セーリング49er級で東京五輪の出場を決めている小泉維吹さん。

競技人口の少ない日本でセーリング種目のパイオニアとして活躍されています。

今回は、そんな小泉維吹さんの学歴や経歴について紹介していきます。


スポンサードリンク

小泉維吹さんの学歴・出身校

ここからは、学歴や出身校を紹介していきます。

小泉維吹さんはどのように歩んできたのでしょう。

小泉維吹さんのプロフィール

  • 氏名:小泉維吹(こいずみ いぶき)
  • 生年月日:1996年9月1日
  • 出身地:山口県大島郡周防大島町
  • 身長:168cm
  • 体重:67kg
  • 血液型:A型

小泉維吹さんの学歴・出身校

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ibuki koizumi(@iamibukikoizumi)がシェアした投稿

小泉維吹さんの最終学歴は早稲田大学です。

早稲田大学では人間科学部通信教育課程を専攻しました。

大学は通信制を選択し進学後はセーリング強豪国であるニュージーランドに拠点を移して練習に励んでいます。

高校は山口県立光高等学校です。

高校へはヨット部への推薦入学をしました。

ヨット部は毎年のように高校総体や国体へ出場する強豪校で全国大会での優勝経験もあります。

マラソン種目でアテネ五輪に出場した国近友昭さんも同校の出身です。

中学は山口大学付属光中学校です。

海に面した場所にある学校で海の反対側は山に囲まれている自然環境豊かな場所にある学校です。

小学校は地元山口県大島郡周防大島町の小学校です。

周防大島町には10校以上小学校があります。

小泉維吹さんの子供時代とご家族情報

セーリングで活躍している小泉維吹さんですが、子供の頃はサッカーにも力を入れていました。

セーリング競技の傍ら6年間サッカーの練習を続けました。

家族は両親と兄と弟がいます。

兄は470級でスキッパーとして日本トップレベルで活躍する小泉颯作さんです。

父親もセーリング経験者で、セーリング競技を始めたのは父親の影響もありました。

兄と弟もセーリングをやっており、兄は早稲田大学のセーリング部に所属しており、弟もクラブチームで活動しています。

小泉維吹さんは中学3年生のときには兄とペアで国体に出場し優勝という輝かしい成績も収めています。

小泉維吹さんの家族はセーリング一家と言えますね。


スポンサードリンク

小泉維吹さんの経歴

ここまでは学歴や家族についてご紹介してきました。

兄弟ペアで国体でも優勝したことのある小泉維吹さん。

ここからは、セーリングでの活躍をさらに紹介していきます。

セーリングとの出会い

 

この投稿をInstagramで見る

 

Japan SailGP Team(@sailgpjpn)がシェアした投稿

小泉維吹さんがセーリングを始めたのは、小学校1年生のときからです。

出身地である山口県の周防大島町は瀬戸内海に浮かぶ島であり、周りが海に囲まれている環境で穏やかな海でマリンアクテビティが盛んな街でもあります。

兄が参加していたヨット教室を見学しているうちに自分も乗ってみたくなり、はじめは遊び感覚でヨットに乗っていました。

経歴・エピソード

小泉維吹さんの活躍が目立ち始めたのは、山口大学付属光中学校に進学した頃からです。

この頃から海外の大会にも出場するようになりどんどんと力を伸ばしていきました。

兄とペアを組んで出場した「山口国体」ではセーリングの少年スピリッツ級に出場し見事に優勝しました。

兄の背中を追いかけるよう山口県立光高校に進学後は、2014年には仁川アジア大会で420級で銀メダルを獲得するなどの活躍を見せています。

420級のユース世界選手権では銅メダルを獲得し世代トップの座に上り詰めていきました。

高校卒業後は早稲田大学通信課程に進学し、ヨットの強豪国であるニュージーランドに渡りました。

ニュージーランドへはジュニア時代から知り合いであった高橋レナード稜さんと共に渡りました。

様々な種目への挑戦を経て、日本ではまだまだ競技者の少ない49er級での東京五輪出場を目指しニュージーランドで練習を積み重ねました。

日本で競技者の少ない49er級での出場を目指した理由は「ハイスピードが出てテクノロジーの最先端のマシンみたいな船に乗りたいから」という思いを語っています。

また、様々な種目を挑戦した理由としては「様々な種目を経験して、新しい感覚を得たいから」とも語っています。

そして、2020年の世界選手権で日本勢トップの33位で選考基準をクリアし、東京五輪の出場権を手にしました。

主な戦績

セーリングにて

・山口国体出場 優勝

・ISAF ユース世界選手権 420 級 3位

・Red Bull Foiling Generation 日本大会 3位

・世界選手権 33位(日本勢でトップ)

などの成績を収めています。

小学生の頃からセーリング競技を始め、ここまで数々の大会で結果を残してきました。

ニュージーランドでの厳しい練習の結果、東京五輪の出場権も獲得しこれからの活躍にもますます目が離せません。

今後の活躍にも注目していきましょう。


スポンサードリンク

まとめ:小泉維吹の学歴・出身校と経歴

今回の記事ではセーリング49er級で東京五輪出場を決めている小泉維吹さんを紹介してきました。

海に囲まれた島の出身で小さい頃から海やヨットが身近にあり、兄弟でセーリングを始めてここまで活躍してきました。

五輪に出場するためセーリング強豪国のニュージーランドに渡り厳しいトレーニングを積んで見事に東京五輪の出場権も獲得しました。

日本のセーリング界のパイオニアである小泉維吹さんの今後の活躍から目が離せませんね。


スポンサードリンク