタンドでアルバイトをして自動車に触れる機会を増やし、さらにバイクを買うために貯金をしていたそうです。

また、ダンス部に所属しており、ポッピンダンスに熱中していたと語っています。

過去にはバラエティー番組でムーンウォークを交えたダンスを披露したこともあり、多くの反響を呼びました。

高校時代のさまざまな経験が、今の芸能生活にも生かされているのでしょうね。

出身中学校

窪田正孝さんの出身中学校は、横浜市立南中学校です。

JR横浜駅から南東に約4.5kmの地点にあり、近くにはプールや展望台を備え、犬同伴でも楽しめる弘明寺公園があります。

創立は1947年で、2012年に開校した横浜市立南高等学校附属中学校とは別の学校です。

2024年からは標準服が一新され、男女ともにブレザーとネクタイのデザインに変わることが発表されました。

指揮者として世界で活躍中の大野和士さんも、この学校の卒業生です。

学校名横浜市立南中学校
所在地〒232-0066 横浜市南区六ッ川1-14
最寄り駅弘明寺駅・・京急電鉄(本線)
公式サイトHPhttps://www.edu.city.yokohama.lg.jp/school/jhs/minami/
著名な卒業生大野和士(指揮者)

窪田正孝さんの中学校時代

中学校時代の窪田正孝さんはバスケットボール部に所属していました。

小学校卒業までは野球をしていた窪田正孝さんですが、2歳上の兄が野球部に在籍していたこと、漫画『SLAM DUNK』に影響を受けたことからバスケットボールに転向しています。

初心者として始めたものの、3年生の時にはレギュラーを獲得しており、運動神経のよさがうかがえますね。

優しい性格のため男女問わず人気があり、卒業式の際には制服のボタンがすべてなくなってしまいました。

モテ期が到来していたのですが窪田正孝さん自身はあまり自覚がなく、控えめな態度がさらにモテる理由だった、と当時の同級生が明かしていました。

出身小学校

窪田正孝さんの出身小学校は、横浜市立大岡小学校です。

1872年創立の大変長い歴史を持ち、数度の移転や合併、関東大震災による校舎全壊などを乗り越えて現在に至ります。

生徒の自主性を重んじ、地域活動に熱心に取り組むカリキュラムが好評です。

ダイナミックな画風で知られる画家の片岡球子さんは、この小学校で29年間教師をつとめ、校長室には片岡球子さんから寄贈された絵画が飾られています。

学校名横浜市立大岡小学校
所在地〒232-0054 横浜市南区大橋町3丁目49
最寄り駅弘明寺駅・・京急電鉄(本線)
公式サイトHPhttps://www.edu.city.yokohama.lg.jp/school/es/ohoka/
著名な卒業生

窪田正孝さんの小学校時代

窪田正孝さんは、小学校入学と同時に少年野球チームに入団し、兄たちと一緒にプレーしていました。

特に1歳上の兄に憧れとライバル心を燃やし、「兄よりもうまくなりたい」と熱心に練習に取り組んでいたそうです。

当時の夢は「プロ野球選手かレーサーになること」だった、とのちに窪田正孝さんは明かしています。

抜群の運動神経を発揮し、小学校卒業まで6年間野球に打ち込んだことが、のちの俳優生活での演技にも生かされているのかもしれませんね。


スポンサードリンク

窪田正孝の経歴


甘いものが好きで、1日に30本も氷菓子を食べたことがあるという窪田正孝さん。

どのような経歴の持ち主なのか、詳しく見ていきましょう。

芸能界デビューのきっかけ

窪田正孝さんは穏やかで引っ込み思案な性格だったため、芸能界への憧れは持っていませんでした。

しかし、人見知りであることを心配した母親の勧めにより、雑誌に載っていたスターダストプロモーションのオーディションを受け、2004年に合格して事務所入りを果たしています。

オーディションはかなりの狭き門だったと思われますが、窪田正孝さん自身はのんびりしており、当時を次のように振り返っています。

“何がしたい?”って聞かれたのですが、いや、何したいって言われても……みたいな感じで。事務所に入ったものの、それをリアルになんて考えていませんでした
窪田正孝の足跡、“俳優魂”に火をつけた三池崇史監督からの深い「言葉」 | 週刊女性PRIME

入所後は高校に通いながら演技レッスンを受け、2006年にドラマ『チェケラッチョ!! in TOKYO』と映画『ユモレスク〜逆さまの蝶〜』でデビューを飾りました。

その後は若手俳優のダンスユニット『Jamming Flow』のメンバーに抜擢されますが、約1年でユニットは解散となってしまいます。

受けていたオーディションにも落ち続け、一時は引退を考えるほど悩んだ時期があったのです。

注目される作品と役柄

俳優としての実力に限界を感じ「これを最後にしよう」と受けたのは、映画監督の三池崇史さんによるドラマ『ケータイ捜査官7』のオーディションでした。

このオーディションで見事にこのドラマの主役「網島ケイタ」役を射止めたのです。

この時に三池崇史さんは「10年後に窪田を選んだ理由がわかる」と語り、その言葉を裏切らないために窪田正孝さんは「俳優として本気で頑張ろう」と思ったのでした。

窪田正孝さんにとって三池崇史さんは恩人ともいえる人なのでしょう。

その後はアイドル路線を捨てて硬派な役にも取り組み、さまざまなヒット作に出演しています。

代表的な作品を挙げておきましょう。

【映画】 ※は主演
・ガチバンシリーズ(2010-2014年):黒永勇人 役※
・るろうに剣心(2012年):清里明良 役
・闇金ウシジマくんPart2(2014年):神咲麗 役
・東京喰種トーキョーグール(2017-2019年):金木研 役※
・ある男(2022年):谷口大祐 役
・スイート・マイホーム(2023年):清沢賢二 役※

【ドラマ】 ※は主演
・チェケラッチョ!! In TOKYO(2006年):青葉拓実 役※
・ケータイ捜査官7(2008年):綱島ケイタ 役※
・デスノート(2015年):夜神月 役
・僕たちがやりました(2017年):増渕トビオ 役※
・エール(2020年):古山裕一役※
・ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~(2019-2021年):五十嵐唯織 役※

特に『ある男』での演技は第46回日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞をはじめ、第77回毎日映画コンクール、第32回日本映画批評家対象を受賞して高く評価されました。

また、『僕たちがやりました』で共演した水川あさみさんとの結婚を発表するなど、公私ともに充実した日々を送っている俳優の一人と言ってもよいでしょう。


スポンサードリンク

窪田正孝のプロフィール


とてもきれい好きで、トイレの便座を拭くのは当たり前、さらにシャワーを1日4回浴びるという窪田正孝さん。

窪田正孝さんのプロフィールを見ていきましょう。

芸名窪田 正孝(くぼた まさたか)
本名窪田 正孝(くぼた まさたか)
生年月日1988年8月6日
出身地神奈川県横浜市
身長175cm
体重非公表
血液型B型

スポンサードリンク

まとめ

窪田正孝さんの学歴や出身校と経歴、芸能界デビューのきっかけと出演作品を紹介しました。

硬派な役も難なくこなす演技派ですが、幼少期はおとなしく人見知りで、インタビューなどで見せる表情とのギャップに魅了される人も多い俳優です。

結婚を機にストイックさに磨きがかかったと言われており、さらに凄みを増した演技が期待されています。

これからも、窪田正孝さんの活躍から目が離せませんね。


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました