喜矢武豊は結婚して嫁がいる?歴代彼女や好きなタイプも紹介

SASUKE

ゴールデンボンバーのギター担当 喜矢武豊さん。

12月27日に行われるSASUKE2022に出場が決まっています。

そんな喜矢武豊さんには嫁さんがいるのでしょうか。

また、歴代の彼女がどんな人なのか、好きなタイプも気になります。

この記事では、喜矢武豊さんの嫁さん・歴代彼女や好きなタイプについて紹介します。


スポンサードリンク

喜矢武豊は結婚して嫁がいる?

ゴールデンボンバーのメンバーの中では2016年6月に歌広場淳さん、2021年9月に鬼龍院翔さんが結婚を発表しています。

鬼龍院翔さんの結婚が報道されたことでメンバーの喜矢武豊さんの結婚も注目されていました。

しかし、喜矢武豊さんは今までに結婚したことはなく、今のところ結婚する予定もないようですので現在も独身ということになります。

また、喜矢武豊さんの熱愛報道はいくつかされていますが、どれもはっきりとした根拠のあるものではなく、あくまで噂の域にとどまっています。

ルックスもイケメンで女性からモテるのですが、喜矢武豊さん自身「彼女に20回会うと飽きる」と発言しているように、非常に飽きっぽい性格のようです。

女性との出会いはイケメンという事もあり、少なからずあるとは思いますが生まれ持った性格が喜矢武豊さんを結婚から少し遠ざけていると感じます。

また、以前プロスノーボーダーの女性との熱愛が噂されたときには腰の低い感じできっぱりと否定していました。


スポンサードリンク

喜矢武豊の歴代彼女

イケメンで女性からモテる喜矢武豊さんのこれまでの噂のあった彼女について紹介します。

歴代彼女①

喜矢武豊さんの元カノといえば一番有名なのは、以前テレビにも出演されたことのある「ゆかりさん」です。

喜矢武豊さんとゆかりさんは大学生の時にお付き合いをされていて、ゆかりさんがテレビに出演されたときは「美人すぎて喜矢武さんにはもったいない」という声が飛び交うほどでした。

歴代彼女②

次に有名なのが2013年に熱愛疑惑がでた元AKBの「峰岸みなみ」さんです。

峰岸みなみさんとの熱愛報道は当時のファンもだいぶ驚かされました。

一部のファンの間では「峰岸さんが喜矢武さんの本命の彼女では?」と噂されるほどでした。

なぜなら、峰岸さんが喜矢武さんへ宛てた手紙が流失してしまったからです。

内容も二人の仲の良さを感じさせる内容でとても話題になりました。

歴代彼女③

次に噂されたのが、プロスノーボーダーの「岩垂かれん」です。

岩垂さんはスノーボード解説者としても活躍されている女性で、岩垂さんとの熱愛疑惑が浮上したのは2018年ころです。

発端は喜矢武さんと岩垂さんがほぼ同時期に沖縄旅行へ行き、その様子をSNSにアップしたことから熱愛疑惑が浮上しました。

さらに、喜矢武さんと岩垂さんが仲良くスノーボードを楽しんでいたという目撃情報もあったようで、「岩垂かれんさんが喜矢武さんの新恋人ではないか?」と噂が広がってしまったのです。

ですがその後、喜矢武さん自身が岩垂さんについて「付き合っていませんし、付き合ったこともありません。」ときっぱりと交際を否定しています。


スポンサードリンク

喜矢武豊の好きな女性のタイプ

喜矢武豊さんの好きな女性のタイプですが、外見の好みは“八重歯の女性”という事だそうです。

芸能人で八重歯がかわいいと言えば「波辺美波さん」や元AKBの「大島優子さん」といったところでしょうか。

確かに一時期男性の間では、八重歯が見えてかわいい子が好きという男性が多かったように思えます。

ニコッと笑った瞬間に見える八重歯は、人によってはとても魅力的に見えるようですが、喜矢武さん自身はそこまで“美人好き”というわけでもないようです。

そして次に挙げられた好みの女性のタイプは“性格は自然体でいてくれる人”という事です。

確かに一緒にいる中で、自分を飾る必要がなく自然体でいられるという事はとても重要な事だと思えます。

喜矢武さんと熱愛を噂された女性を思い返してみても、全く違うタイプの女性だったので喜矢武さん自身はそれほど見た目にこだわってはいないように思われます。

やはり喜矢武さんにとって重要なのは先ほども紹介したように“自然体でいてくれる人”という事が重要なようですね。


スポンサードリンク

まとめ

今回は人気バンド「ゴールデンボンバー」のメンバー、喜矢武豊さんの結婚や元カノ、好みの女性のタイプについて紹介しました。

喜矢武さんはテレビ出演時などはチャラいイメージを受けますが、実は根は真面目で腰の低い一面もみられました。

喜矢武さん自身、結婚願望はあるようなので飽きっぽい性格が直れば素敵なお相手が見つかるでしょう。


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました