東 晟良の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪フェンシングフルーレ(女子))

長身の選手が多いフェンシング選手の中で、157cmと決して大きくない体ですがその強さは国内ランキング1位に君臨する東晟良さん。

東晟良さんのフェンシングのセンスは抜群で、更に姉も有名なフェンシング選手です。

その東晟良さんの学歴はどんなもので、出身校はどこなのか更に家族情報や経歴をご紹介します。


スポンサードリンク

東晟良さんの学歴・出身校

元フェンサーの母親の影響からフェンシングを始めた東晟良さん。

プロフィールとどんな学歴をお持ちで、また出身校はどこなのかをご紹介します。

東晟良さんのプロフィール

  • 氏名:東晟良(あずま せら)
  • 生年月日:1999年8月20日
  • 出身地:和歌山県和歌山市
  • 身長:157cm
  • 体重:47kg
  • 血液型:O型

東晟良さんの学歴・出身校

 

この投稿をInstagramで見る

 

RIOSERAリオセラ(@riosera_official)がシェアした投稿

東晟良さんは現在日本体育大学の体育学部所属です。

日本体育大学は、通称日体大と呼ばれ数々の有名選手が卒業生にいます。

出身高校は和歌山県立和歌山北高校

この高校は普通科と体育科があり校舎が北校舎と西校舎に分かれている学校です。

体育科の卒業生には体操選手でロンドンオリンピック出場の田中和仁さん、田中理恵さん、田中佑典さん。

他にも柔道家、競輪選手、自転車競技選手、ボート選手など著名な選手が卒業している学校です。

出身中学校は、和歌山市立紀の川中学校

紀の川中学校は、その字の通り和歌山県の一級河川である紀の川のそばにある学校。

この中学校の合唱コンクールはその学校生活で印象に残るほど素晴らしいものです。

小学校は和歌山市立四ヶ郷小学校です。

この小学校はグラウンドが広く生徒が伸び伸びと運動できます。

東晟良さんの子供時代とご家族情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

RIOSERAリオセラ(@riosera_official)がシェアした投稿

東晟良さんは姉妹で支え合いながら競技をしますが、ライバルの意識もあり互いに負けたくないとの気持ちから姉妹喧嘩が始まると壮絶でした。

こんな話があります。

軽自動車に乗っていた東晟良さんと姉・莉央さんは、莉央さんの話かけに対して無視した晟良さんに激怒。

先に手を出したのは姉・莉央さんでそれに晟良さんが、やり返したことで最後は蹴りあいの喧嘩になったそうです。

この時は莉央さんの顔を窓に足で押し付けるほど激しい喧嘩だったと明かしています。

東 莉央さんの学歴や経歴はこちら

 

毎日基礎体力をつけるため、母親の監視の元で腹筋や背筋に明け暮れました。

東晟良さんの家族構成は両親と姉、妹2人の6人家族です。

父親は一般の方であまり情報はでていません。

母親は元フェンサーの東美樹さんで、東晟良さん姉妹は母親の指導の元フェンシングを始めた経緯があります。

姉は東晟良さんとの姉妹フェンサーとして有名な東莉央さん。

東莉央さんも国内ランキング2位に輝いた経歴があります。

妹のお名前は来柚さんと、愛結さんで妹はフェンシングはしていないそうです。


スポンサードリンク

東晟良さんの経歴

姉妹フェンサーと言われ、同時にオリンピックには姉妹で出場の期待がかかっている東晟良さん。

その東晟良さんのフェンシングとの出会いや経歴をご紹介します。

フェンシングとの出会い

 

この投稿をInstagramで見る

 

RIOSERAリオセラ(@riosera_official)がシェアした投稿

東晟良さんは、母親がフェンシング選手でした。

母親の影響でフェンシングを始めたのは、東晟良さんが小学校4年生の時でした。

ある日母親に「行くで」と声をかけられ連れていかれた練習場。

そこで「一緒に突いてみる?」と剣をもたされたら断れなかった、と東晟良さんは後に語っていました。

同時に姉の東莉央さんも小学校5年生でフェンシングを始め、姉妹で助け合い励まし合って競技を続けていきます。

経歴・エピソード

小学校4年生でフェンシングを始めた東晟良さんは、姉の東莉央さんと共に日々練習に励みます。

フェンシングを始めて1年半たった頃に日本と欧米の6か国の同世代の子供が集まって行う国際大会のケーニヒ杯・小学生の部で東晟良さんは優勝します。

紀の川中学進学後は、2012年第25回全日本少年フェンシング大会・中学生の部では準優勝。

北高校進学後、2016年インターハイでは準優勝を飾り、着々と実績を重ねていきます。

特に2016年全日本フェンシング選手権大会・個人戦では女子種目において高校生では初の準優勝を飾ります。

2018年に日本体育大学進学後、2020年東京オリンピックフェンシング女子フルーレの代表入りを果たします。

主な戦績

 

この投稿をInstagramで見る

 

RIOSERAリオセラ(@riosera_official)がシェアした投稿

2017年全日本選手権、個人フルーレで初優勝。

翌2018年夏のフルーレ団体、アジア大会では金メダルを獲得します。

また同じく2018年11月アルジェリアで開催のワールドカップで銀メダルを獲得。

12月東京グローブ座で行われた全日本選手権、個人戦では連覇を果たしています。

東晟良さんの戦歴と共に必ずお名前が挙がっているのは、姉の莉央さんのお名前です。

普段から姉妹二人で刺激し合い、また励まし合って競技の力をつけてきたことが分かります。

輝かしい戦歴の裏には姉妹での努力があったのでしょう。


スポンサードリンク

まとめ:東晟良の学歴・出身校と経歴

フェンサーだった母親の影響でフェンシングを始めた東晟良さん。

姉妹で支え合い、刺激し合いながら手に入れた実力は注目の選手へと成長していきます。

そしてフェンシングの女王となった東晟良さんの学歴と出身校、経歴をご紹介しました。


スポンサードリンク