新井千鶴の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪柔道70kg級(女子))

柔道女子70kg級で東京五輪の出場を決めている新井千鶴さん。

前回大会のリオ五輪を逃した悔しさをバネにこれまで努力を積み重ねてきました。

今回は、そんな新井千鶴さんの学歴や経歴について紹介していきます。


スポンサードリンク

新井千鶴さんの学歴・出身校

ここからは、学歴や出身校を紹介していきます。

新井千鶴さんはどのように歩んできたのでしょう。

新井千鶴さんのプロフィール

  • 氏名:新井 千鶴(あらい ちづる)
  • 生年月日:1993年11月1日
  • 出身地:埼玉県大里郡寄居町
  • 身長:172cm
  • 体重:70kg
  • 血液型:O型

新井千鶴さんの学歴・出身校


新井千鶴さんの最終学歴は埼玉県立児玉高等学校です。

高校では体育コースを専攻していました。

スポーツが盛んな高校であり、サッカー部は全国大会で優勝の経験もあります。

新井千鶴さんは勉強も良くでき、高校3年間の成績はオール5でした。

高校を卒業した後は三井住友海上の柔道部にスカウトされ現在も所属しています。

中学は寄居町立男衾中学校です。

陸上選手の設楽兄弟で有名な設楽啓太さんと設楽悠太さんも同校の出身です。

設楽悠太さんはマラソンの元日本記録保持者です。

小学校は寄居町立男衾小学校です。

新井千鶴さんの子供時代とご家族情報

新井千鶴さんは幼稚園の頃からサッカーを始めていました。

走り回るのが大好きな子で練習も積極的に参加していました。

サッカーで経験してきたことが、柔道での足技の上達につながったと取材に答えています。

家族は両親と兄の4人家族です。

3歳上の兄も柔道をやっていました。

新井千鶴さんの兄は、子供の頃は柔道100kg超級の選手だったとの情報が有りました。

子供時代で100キロ級とはすごいですね。

その他にご家族に関して公開されている情報はありませんでした。


スポンサードリンク

新井千鶴さんの経歴

ここまでは学歴や家族についてご紹介してきました。

柔道で三井住友海上に高校卒業後に所属した新井千鶴さん。

ここからは、柔道での活躍を紹介していきます。

柔道との出会い

新井千鶴さんが柔道を始めたのは幼稚園の頃です。

3歳年上の兄が柔道を始めていて、兄について柔道クラブに行ったことが始まりです。

しかし、柔道を始めた初日に周りのお兄さんお姉さんの体の大きさに圧倒され、怖くなって初日で柔道を辞めてしまいました。

その後、指導者の熱心な勧誘を受け、小学1年生になり再び勇気を出して柔道クラブに通い始めました。

経歴・エピソード

新井千鶴さんが柔道で活躍をし始めたのは高校に進学してからです。

中学までは思うような結果が出せず、良い勝負をしていても勝ち切れないといったような試合が続きました。

関東大会までしか出場することがなく全国の壁は相当高いものでした。

児玉高校に進学後、新井千鶴さんの素質を見抜いていた柔道部の監督は、真面目に練習に取り組む姿勢と器用さや芯の強さに選手としての可能性を感じていました。

ハードな筋トレと食事の管理を行い、中学卒業時は44kg級であった階級も徐々に上げていき、高校3年時には70kg級で戦いました。

その成果もあり、高校3年生の関東柔道大会ではオール一本勝ちで優勝を飾り、インターハイでも優勝するなどの大活躍をしました。

2012年に高校を卒業後は三井住友海上の柔道部にスカウトされ入部し、五輪メダリストがたくさんいる中で練習を重ねていきました。

入部1年目は周りとのあまりのレベルの違いを感じ、自分の柔道を見失ってしまい次第に勝てなくなってしまいました。

しかし、自分を見つめ直し練習の組み立て方を変えることで徐々に調子を取り戻し、アジアジュニアユース選手権大会で優勝しました。

2年目は順調に活躍が続きグランドスラム東京の決勝で、当時世界ランク1位のキム・ポリングさんを破り初優勝を飾りました。

2016年に行われたリオ五輪の選考大会において同階級の田知本遥さんに敗れ惜しくも落選してしまい悔しい思いをすることになりました。

このときの敗因を「自分自身と向き合えていなかった」と振り返り、自身の柔道スタイルの改造に取り組みました。

その結果、足技はこれまでよりも強固なものとなり、パリで行われたグランドスラムで優勝し世界ランキング1位に立ちました。

その後も順調に活躍が続き2020年3月に行われたグランドスラムで優勝し、選考委員会にて強化委員の満場一致で東京五輪の出場権を勝ち取りました。

主な戦績

柔道女子70kg級にて次の成績を収めています。

  • インターハイ  優勝
  • グランドスラム 優勝
  • 世界選手権   優勝
  • 世界団体選手権 優勝

海外選手の層が厚くなる70kg級にて世界ランキング1位まで上り詰めるなど順調な活躍を続けています。

勝てない時期もありましたが、自分を見つめ直しここまで登り続けてきました。

リオ五輪を惜しくも逃した悔しさをバネに東京五輪の出場権を見事に獲得しています。

これからの活躍にも注目していきましょう。


スポンサードリンク

まとめ:新井千鶴の学歴・出身校と経歴

今回の記事では柔道女子70kg級で東京五輪の出場を決めている新井千鶴さんを紹介してきました。

兄を追いかけるように始めた柔道で、最初は逃げ出したこともありましたが、努力を積み重ねることでここまでの輝かしい成績を収めてきました。

前回大会のリオ五輪は惜しくも出場権を逃してしまいましたが、東京五輪に向けてより一層の練習に励み見事に出場権を獲得されました。

新井千鶴さんの今後の活躍からますます目が離せません。


スポンサードリンク