東京五輪柔道出場候補選手の浜田尚里さん。

24歳初優勝の遅咲きの選手である浜田尚里さんはどんな経歴でどこの出身なんでしょうか。

そこで浜田尚里の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪柔道78kg級(女子))をご紹介します。

 


スポンサードリンク

浜田尚里さんの学歴・出身校

 

この投稿をInstagramで見る

 

蝦夷シカオ(@ishindy)がシェアした投稿

1990年9月25日生まれで鹿児島県霧島市出身の浜田尚里(はまだ しょうり)さん。

身長は169cm で体重78kg、血液型はB型です。

浜田尚里さんの最終学歴は山梨学院大学卒業です。

大学を卒業後に自衛隊体育学校所属の自衛官になられています。

大学進学後にサンボというスポーツを始めた浜田尚里さん。

このサンボも相当な実力をお持ちで2013年ロシアのガザニで開催された大会では優勝を飾られています。

出身高校は鹿児島南高等学校です。

鹿児島県鹿児島市にあるこの高校は、専攻を選べ将来の選択肢を広げることに特化した学校です。

学校のホームページには「文武両道、確かな学力の育成と進路実現をかなえる学校です」と謳われています。

高校時代には寝技に出会い、後の寝技の女王が誕生。

この高校には5人の有名人が卒業されています。

・フェンシング選手・久保紀子さん、市ヶ谷廣輝さん(アトランタ代表)、西田祥吾さん(北京代表)

・水球選手・福島丈貴さん(リオデジャネイロ代表)

・長渕剛さん(歌手)

出身の中学校は鹿児島市の国分南中学校です。

中学時代は全くの無名の柔道選手でしたが、地道に努力積み重ねます。

小学校は国分西小学校に通っていました。

実家の隣に自衛隊駐屯地がありここで柔道に出会います。

また自衛隊所属の切っ掛けにもなったのでしょうね。

ご両親は一般の方ですので、公表はされていません。

またご兄弟の情報もありませんので、こちらは浜田尚里さんが現役の自衛官であることが関係されているかと思います。

先述しましたが、浜田尚里さんの実家の隣には自衛隊駐屯地がありました。

幼い浜田尚里さんは友人とこの駐屯地に顔を出した事で柔道に出会うのです。

実はこの時まで、浜田尚里さんはピアノを習っていたそうです。

 


スポンサードリンク

浜田尚里さんの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

蝦夷シカオ(@ishindy)がシェアした投稿

浜田尚里さんといえばサンボで強化された寝技で有名です。

24歳まで浜田尚里さんは無名選手でした。

遅咲きでしたが、ここから浜田尚里さんの努力の成果が発揮されていきます。

その浜田尚里さんの経歴を見ていきたいと思います。

ご実家の隣が自衛隊駐屯地であった浜田尚里さんは10歳から柔道を始めます。

国分西柔道クラブから始まった浜田尚里さんの柔道は小中高校と地道な努力と得技の寝技を磨き続けました。

山梨学院大学で柔道の強化でサンボを取り入れられ、そのサンボも世界チャンピオンに輝かれます。

そしてついに、2018年に柔道でも優勝を飾られました。

浜田尚里さんのライバルといえば緒方亜香里選手が印象的ではないでしょうか。

中学校高校を通して浜田尚里さんは、この選手の前で敗北を喫しています。

しかし2014年に緒方亜香里選手の怪我からの復帰戦にて浜田尚里さんが初勝利されました。

2021年1月開催のマスターズ大会でのフランス・マロンガ選手との試合で左膝を痛めた浜田尚里さん。

その大会は怪我の影響もあり優勝は叶いませんでした。

しかし日本女子の増地監督は「鉄は熱いうちに打て」という指導により4月に開催のGSアンタルヤ大会に出場。

見事に4試合全てに一本勝ちで勝利を収め優勝されました。

主な実績としては、2015年4月開催の全日本選抜柔道選手権大会の優勝。

これを皮切りにここから数々の優勝を勝ち取られていきます。

2019年11月開催・GS大阪を2位。

2020年2月GSデュッセルドルフも優勝されています。

大学時代に強化のために取り入れたサンボを活用され見事な攻めの寝技を確立された浜田尚里さん。

2015年に念願の初優勝を飾られてからは、まさに破竹の勢いですね。


スポンサードリンク

浜田尚里さんのネットの反応

ネットの投稿では浜田尚里さんの柔道においての強さに注目する投稿ばかりです。

特に寝技の女王の名前は世界で注目されていました。

相手選手を倒してから、動きを封じる浜田尚里さんの柔道の寝技は「わかっていても決まってしまう」と評されるほど強力なようですね。


スポンサードリンク

まとめ:浜田尚里の学歴・出身校と経歴

今回は、浜田尚里の学歴や経歴を紹介! 出身高校や大学情報(東京五輪柔道78kg級(女子))ついてご紹介しました。

他の有名選手に比べると柔道に出会うのが遅かった浜田尚里さんは24歳の初優勝まで地道な努力を惜しみませんでした。

10歳から柔道に出会い初優勝まで14年間努力され、更にソビエト連邦で開発された格闘技サンボを取り入れ自身の柔道を強化。

得意な柔道の寝技に磨きをかけ、寝技の女王と呼ばれるまでになりましたね。

浜田尚里さんの力の原点は10歳からという、いわばハンディキャップのような状態から24歳まで地道な努力を欠かさなかった執念だと思います。


スポンサードリンク