赤楚衛二 親の学歴がすごい!父親・母親は俳優の道に影響?

俳優・女優・歌手

人気俳優の赤楚衛二さん。

赤楚衛二さんの父親と母親はかなりのエリートだという噂があります。

今回は、赤楚衛二さんの父親と母親について調べてみたいと思います。


スポンサードリンク

 赤楚衛二の親の学歴がすごい


赤楚衛二さんのご両親はどんな方なのでしょうか。

父親と母親の学歴を調べてみました。

赤楚衛二の父親の学歴

赤楚衛二さんの父親は赤楚治之さんという方です。

出身大学は同志社大学です。

赤楚治之さんは大学院まで進み、文学研究科英文学専攻博士課程前期を修了。

同志社大学は言わずと知れた私立の名門大学ですね。

芸能人ではお笑い芸人のカズレーザーさんやHGのレイザーラモンさん、ミュージシャンの岡崎体育さんも卒業生でした。

学校名同志社大学
学部神学部・文学部・社会学部・法学部・経済学部・商学部・政策学部・グローバル地域文化学部
偏差値55.0-62.5
所在地 〒602-8580 京都府京都市上京区
※今出川キャンパス
最寄り駅地下鉄烏丸線「今出川駅」徒歩1分・京阪電車「出町柳駅」徒歩15分
公式サイトHPhttps://www.doshisha.ac.jp/
著名な卒業生中村うさぎ・生瀬勝久・清水圭・太田雄貴・宇垣美里

赤楚衛二の母親の学歴

赤楚衛二さんの母親の名前はわかりませんでした。

しかし、赤楚衛二さんが名古屋で芸能活動をしていた時期にテレビ出演しています。

中京テレビの番組で赤楚衛二さんの家族が紹介されたことがあり、父親と出演していました。

母親の出身大学は金城学院大学との情報がありました。

金城学院大学は名古屋市の創立130年の私立女子大学です。

芸能界ではSKE48の須田亜香里さんや歌手の西野カナさんも卒業生でした。

学校名金城学院大学
学部文学部・生活環境学部・国際情報学部・人間科学部・薬学部・看護学部
偏差値50.0-64.0
所在地〒463-8521 愛知県名古屋市守山区大森2丁目1723
最寄り駅尾張瀬戸行き「大森・金城学院前駅」より徒歩3~4分
公式サイトHPhttps://www.kinjo-u.ac.jp/ja/
著名な卒業生門あさ美・加藤千佳・大橋麻美子・伊藤孝恵・柴田阿弥


スポンサードリンク

赤楚衛二の親の職業がすごい

赤楚衛二さんの父親と母親は優秀な方でしたね。

では、職業についても調べてみたいと思います。

 赤楚衛二の父親の職業

父親は言語学者で、名古屋学院大学の外国語学部の教授、外国語学部長を務めていました。

2020年からは名古屋学院大学学長に就任しています。

赤楚衛二さんの父親の職業は公表はされていませんが、この情報は間違いないようです。

また、日本英語学会の編集委員も務めていました。

また、言語学者というだけあって、日本語学や英語学を研究しており、書籍や多数の論文を発表しています。

赤楚衛二さんの父親はかなり優秀な方で、最終学歴はウィスコンシン州立大学でした。

赤楚衛二さんも名古屋学院大学の外国語学部に進学していますので、優秀な父親の影響を受けての進学だったと考えられます。

 赤楚衛二の母親の職業

母親はピアノの先生です。

経歴を調べてみると、グレンツェンピアノコンクール全国大会で指導賞を受賞したこともありました。

グレンツェンピアノコンクールは国内で最大級のピアノコンクールです。

全国の3万人から4万人が参加するとされていました。

赤楚衛二さんも母親からピアノを習っており、幼い頃からピアノの発表会でその腕前を披露しています。

特技の一つにもピアノを挙げていますので、母親から英才教育を受けていたのでしょう。

赤楚衛二さんの母親も、ピアノの指導者としてかなり優秀な方でした。


スポンサードリンク

赤楚衛二と親との関係


赤楚衛二さんの父親と母親はそれぞれの分野で活躍されていますね。

親子の関係は良いのでしょうか。

 赤楚衛二が俳優になったのは親の影響

赤楚衛二さんが俳優になったのは親の影響がありました。

調べてみると、過去のインタビューで思いを語っています。

僕の家では、月に1回「家族で映画を見る日」が設けられていて、DVDを全員で見る習慣がありました。高校2年生くらいの時に「家族を幸せにしたい」と思い、家族を幸せにするにはどうしたら良いかを考えた結果、家族との共通の話題が映画だったことから、「映画に出よう!」と考えたのが役者になりたいと思った最初のきっかけです。その後、大学2年生の時に初めて役者のオーディションを受けて合格したことで、役者への道が拓けました。

引用:https://daigakushinbun.com/post/views/1140

赤楚衛二さんの家族の仲の良さが感じられるエピソードでしたね。

また、赤楚衛二さんが役者になったことに影響も与えているようです。

ですが、赤楚衛二さんは父親の職場でもある名古屋学院大学に進学し、中退していました。

きっと20歳の頃は、父親の背中を追いかけたいという思いと、役者をやってみたいという思いの狭間で揺れていたのでしょう。

赤楚衛二さんの学歴・経歴はこちら>>>

赤楚衛二の父親は厳しいだけではなかった

赤楚衛二さんは父親について勉強熱心で自室に籠ることが多く、子供の頃は厳しかったと語っていました。

しかし、海外の学会に連れていったり、休みの日に公園でキャッチボールをしたりして遊んでくれていたとも話しています。

最近の父親には「子供は思うように育たないな…。」と笑っていたとも語っていました。

赤楚衛二さんが大学を中退した時は心配していたかもしれませんが、役者の夢は応援してくれているようです。

赤楚衛二さんの父親は厳格ではありますが、子供思いの父親でした。


スポンサードリンク

赤楚衛二の親の学歴がすごいのまとめ

赤楚衛二さんの父親は言語学者で、名古屋学院大学の学長を務めています。

母親はピアノコンクールで指導者賞を受賞したこともある、優秀なピアノの先生でした。

赤楚衛二さんもピアノは特技なので、母親の英才教育を受けていたのでしょう。

赤楚衛二さんも役者として活躍中なので、才能豊かな一家であることがわかりました。

ご両親は赤楚衛二さんの良き理解者で、これからも応援し続けることでしょう。


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました