『ハイキュー 赤葦』声優情報!特徴やキャラとの相性

アニメ・ゲーム声優

2020年1月22日に公開されたアニメの人気キャラ『ハイキュー 赤葦』。

この記事では、人気キャラ『ハイキュー 赤葦』の声優さんのプロフィール・声優としての特徴やキャラクターとの相性などをご紹介します。


スポンサードリンク

『ハイキュー 赤葦』声優情報

人気キャラ『ハイキュー 赤葦』の声優は「逢坂良太」さんです。

七色の声を持つ、どのキャラクターでもしっくりとくる声優の「逢坂良太」さん。

ここでは「逢坂良太」さんのプロフィールやこのキャラとの相性をご紹介します。

『ハイキュー 赤葦』声優のプロフィール

声優名 逢坂良太(おおさか りょうた)
本名 逢坂良太(本名だと思われます)
生年月日 1986年8月2日
出身地 徳島県
所属事務所 EARLY WING
活動時期 2010年~
声優デビュー作 アニメ『デッドマン・ワンダーランド』(墓守隊員役)

※逢坂良太さんの学歴・経歴はこちら>>>(只今準備中)

逢坂良太さんの声優特徴

逢坂良太さんは、優しいキャラクターや王道王子様キャラ、元気なキャラクター、クールなキャラクターまで幅広い声を出すことができることで有名な声優さんです。

ときには、キャラクターの声優さんが逢坂良太さんとはわからない程のものもあり、七色の声を持つ声優とも言われています。

また、演技力も高いことで有名です。

どのキャラクターでも違和感なく演じることができるのは逢坂良太さんの最大の特徴と言えるでしょう。

2015年3月には『第9回声優アワード』にて、新人男優賞を受賞されています。

主要キャラクターを務めることも多いのでたくさん逢坂良太さんの声を聴く機会があると思います。

『ハイキュー 赤葦』との相性

赤葦京治は、冷静で状況を把握する能力が高く洞察力も高いキャラクターです。

赤葦京治は、チームのメンバーに比べ、あまり感情が表情に出ないように意識しています。

逢坂良太さんは、感情を表に出すキャラクターや出さないキャラクターであっても、演技力が高いため上手く演じ分けることができる声優さんです。

過去の作品では落ち着いたキャラクターを演じていることもあるので、冷静で落ち着いたキャラクターの声を出すことができます。

また、逢坂良太さんは七色の声と言われており、どんなキャラクターも違和感なく演じることができます。

そんな声と赤葦京治の相性はいいのではないでしょうか。


スポンサードリンク

『ハイキュー 赤葦』キャラ紹介

人気キャラ『ハイキュー 赤葦』の登場シーンやキャラクターの概要をご紹介します。

『ハイキュー 赤葦』登場シーン

赤葦京治は、アニメではセカンドシーズンの第4話で初登場しています。

第4話は梟谷高校の生徒が登場するのですが、赤葦京治が登場するのは一瞬だけで、主に登場し活躍している姿が見れるのはセカンドシーズンの第5話からです。

赤葦京治は梟谷高校の生徒なので、梟谷のバレーボール部のメンバーが登場する話に登場します。

第1期では登場せず、第2期から登場します。

バレーボール部でのポジションはセッターなので試合のある回はかなりの活躍が期待できるのではないでしょうか。

チームの中では能力も高く、チーム内で最も主将の木兎の扱いに長けていると言われている存在なので、アニメに登場するシーンも多いのではないでしょうか。

『ハイキュー 赤葦』の概要

赤葦京治は、梟谷学園高校の2年生です。身長も182.3cmと高く、バレーボール部ではセッターのポジションで活躍しています。

主将の木兎光太郎が少し面倒な性格をしているので、扱いづらいと感じる部員もいる中で、赤葦京治は木兎光太郎を慕っていることもあり、部員の中で一番木兎光太郎の扱いに長けています。

普段は冷静で周りのキャラクターからは冷めていると見られがちな赤葦京治ではありますが、バレーボールに対して真剣で試合になれば熱くなっている姿を見ることができます。

試合中は特に感情を表情に出さないようにコントロールしているようですが、時には熱くなるということで心からバレーボールが好きなんだということが伝わってきます。


スポンサードリンク

『ハイキュー 赤葦』声優のまとめ

今回はハイキュー!!に登場する梟谷学園高校の赤葦京治と、逢坂良太さんを紹介しました。

とにかく演技力が高くカメレオン声優ともいえる逢坂良太さん。

そんな逢坂さんが演じる赤葦京治はバレーボールに対して熱い情熱をもっており、とても魅力的な人物であることもわかりました。

逢坂良太さんが演じることによって、グッと赤葦京治の魅力が増すのではないでしょうか。

演技力が非常に高く、ファンからの期待も非常に大きい逢坂良太さんが、今後どのような作品のどのような役に挑戦するのか、目が離せませんね。


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました