高橋航太郎の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪競泳800mリレー(男子))

競泳800mリレーで東京五輪出場を決めている高橋航太郎さん。

所属は自衛隊で日々の訓練をしながら水泳の練習を積んでいる異色のスイマーです。

今回は、そんな高橋航太郎さんの学歴や経歴について紹介していきます。


スポンサードリンク

高橋航太郎さんの学歴・出身校

ここからは、学歴や出身校を紹介していきます。

高橋航太郎さんはどのように歩んできたのでしょう。

高橋航太郎さんのプロフィール

  • 氏名:高橋 航太郎(たかはし こうたろう)
  • 生年月日:1994年3月15日
  • 出身地:静岡県静岡市
  • 身長:184cm
  • 体重:74kg
  • 血液型:非公開

高橋航太郎さんの学歴・出身校

高橋航太郎さんの最終学歴は鹿児島県にある鹿屋体育大学です。

鹿屋体育大学では体育学部を専攻しました。

鹿屋体育大学は国内で唯一である国立の体育大学です。

多くのプロスポーツ選手を輩出している大学でアテネ五輪の水泳で金メダルを獲得した柴田亜衣さんも同校の出身です。

大学卒業後は自衛隊体育学校に入隊し、自衛隊員の体育指導を行うための教育訓練とともに水泳のトレーニングに励んでいます。

高校は静岡県立静岡東高等学校です。

静岡東高校は県内でも有数の進学校の一つで多くの国公立大学進学者を輩出しています。

また、部活動は強制的に全員加入する必要があり、文武両道を行っている校風でもあります。

ミュージシャンのピエール瀧さんも同校の出身です。

中学は静岡市立清水第六中学校です。

女優の広瀬すずさんや笑点の司会でおなじみの春風亭昇太さんも同校の出身です。

小学校は公表されていませんが、出身中学校の学区には清水高部東小学校清水高部小学校の2校がありますのでこのどちらかの出身と考えられます。

高橋航太郎さんの子供時代とご家族情報

高橋航太郎さんは幼いときからやると決めたら集中して取り組む子でした。

特に水泳の練習に一生懸命励んでいました。

結果を出すために鹿屋体育大学への進学や自衛隊体育学校への入隊など、より厳しい環境へ自ら追い込んでいきました。

家族は両親と弟の4人家族です。

父親と弟が水泳経験者で、弟も兄と同じく静岡東高校に進学し水泳部に所属していました。

弟も水泳で好成績を残しており、静岡中部地区の新人競泳大会で200m個人メドレーで大会新記録で優勝したり、インターハイに出場するなどの活躍をしました。


スポンサードリンク

高橋航太郎さんの経歴

ここまでは学歴や家族についてご紹介してきました。

大学卒業後に自衛隊体育学校に入隊した高橋航太郎さん。

ここからは、競泳での活躍を紹介していきます。

水泳との出会い

高橋航太郎さんは競泳の選手であった父親の影響で、幼稚園の頃から水泳を始めました。

とにかく泳ぐことが大好きで現在に至るまで水泳を続けています。

子供の頃からオリンピックへの出場が夢で日々練習に励んでいました。

五輪代表に内定した際には「水泳を嫌いにならず続けてこられてよかった」とも語っています。

経歴・エピソード

高橋航太郎さんは幼稚園の頃から水泳を始め、中学・高校と水泳部に入りました。

種目は個人メドレーをメイン種目として取り組んでいました。

高校時代には静岡県中部地区高校新人大会で200m平泳ぎで優勝し400m個人メドレーで準優勝するなどの活躍をしました。

高校卒業後は鹿屋体育大学に進学し、地元の静岡を離れて鹿児島県に身を置き厳しい練習に取り組んでいきました。

厳しい練習の成果もあり、数々の種目で鹿屋体育大学の水泳部の歴代最高記録を更新していきましたが、全国的に目立った活躍はありませんでした。

大学卒業後は自衛隊体育学校へ入隊しました。

自衛隊体育学校は自衛隊員の体育指導に必要な知識と技能を習得させる教育訓練と体育に関する調査を行うことを目的としおり、訓練を行いながら練習を行うことができる環境になります。

入隊までに各競技で目立った成績を残している選手は入隊時に受ける半年間の集合訓練を免除されます。

しかし、高橋航太郎さんは学生時代に目立った成績を残していなかったため、訓練の免除対象者とならず、半年間訓練のため水泳に取り組むことはできませんでした。

訓練では自衛隊員の基礎訓練を徹底的に行い、ほふく前進の訓練や長時間立ったまま動かない訓練などを行い、泳ぐことのできない日々が続きました。

訓練期間中にリオ五輪の代表選考を兼ねた日本選手権も行われていましたが、出場することはできませんでした。

自衛隊学校に同時期に入隊し訓練免除となっていた江原騎士さんが見事にリオ五輪の代表を決めた中、大変悔しい思いをしていました。

しかし、このような経験から体力も精神面も一段と鍛えられ、徐々に成績が向上していきます。

そして、2019年に行われた日本選手権で自由形で4位、ジャパンオープンでは5位の好成績を収めると、追加招集で世界選手権の代表に初めて選ばれました。

世界選手権ではリレーで出場するとチームは8位入賞となり東京五輪の出場枠を獲得しました。

2021年に日本代表選考を兼ねた日本選手権が行われ、200m自由形で4位の成績で五輪選考の標準タイムも見事にクリアし東京五輪代表に内定しました。

主な戦績

水泳にて

  • ジャパンオープン200m自由形 4位
  • 世界選手権800mリレー 8位
  • 日本選手権個人200m自由形 4位

などの成績を収めています。

水泳で思うような結果が出ず自衛隊での訓練をこなすなど険しい道を歩んできました。

努力を続けた結果、徐々に成績は向上し遅咲きながら日本代表合宿に参加しトレーニングを行えるようになりました。

努力の結果が見事に実り、東京五輪の出場権を獲得した高橋航太郎さんの今後の活躍にも注目していきましょう。


スポンサードリンク

まとめ:高橋航太郎の学歴・出身校と経歴

今回の記事では競泳800mリレーで東京五輪出場を決めている高橋航太郎さんを紹介してきました。

学生時代は厳しい環境に身を置きながらも水泳で思うような結果が出せず伸び悩んでいました。

大学卒業後に自衛隊体育学校に入隊し自衛隊の基礎訓練も行い精神面も鍛えられました。

徐々に成績も向上していき、遅咲きながらもようやく掴んだ東京五輪の出場権を獲得しました。

高橋航太郎さんの今後の活躍から目が離せません。


スポンサードリンク