村上茉愛の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪体操(女子))

東京五輪体操出場選手候補の村上茉愛さん。

大学時代にリオデジャネイロ五輪に出場し、東京五輪での活躍が期待されている村上茉愛さんはどんな経歴でどこの出身なんでしょうか。

そこで村上茉愛の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪体操(女子))をご紹介します。 


スポンサードリンク

村上茉愛さんの学歴・出身校

幼少期からご両親の影響で体操を始めた村上茉愛さん。

どんなプロフィールで出身校はどこなのかを見ていきましょう。

村上茉愛さんのプロフィール

氏名  村上茉愛(むらかみまい)
生年月日  1996年8月5日
出身地  神奈川県相模原市
身長  148cm
体重  48kg
血液型  O型

村上茉愛さんの学歴・出身校

この投稿をInstagramで見る

時事通信社(@jiji_press)がシェアした投稿

村上茉愛さんの最終学歴は日本体育大学卒業です。

大学では体操競技部に所属し、在学中は寮生活を送りました。

高校は私立明星高等学校を卒業しました。

明星高等学校は、東京都にある私立の共学校で、体操部は都内でも強豪校として知られています。

その他にも、ハンドボール部、トライアスロン部、スキー部なども有名な学校です。

 出身の中学校は武蔵野東中学校です。

中学時代の2010年には、全国中学校体操競技大会個人総合で優勝。

同年の全日本体操競技選手大会女子種目別決勝では、あの田中理恵さんを破っています。

さらに2010年にはナショナルチーム入りもしています。

中学時代には、左ひじにけがを負って手術をするなど、苦しい時期がありました。

小学校は小平市にある、小平第三小学校に通っていました。

村上茉愛さんの子供時代とご家族情報

村上茉愛さんは神奈川県の出身ですが、小学校の頃から、元五輪代表の池谷幸雄さんが主催する、池谷幸雄体操倶楽部に所属しています。

神奈川からは通うのが難しいため、東京に引っ越してきました。

また、村上茉愛さんは、小学生の頃児童劇団に所属し、子役としてドラマに出演もしていたという経歴も持っています。

9歳の時には、TBSスペシャルドラマ「ウメ子」に主演し、薬師丸ひろ子さんや深田恭子さんと共演しました。

小さい頃の夢は「アイドル」であったと話しています。

家族構成は、父、母、兄、姉、妹、弟の7人家族です。

両親ともに体操経験者で、兄弟も皆体操経験者です。

父は池谷幸雄体操クラブでコーチをしていて、母は美容師をしています。

母の英子さんは、やはり中学生の頃に体操をやっており、地元ではかなりの実力者だったようですが、日本のトップレベルには及ばなかったため、夢を諦めたそうです。

兄弟の仲では、お兄さんも大学まで体操を続けていたようですが、現在は中学教師をされています。

5人の子供の中では茉愛さんが一番才能に恵まれていたようですね。


スポンサードリンク

村上茉愛さんの経歴

 村上茉愛さんといえばH難度の大技、「シリバス」を得意としていることで有名です。

また、日本女子体操界のエースとして東京五輪での活躍が期待されています。

その村上茉愛さんの経歴を見ていきたいと思います。

体操との出会い

体操クラブのコーチの父親と中学時代に体操をやっていた母親。

そんな両親は自分たちが果たせなかった自分の夢を子供に託し、自分の子供達には小さいころから体操を習わました。

その為、村上茉愛さんは3歳の頃に、体操を始めました。

小中高と素晴らしい成績をおさめ、日本体育大学入学後は日本の代表選手として活躍します。

経歴・エピソード

高校時代の村上茉愛さんは、日本体操競技団体種目別選手権大会の床運動で優勝をするなど活躍をしていました。

しかし、この頃から体重管理が難しくなってきて、成績にも響いてくるようになり、モチベーションも下がっていきました。

体重を気にするあまり、摂食障害の一歩手前だったこともあると、母親の英子さんは言っていました。

傍目には順調そうに見えても、本人にはつらい時期だったのですね。

大学に入ってからも様々なプレッシャーとストレスで食べ過ぎてしまい、体重のコントロールが難しい時期がありました。

しかし、そのつらさを乗り越えて精神的にも成長し、寮での規則正しい生活のおかげで、1年のとき16%あった体脂肪が、3年には9.8%まで減らしています。

女子で体脂肪率9.8%とは凄いですね。

そんな村上茉愛さんですが、腰痛の悪化により2019年のNHK杯を棄権しています。

両仙腸関節症と診断され、一時は歩くこともままならない状態でした。

この時は、椅子の座り方から日常の動きまで見直したのだそうです。

 今でこそ日本を代表する体操選手となった村上茉愛ですが、すべてが順調に来ていたわけではなく、様々な苦難を乗り越えて、強靭な精神力を作り上げてきたんですね。

主な戦績

主な戦績としては、日本体育大学在学中の2015年に世界選手権の代表になり、リオ五輪の団体出場権を獲得、個人総合では6位に入賞します。

2016年には全日本体操競技選手権の個人総合で優勝、NHK杯体操選手権で2位に入賞します。

2017年世界選手権では種目別ゆかで、自身初となる金メダルを獲得しています。

2018年にはFIG体操ワールドカップの女子個人総合で初優勝しています。

大学時代からのいろいろなプレッシャーに打ち勝っての、素晴らしい成績です。


スポンサードリンク

まとめ

今回は、村上茉愛の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪体操(女子))ついてご紹介しました。

自らを「ゴムまり娘」と称するほど、ゴムのようにしなやかな筋肉を持つ村上茉愛さん。

小学生の頃には、子役も経験しているということで、その経験が今の彼女の表現力や度胸の良さの源になっていると思われます。

また、母親の勧めで始めたという体操ですが、その体操人生は順風満帆と言う訳ではなかったということ、思い悩む時期を乗り越えて、日本の代表になるというのは、やはり才能と努力、体操愛があってこそではないのでしょうか。

その明るい性格と、可愛らしい容姿で、今後も私たちを魅了していってくれることでしょう。

まさに、身体も心も「ゴムまり娘」となった村上茉愛さんの、今後のご活躍に期待したいと思います。


スポンサードリンク