骨折後のリハビリで競歩に出会った藤井菜々子さん。

当時は長距離選手の選択しかなかった藤井菜々子さんが競歩に取り組み始めたのは、世界へ飛び出したかったからでした。

そんな藤井菜々子さんはどんな経歴をお持ちなんでしょう。

そこで藤井菜々子の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪陸上20km競歩(女子))を紹介します。


スポンサードリンク

藤井菜々子さんの学歴・出身校

東京五輪の20km競歩に内定の藤井菜々子さんはどんな学歴で出身校はどこなのか。

プロフィールや学歴についてご紹介します。

藤井菜々子さんのプロフィール

  • 氏名:藤井菜々子(ふじい ななこ)
  • 生年月日:1999年5月7日
  • 出身地:福岡県那珂川市
  • 身長:159cm
  • 体重:44kg
  • 血液型:非公開

藤井菜々子さんの学歴・出身校

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤井菜々子 fujii nanako(@nako5775)がシェアした投稿

藤井菜々子さんは大学進学はせずに、高等学校を卒業後するとエディオン女子陸上競技部に所属されています。

そんな藤井菜々子さんの最終学歴は北九州市立高等学校です。

北九州市立高等学校は部活動にかなりの力をいれていることで有名です。

藤井菜々子さんも高校駅伝を走りたいという動機があって、この高校に進学しました。

高校進学後は迷うことなく長距離選手になり、練習漬けの日々。

高校駅伝では地区大会に出場され、夢が叶います。

中学校は那珂川中学校を卒業されています。

中学校時代の藤井菜々子さんは徐々に走る距離を伸ばし念願の長距離選手へと近づいていきます。

小学校は那珂川市立片縄小学校を卒業されています。

藤井菜々子さんは小学校4年生までは山口県光市に住んでいました。

山口県に住んでいた時には、友人の父が加入していた陸上クラブで近くのダムまで山の中を走ったことがあったそうです。

その時、藤井菜々子さんだけは大人について完走しました。

 

藤井菜々子さんの子供時代とご家族情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

わたり かいた(@1121_kaita)がシェアした投稿

藤井菜々子さんはご両親と3人家族です。

藤井菜々子さんの父は藤井孝樹さん、50歳代でも市民ランナーとして走っているそうでマラソンが好きです。

母は藤井真由美さんも学生時代短距離をされていたそうです。

ご両親は教育熱心な方のようで、当たり前のことを当たり前にできるように日々幼い藤井菜々子さんに教えて育てられたそうです。

山口県に在住の時から長距離を走ることが大好きで小学校1年生の時からマラソン大会に出場し優勝。

父の仕事の転勤で福岡県に引っ越しして藤井菜々子さんは小学校3年生で那珂川ジュニアランナーズに通い始めました。

当時は夢の長距離ではなく中距離リレーに取り組んでいましたが、いつも目標は「長距離を走ること」でした。


スポンサードリンク

藤井菜々子さんの経歴

「長距離を走ること」この為に陸上競技に取り組み、努力を惜しまなかった藤井菜々子さん。

ここでは競歩に転向した理由は何なのか、どんな経歴や実績があるのかをご紹介します。

競歩との出会い

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤井菜々子 fujii nanako(@nako5775)がシェアした投稿

藤井菜々子さんは陸上競技を始めたころは長距離走選手でした。

転機が訪れたのは高校1年生の時、毎日のストイックすぎる練習のせいか左足のすねを疲労骨折してしまいます。

藤井菜々子さんはそれでも「走りたい」と望み、練習に参加できない間にも心肺能力を高めるために競歩の練習に参加。

その時、先輩の競歩選手や同級生選手の後ろを歩く藤井菜々子さんの歩みを見た荻原知紀監督が競歩転向を勧めますが、藤井菜々子さんは転向を拒否します。

しかし故障からの復帰で他に出場できる種目がなかった当時は荻原知紀監督の「1回出てみろ」との指示に従うしかありませんでした。

藤井菜々子さんは仕方なく北部ブロック予選会に出場しました。

経歴・エピソード

軽い気持ちで臨んだ競歩の初レースはたやすく予選会を突破し、2週間後の福岡大会には優勝します。

そして夏のインターハイではついに日本一になられます。

この時は未だ競歩に転向する気持ちはなかったそうですが、そんな藤井菜々子さんを競歩の世界へと導いた方がいました。

競歩女子の第一人者といわれる岡田久美子さんでした。

岡江久美子さんと練習るすことが増えた藤井菜々子さんは、「世界をめざしてみたい」と考えるようになります。

主な戦績

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤井菜々子 fujii nanako(@nako5775)がシェアした投稿

高校2年、3年時にはインターハイ女子5000m競歩で連覇しました。

2019年世界選手権の20km競歩で7位入賞。

2020年3月15日全日本競歩能美大会20km女子で優勝を飾りました。

「走ることが大好きだ」と語られていた藤井菜々子さんは、思わぬことから競歩という競技に出会いました。

最初はやはり長距離に対する情熱が消えることがなかったと語り、成績を伸ばす競歩と長距離に対する気持ちで悶々とされていたと思います。

しかし世界に羽ばたける機会を手にしたことに気づいてからは、今までの情熱を競歩に注ぎついに東京五輪への切符を獲得。

一度決めたことを諦めない姿勢が競技を競歩に転向した後も成績を残す原点なのだと思います。

 


スポンサードリンク

藤井菜々子さんのネットの反応 

元長距離選手の藤井菜々子さん東京五輪代表確定に期待をよせる投稿、姿勢が綺麗などのコメントがあり、記録についても注視されていました。

高校からの競技の転向でここまでの急成長をした藤井菜々子さんはみんなの注目なのだと思いまますね。


スポンサードリンク

まとめ:藤井菜々子の学歴・出身校と経歴

走ることが大好きで、尚且つ長距離選手を目指された藤井菜々子さん。

幼いころからご両親の当たり前のことが出来るようになるという教育のお陰で自分の力でコツコツと努力し、また諦めない心を学んだようです。

思わぬところからの競歩への転向でしたが、それでも自分の最高の結果を残していくのは藤井菜々子さんだから出来るのだと思いますね。


スポンサードリンク