東京五輪障害馬術競技での候補選手として注目されているポーリー・カレンさん。

アジア人選手の中では世界ランキングトップに立つポーリー・カレンさんは、どのような経歴でどのような出身なのでしょうか。

そこで、今回はポーリー・カレンさんの学歴や経歴、出身校についてご紹介します。


スポンサードリンク

ポーリー・カレンさんの学歴・出身校

まずはポーリー・カレンさんのプロフィールや学歴、出身校について紹介します。

ポーリー・カレンさんのプロフィール

氏名  ポーリー・カレン
生年月日  1992年7月25日
出身地  東京都
身長  171cm
体重  非公開
血液型  非公開

 

ポーリー・カレンさんの学歴・出身校

 

この投稿をInstagramで見る

 

Karen Polle(@karenpolle)がシェアした投稿

ポーリー・カレンさんの最終学歴はイェール大学経済学部卒業です。

イェール大学はアメリカ・コネチカット州の私立大学で、世界最高峰の大学の一つとして挙げられる名門校です。

1701年創立の歴史ある大学で、大統領を5名、ノーベル賞受賞者は40人以上輩出という世界屈指の実績を持ちます。

ポーリー・カレンさんはイェール大学では経済学を専攻、国際経済やビジネスを学んでいたのですが、在学中はニューヨーク州・マンハッタンの自宅から大学に通う傍らで馬術のトレーニングに励んでいました。

そのため、毎朝車で1時間半かけて大学に通っていたり、テストが近い期間となるとほとんど寝ていられなかったというエピソードもあります。

高校はスペンス高校を卒業しました。

スペンス高校は、アメリカ最高の私立学校と呼ばれるような名門校の一つであり、いわゆる「お嬢様学校」です。

ただ名門であるだけでなく、アメリカのセレブな女子高生の様子を描いたテレビドラマ「Gossip Girl」に影響を与えたとも言われています。

また、高校卒業前の17歳の時に、最初の愛馬であるウィンズウィングスを親から買ってもらっています。

このスペンス高校、入学難易度が非常に高いため、大学と馬術の両立生活の様子も含め、ポーリー・カレンさんは相当な努力家であったことが伺えます。

ポーリー・カレンさんの中学校、小学校は不明です。

生後6ヶ月で東京都からアメリカへ渡り、国籍も2015年に日本国籍を取得するまではアメリカ国籍でニューヨークで育ちました。

おそらく、自宅近辺であるニューヨーク州内の小学校・中学校に通っていたのではと考えられます。

ポーリー・カレンさんの子供時代とご家族情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

Karen Polle(@karenpolle)がシェアした投稿

生後6ヶ月で渡米し、それからアメリカで過ごしてきたポーリー・カレンさん。

7歳の頃から、ニュージャージー州の祖父の厩舎で既に馬と触れ合っていたようです。

ポーリー・カレンさんの家族は、アメリカ人の父と日本人の母、また、妹が一人います。

ポーリー・カレンさんの活動を両親はとても応援しており、2015年にフロリダ州で長期間の大会に臨んだ際には、ご両親がフロリダ州に別荘を購入することで移動費を抑えてサポートしていました。


スポンサードリンク

ポーリー・カレンさんの経歴

次は、ポーリー・カレンさんの経歴や、障害馬術をはじめたきっかけについてもご紹介します。

障害馬術との出会い

 

この投稿をInstagramで見る

 

Karen Polle(@karenpolle)がシェアした投稿

ポーリー・カレンさんが乗馬に初めて触れたのは7歳の時でした。

ニュージャージー州の祖父の厩舎で初めてポニーに乗せてもらったことをきっかけに乗馬の世界に魅了されました。

その後13歳の頃からジュニアの選手として本格的に障害馬術の道へと進んでいきました。

経歴・エピソード

ポーリー・カレンさんは、13歳の頃からジュニア選手として活躍を開始してから、18歳の時に全米ジュニア障害馬術大会で優勝し、頭角を現します。

その後、2015年に日本国籍を得てからは日本人選手としてその実力を知らしめていきます。

2015年のアメリカ・ブリッジハンプトン障害馬術競技会で優勝すると、2017年アメリカ・ウェリントンでの競技会でも優勝。

フランス・ベルサイユ競技会では3位を記録し、またこれら障害馬術での活躍を評価され、2017年に日本馬術連盟特別表彰を受賞しています。

また、2021年現在ポーリー・カレンさんは日本人選手の中で世界ランクトップの219位を誇っています。

ポーリー・カレンさんは、実は障害馬術の選手として活躍する傍らで、「ホースレスキュー」と呼ばれる、引退した競走馬など、使われなくなった馬たちの動物愛護活動にも励んでいます。

ポーリー・カレンさんの愛犬であるミニーも、愛護団体から引き取ってきた保護犬です。

主な戦績

 

この投稿をInstagramで見る

 

Karen Polle(@karenpolle)がシェアした投稿

ポーリー・カレンさんの主な戦績は以下のものです。

2018年 世界選手権障害飛越個人 21位

2017年 $384,000 Rolex CSI5* Grand Prix 優勝
2017年 $216,000 CSI5* Progress Energy Cup 優勝
2017年 $132,000 WEF CSI5* Challenge Cup 優勝

アジアでもトップクラスの成績を持つポーリー・カレンさんの成績は、2015年以降その実力が結果に現れています。

2021年現在東京五輪出場有力候補とされており、これからの活躍にも注目です。


スポンサードリンク

まとめ:ポーリー・カレンの学歴・出身校と経歴

今回は、ポーリー・カレンさんの学歴や出身校、経歴を紹介しました。

イェール大学を卒業した才女であり、また馬の愛護活動にも励む優しさを見せるポーリー・カレンさん。

アジアでもトップクラスの実力を誇る彼女が、愛馬とともに東京五輪で活躍を見せてくれるのか、非常に注目です。


スポンサードリンク